2017年7月 モスクワ・ワルシャワ・ウィーン他中東欧5カ国7都市の旅

テーマ

モスクワの合間に、世界遺産検定で知ったヴィエリチカ岩塩坑を中心に東欧・中欧の世界遺産を満喫しよう。

プランニング

この旅程に至った経緯はこちらを参照下さい。

関連記事

2017年夏の旅行は、モスクワにWeekdayに1〜2日、1週間あけて再びWeekdayに1日という用事をこなしたく、その制約を踏まえてプランニングしました。 携行品があるかもしれないので念のためモスクワまでは直行便、お値段もお手頃な[…]

ロシア旅行の難関、ロシアVISAの取り方

関連記事

おとぎの国に行くのにはビザが必要です(ウラジオストックは除く)。その必要書類が一般的でなく難易度が高いのですが、個人で取得する方法を参考までにいくつか紹介します。 ビザ ロシアの旅行、特に個人旅行に際して1つ大きな壁となっているのがビザ[…]

期間・訪問先

期間:2017/07/12 ~ 2017/07/22

訪問先:

  • モスクワ(ロシア)
  • ワルシャワ(ポーランド)
  • クラクフ(ポーランド)
  • ヴィエリチカ(ポーランド)
  • ブルノ(チェコ)
  • ウィーン(オーストリア)
  • ブラチスラバ(スロバキア)

旅程

旅行記はじめから順番に見る場合はこちらから。
旅程表中のリンクをクリックすると対象記事に飛びます。

現地時間・スケジュール 宿泊
1 08:45 Willerバスで成田空港へ
10:20 成田空港第1ターミナル着デルタスカイクラブ
12:00 成田発 Aeroflot SU261(10h10m)
16:10 モスクワ・シェレメチェボ空港着
夕方 アエロエクスプレスでホテルへ、チェックイン後
ラウンジで軽食
Hilton Moscow Leningradskaya
2 朝  ホテルにて朝食
午前 プラン:散策(ホテル周辺)
プラン:用事
午後 Cafe Pushkinにて遅めのビジネスランチ
プラン:散策(3度目の訪ロでセブンシスターズ制覇)
夕方 カルトーシュカ&ラウンジで軽食
Hilton Moscow Leningradskaya
3 朝  ホテルにて朝食後、自由行動
午前 プラン:【世界遺産】ノヴォデヴィッチ修道院
午後 空港ラウンジで遅めのランチ
18:05 モスクワ発 Aeroflot SU2002(2h5m)
19:10 ワルシャワ着 ホテルチェックイン後
夜  プラン:【世界遺産】ワルシャワ旧市街
Hotel Bristol, a Luxury Collection Hotel, Warsaw
4 朝  ホテルにて朝食後、自由行動
午前 プラン:【世界遺産】ワルシャワ旧市街
プラン:散策(文化科学宮殿他)
午後 ランチ@Bierhoalle
プラン:散策(ワジェンキ公園)
プラン:散策(ショパン博物館他)
夕方 Marconiにてディナー
夜  プラン:【世界遺産】ワルシャワ旧市街
Hotel Bristol, a Luxury Collection Hotel, Warsaw
5 朝  ホテルにて朝食後、自由行動
午前 プラン:【世界遺産】ワルシャワ旧市街
13:45 ワルシャワ発 PKP EIP5304(3h24m)
17:09 クラクフ着
プラン:コインランドリー&散策(ユダヤ教地区)
夜  プラン:【世界遺産】クラクフ旧市街でディナー
Radisson Blu Hotel Krakow
6 早朝 ヴィエリチカで軽食後
07:50 プラン:【世界遺産】ヴィエリチカ岩塩坑ツアー
地下100mの食堂で朝食
午後 プラン:【世界遺産】ヴァヴェル城、旧市街散策
Radisson Blu Hotel Krakow
7 早朝 ホテルチェックアウト
06:00 クラクフ発 PolskiBus(4h50m)
10:50 ブルノ着
プラン : ブルノ1日観光ランチ
17:23 ブルノ発 Railjet RJ79(1h26m)
18:49 ウィーン着 ホテルチェックイン後
夜  Figlmullerでディナー
Hotel Sacher Wien
8 朝  Cafe Mozartにて朝食後、自由行動
ーーーーーオプション-----
12:30 ウィーン発 Twin City Liner(1h15m)
13:45 ブラチスラバ着
プラン:ブラチスラバ1日観光
夕方 電車にてウィーンへ
ーーーーーここまで-ーーーーー
夜  ディナー@Plachutta Oper
Hotel Sacher Wien
9 朝  Cafe Centralにて朝食後、自由行動
プラン:買い出し(ザッハトルテ他)
14:55 ウィーンAeroflot SU2357(2h35m)
18:30 モスクワ着 ホテルチェックイン後
夜  プラン:ニコルスカヤ周辺散策
プラン:【世界遺産】赤の広場周辺でカルトーシュカ
The St. Regis Moscow Nikolskaya
10 朝  ホテル部屋にて軽食後、自由行動
プラン:用事
昼  A Tavolaでビジネスランチ
午後 お土産物買い出し
16:00 シャワー後チェックアウト、空港へ
19:00 モスクワAeroflot SU262(9h35m)
機内泊
11 10:35 成田着
13:00 帰宅

