春帆楼はもともと割烹旅館で、秀吉によりふぐ食が禁止され、近現代になり伊藤博文により再びふぐが解禁された許可第1号として有名です。下関といえばフグという連想で、せっかくなら一度ちゃんとしたフグを経験して […]
広島での滞在は、便利な立地&高層の大型ホテルであるリーガロイヤルホテル広島にしました。相当客室数はありそうですがGoToトラベルでかなり埋まっていた印象です。 立地 広島の特徴である原爆ドーム、平和公 […]
宮島で150年以上の歴史のある旅館になります。初代岩国屋惣兵衛は、当初紅葉谷の整備に関わり、この岩惣旅館は、紅葉谷の観光客相手の茶屋からスタートしたということです。岩惣という名前は初代の名前から来てい […]
今回の旅行のテーマの1つだったこともあり記事数がそこそこの数になってしまいました・・・ 立地 日光街道から神橋を渡る手前の丘の上にあります。東武&JRの日光駅からは、1.5km強の道のり、距離的には十 […]
今回の旅行で長崎を目的地とした一つがここのホテルです。長崎の北東の山の上に立地しており部屋から長崎の景色が楽しめ、夕食として卓袱料理も選択でき、長崎らしさが感じられる滞在が可能です。 立地  長崎駅 […]
長崎を一日に収めようとしたのですが、個性的な食べ物がいろいろあり、観光地ポイントも多数、収まりませんでした。で、2泊にすることにしましたが、1泊は長崎を選択にした理由でもある「にっしょうかん別邸 紅葉 […]
2016年に計画した際には、あまり考えずに福岡にはヒルトンがあるからという理由で「ヒルトン福岡シーホーク」にしていましたが、中心部から少し離れており観光を目的とした場合にはちょっと不便かもということで […]
名前に東京と入っていますが東京のホテルではありません。 「錦」というのが名古屋の中での地名を指しているようですが、東京在住の私たちには馴染みがありません。このホテルは阪急阪神第一ホテルグループの名古屋 […]
北京、天津で5泊し、再び名古屋に戻ります。 EY888 便は北京を9:50に出発です。最近の北京の交通事情がよく分からず、この時間帯は朝のラッシュの可能性があるので時間の読める地下鉄で向かいます。北京 […]
天津から北京に戻り北京観光の拠点としたのがこの北京ホテルNUO長安通です。NUOというブランドは聞き慣れませんが中国資本で北京で2軒のホテルを運営しています。そしてその2軒の名前がそれぞれ「北京ホテル […]