ヨーロッパ

直近2000年はグローバルの中で常にそれなりのポジションを維持している地域です。もともと地球の中で人口が密集した地域で、戦争などで国家としては統合、分離が繰り返されましたが、概ねキリスト教を中心とした国家群で構成されています。
一時期ロシアを中心とした社会主義に所属していた国々(東欧)とそれ以外(西欧)で発展度合い、物価が異なります。

フランス

ヨーロッパの中でも特に人気があり、パリの放射状の築100年の建物が連なる街並みは個性的です。美食の街かは意見が分かれるかところで個人的には同じ料金であればフレンチでも日本の勝ちかと思います。

ロシア

公平平等な社会を目指す世界初の社会主義国家となりましたが強めの管理社会主義はハッピーエンドにはなりませんでした。現在も入国にはVISAが必要でハードルが高いですが、一旦入国するとおとぎの国です。

トルコ

アジア、ヨーロッパ、中東の接続地点、宗教も今現在イスラム教ですが、アヤソフィアはもともと東方正教会の総主教座と複雑です。建築もイスラム、西洋のミックス、チャイ文化などもお気に入りです。