予算

交通 区間 数量 単価(Cash) 単価(Mile) Value
Aeroflot Tokyo(NRT) -> Moscow(SVO) -> Warsaw(WAW)
Vienna(VIE) -> Moscow(SVO) -> Tokyo(NRT)
2 200,680 401,360
PKP EIP Warsaw -> Krakow 2 1,500 3,000
Polski Bus Krakow -> Brno 2 1,300 2,600
Railjet Brno -> Vienna 2 1,600 3,200
Twin City Liner Vienna -> Bratislava 2 4,300 8,600
Subtotal 209,380 0 418,760
都市 ホテル 宿泊数 単価(Cash) 単価(Point) Value
Moscow Hilton Moscow Leningradskaya Hotel : King Hilton Guest Room 2 17,000 34,000
Warsaw Hotel Bristol, a Luxury Collection Hotel, Warsaw : Classic Queen 2 20,000 40,000
Krakow Radisson Blu Hotel Krakow : Double Room 2 11,500 23,000
Vienna Hotel Sacher Wien : Superior Room 2 35,000 8,000 86,000
Moscow The St. Regis Moscow Nikolskaya : Superior Room 1 0  20,000 20,000
Subtotal 167,000 36,000 203,000
Total 585,760 36,000 621,760

※ 為替 : USDJPY 110、EURJPY 130、RUBJPY 1.7、PLNJPY 30、CZKJPY 5.0

計画時のポイント

1週間あけてWeekdayにモスクワにいる用事があり、アエロフロートで往路復路ともストップオーバーすることにしました。その間は、ワルシャワIN、陸路で都市を繋ぎ最終的にウィーンOUTで、世界遺産を巡るテーマとし比較的移動と散策が多いプランとなりました。西向きの旅行は時差の関係で朝型の計画とすると負荷が少ないです。逆にできるだけ夜遅くの予定は入れないようにしています。そこそこタフなプランとなったのでウィーンからのブラチスラバ日帰りツアーは予め予約はせず、疲れ具合に応じて柔軟に対応することとしました。

旅行の中盤クラクフにてコインランドリー情報を見つけましたのでそこで一度洗濯をするミッションを組み込んでいます。ホテルでのランドリーサービスは高い、手洗いは時間もかかりますし結構な労力になりますのでコインランドリーが使えると時間的にも体力的にも効果的です、さていかに。

予算的には(食事代などは含んでおりませんが)一人当たり30万円程度といったところでツアーなどと比較しても悪くないかと思います。個人旅行は、何かしらトラブルがあった時の対処など自身で行う必要がありますので安くなって当然ではありますが。

総括

用事をこなしつつ2年ぶりのヨーロッパ周遊、結果的に欲張りになり5カ国7都市と移動の多いプランとなりました。初めて訪れたポーランドは、旧市街のメルヘンチックな街並みと、日中は暑いですが朝晩は肌寒いくらいの気候の快適さと物価の安さで、またお気に入りの街が一つ増えました。世界遺産巡りのハイライト、ヴィエリチカ岩塩坑は高い入場料も納得のユニークな施設で地下100mまで自身の足で到達、食事をとったことはいい体験になりました。一方で、そこから南下したブルノ、ウィーンあたりは酷暑が結構キツかったですね、結果的にブラチスラバにも訪れることになり、新しいまちの開拓につながりました。ブラチスラバは、こじんまりとしていても数日滞在するような街ではありませんが、ここもウィーンに比べると物価が安く、コストを抑えるのにはいい街かと思います。

アエロフロートは相変わらず機内食が楽しめ、今後も乗り続けたい航空会社です。今年からより新しい、大型のボーイング777に機材変更となり、羽田発着枠拡大に合わせて羽田発着になることも決まっています、また活用したいところです。

 

旅行記トップへ 次の記事へ
最新情報をチェックしよう!