Aeroflot (アエロフロート) SU2357 (ウィーン → モスクワ) ビジネスクラス搭乗記

1週間の中東欧斜め縦断を終えてモスクワに戻ります。15:00発で、2時間半のフライトですが、時差が1時間あるので到着は18:30です。

機材 : A320シリーズ

シート

多分、モスクワ → ワルシャワと同じ機材ですが、ビジネスクラスが4列分ありビジネス席多めのレイアウトでした。座席は2−2の配列で幅広の専用シートですが座席間隔はプレエコレベルです。フライト時間は2h35mですので全然問題ないです。

機内食(ランチ)

機内食がワルシャワ線とは違いました。フライト時間は30分しか違いませんが、こちらは前菜、メイン、デザートの3コース形式での提供でした。

まずはドリンク、私(嫁)は白ワインを頼んでいます。暖かいナッツとともに提供されます。

私(旦那)はロシアのお茶ブランドGREENFIELDの中から注文しましたが、同じくナッツに加えAeroflotチョコレートも1枚付いてきました。

前菜1:スモークサーモン

私(旦那)の選択したサーモン、香草のゼリー、アスパラ、マンゴーサルサ。香草ゼリーはなかなかエギゾチックな味でした、北欧のサーモンは脂が乗っていて美味しいです。

前菜2:ローストビーフ

私(嫁)オーダーの七面鳥&ローストビーフ、ベリー。
肉とベリーソースは結構合うんですよね。

メイン1:ラビオリ

私(嫁)オーダーのチーズ&トマトのラビオリ。

ワルシャワ線は全部で1プレートでそれぞれのメニューもコンパクトでしたが、ウィーン線はコース形式で、メインも結構なボリュームです。

メイン2:チキンライス

私(旦那)オーダーのシンガポール風チキンライス、スイートチリソース、黄色のはパイナップルです。

見てくれはイマイチですが、アジアンな風味に懐かしさを感じます。ライスはただの白米です。さすがにチキンのダシで炊いたご飯を求めるのは無理ですね。ダークソイソースも欲しかった・・・

デザート:キャロットケーキ

ラウンジでもつまんで、ここまでも結構なボリュームでしたのでデザートはパスと伝えたつもりですが来ちゃいました・・・

中途半端な時間だったこともあり、食事をスキップしていた乗客が多く、積極的に食べてる私たちに食え食えと押し付けられた感じです。デザートはメニュー上はメイプルシロップ味のキャロットケーキということでした。

デザートに合わせてミルクティーを頼んだところまたチョコレートが付いて来ました。こうしてAeroflotチョコが溜まっていきます。

窓からの眺め

食事に気を取られあまり外は見ていませんでした。食事の片づけが済み一息つくともう到着です。モスクワ・シェレメチェボ空港近郊はダーチャ(都市部に住む人が週末滞在する用の別荘)が並んでいました。

まとめ

2時間半の短距離フライトですが、アエロフロートお得意の機内食サービスが楽しめました。

この短距離で、前菜が2種類から、メインが3種類から選べるというのは、効率化が進んでいるこのご時世でなかなかの充実さと思います。是非アエロフロートには引き続きこの独自路線を貫いて頂きたいところです。

 

前の記事へ 旅行記トップへ 次の記事へ
最新情報をチェックしよう!