ウィーングルメ Café Mozart (カフェモーツァルト)

昨日は終日の観光と移動でかなり疲れたので本日は遅めのスタートです。

ホテルは素泊まりでしたので9時過ぎに朝食を食べに出ます。せっかくザッハーに泊まっているので、 カフェザッハーか???とも思いましたが朝食メニューはやってないよう。朝からザッハトルテというのもちょっときついので・・・やっぱりパス。

f:id:vtzr:20170719100908j:plain

ということで角を曲がってカフェモーツァルトに。

カフェモーツアルト

こちらはザッハーの建物にありますがテナント的に間借りしている形です、ただ、ホテルより歴史は長く200年前にはこの地でカフェとして営業していたとのことです(下の写真のコーヒーカップにも1794年と誇らしげに書かれています)。現在の運営はラントマン(LANDTMANN)で、ラントマン自体は東京にも支店があるので珍しくないといえば珍しくないですがまあ。。。

西向きのため朝は影っており涼しく、夏場の朝食には適した環境です。

メニュー

スタンダードの朝食メニュー1つEUR 8.5(1,100円)と、ハム&チーズ付きのゴージャス版を1つEUR 14.5(1,900円)オーダー。先ほどチョコレートを回避したはずなのに、私(旦那)はホットチョコレートを飲んでいます。

ハム&チーズの方はなかなか立派です。ハムもチーズも厚めのスライスで意外とボリュームがあります。このカフェは平日ですが観光客が中心でみんなまったりと穏やかな空気が流れています。

ソフトボイルドエッグはトロトロです。食べ方が難しい・・・

パンは別途消費した分が請求されます、結果3個で6.5 EUR(1,000円)。ちょっと高いですが、この雰囲気を考えると仕方ないです。

本日の観光計画

まだ朝10時ですのでそれほど気温は高くありませんが、この時中欧は異常気象的な高気圧に覆われていました、今日もかなり気温が上がりそうな雰囲気です。

さて、そんな中今日はこれからどうするか、、、疲労具合でウィーンでまったりするかブラチスラバに日帰り観光に行くかと考えていましたが、確実に気温が上がるウィーンからは逃げることにします。とはいえブラチスラバはウィーンから70km程度しか離れていませんので高気圧の影響は大して変わらないですが、少なくともドナウ川を下る船は水に近く涼しく過ごせますし、ブラチスラバはスロバキアの首都とはいえウィーンに比べれば人口の少ない町で人の活動から出る排熱は少ないと想像されます。

朝食をとりながら12:30発のブラチスラバ行きツインシティライナーの予約をします。便利な世の中になりました。

Twin City Liner

まとめ

昨日はハードな1日だったため、本日の朝食は遅め、1時間程度かけリラックスした朝食となりました。

あらかじめこの日は疲労度に応じてフリーとしていましたが、酷暑を避けてドナウ川クルーズ&ブラチスラバ観光に出かけることにしました。朝食とりつつ、船の予約をしてこれから船着場に向かいます。

 

前の記事へ 旅行記トップへ 次の記事へ
最新情報をチェックしよう!