関西三都旅行の2日目、今日は昼過ぎの電車で奈良に向かいます。京都の観光は午前中いっぱいということで早めに食事をとって朝から三十三間堂に向かう予定です。 はりきって朝の7時から朝食です。朝食会場は昨晩デ […]
京都っぽい夕食付のプランがあるというのもこの「坂のホテル」を選んだ理由の1つです。あらかじめ2食付きプランで予約していました。 ダイニング 清水茶寮 ホテル自体は、38室とそれほど規模は大きくないため […]
坂のホテル京都の客室数は38室、3階建で比較的こじんまりしていますが、部屋のバリエーションはそこそこ多いです。価格帯としては下から2つ目のグレードであるスーペリアグレードの中からテラス付の部屋を指定し […]
今回の京都訪問は、嵐山と東山をターゲットにし宿泊はどちらにするか迷いましたが、東山の清水坂にほど近い「坂のホテル京都」が、立地も便利で、和な雰囲気もあり、ディナー付きプランの内容もそこそこ、そして比較 […]
ミュンヘンにはフランクフルトから夜遅くに到着、翌日も朝から終日フュッセン(ノイシュバンシュタイン城)&ミュンヘン旧市街、最終日はヴァイスブルフトの朝食とほとんど出ずっぱりなので、立地重視、駅近のロッコ […]
春帆楼は8室しかないということもあり、おそらくシェフを含め通いのスタッフが多いのかと思います。そうした理由からか、朝食の時間は8時〜9時スタートと遅め、また、客室はランチでの食事会場として使われる可能 […]
下関では、「ふぐ」と濁らず「ふく」と呼ぶようです。春帆楼の正式なメニューとしても「ふくフルコース」です。 食事は、部屋食もしくは食事処での提供ということでしたが、少人数グループの我々は、食事処での提供 […]
春帆楼は料亭に重きをおいた宿泊施設ということで部屋は宴会などの食事会場としても使われることを想定しています。従って、12畳から24畳の広い(若干殺風景ともいう)和室が7部屋と和洋室が1部屋というバリエ […]
春帆楼はもともと割烹旅館で、秀吉によりふぐ食が禁止され、近現代になり伊藤博文により再びふぐが解禁された許可第1号として有名です。下関といえばフグという連想で、せっかくなら一度ちゃんとしたフグを経験して […]
広島での滞在は、便利な立地&高層の大型ホテルであるリーガロイヤルホテル広島にしました。相当客室数はありそうですがGoToトラベルでかなり埋まっていた印象です。 立地 広島の特徴である原爆ドーム、平和公 […]