テーマ

2年前に訪れたおとぎの国ロシアの第二の都市サンクトペテルブルグと周辺バルトの国々を巡ってみよう。飛行機、電車、バス、フェリーを駆使しての欲張り詰め込み旅 ♪

プランニング

この旅程に至った経緯はこちらを参照下さい。

おとぎの国再訪計画

期間・訪問先

期間:2014/8/1(金) ~ 2014/8/12(火)

訪問先:

  • 上海(中国)
  • リガ(ラトビア)
  • タリン(エストニア)
  • ヘルシンキ(フィンランド)
  • サンクトペテルブルク(ロシア)
  • モスクワ(ロシア)

旅程

旅行記はじめから順番に見る場合はこちらから。一覧はこちら
旅程表中のリンクをクリックすると対象記事に飛びます。

時間 現地時間・スケジュール 宿泊
1 13:40
16:55
19:00
21:00
成田エクスプレスで成田空港へ
成田発 中国東方航空 MU522(3h05m)
上海浦東着
プラン:上海ナイト散策
上海
InterContinental Shanghai Pudong
2

11:55
18:00
21:15
22:00
 ホテルで朝食
チェックアウト
上海浦東発 中国東方航空 MU591 (10h05m)
モスクワ着
モスクワ発 エアバルティックBT423 (1h45m)
リガ着
ホテルチェックイン
リガ
Radisson Blu Hotel Latvija Riga
3



ホテルで朝食
プラン : 【世界遺産】旧市街自由散策
ユーゲントシュティール建築
旧市街散策
リガ中央市場
リガ
Radisson Blu Hotel Latvija Riga
4
7:10
11:25


午後

21:30
22:30
ホテルで朝食
リガ発 Lux Express (4h15m)
タリン着
フェリーターミナルで荷物預け
ランチ:Rataskaevu16
プラン:【世界遺産】旧市街散策
マルゲリータ、ラエコヤ広場
Tallinkチェックイン
タリン出港 MS Superstar

Tallink MS Superstar
5 6:00
午前


午後
Tallinkチェックアウト
ホテルチェックイン、荷物預け
プラン:ヘルシンキ観光
大聖堂、ウスペンスキー
ミッション:コインランドリーで洗濯
ミッション:翌朝パン、お土産ショッピング
ヘルシンキ
Hilton Helsinki Strand
6 早朝
6:12
10:48

午後
夕方
チェックアウト
ヘルシンキ発 Allegro782 (4h34m)
サンクトペテルブルク(SP)着
Victoria Restaurantでビジネスランチ
プラン:エルミタージュ美術館
ピローグで軽めのディナー
SP
Taleon Imperial Hotel
7 午前

午後
夕方
プラン:ペトロパブロフスク要塞
グランドホテルでビジネスランチ
プラン:血の上の教会
プラン:マリインスキー劇場でバレー鑑賞
テレモークで軽めのディナー
SP
Taleon Imperial Hotel
8 午前

午後

プラン:ペテルゴフ(夏の宮殿)
ビーフストロガノフ
プラン : イサーク大聖堂
プラン:ネフスキー大通り
プラン:夜のSP散策
SP
Taleon Imperial Hotel
9 早朝
7:00
11:00

午後

ホテルチェックアウト
サンクトペテルブルク発 Sapsan753A(4h00m)
モスクワ着
ホテルチェックイン
プラン : 【世界遺産】赤の広場、ワシリー寺院
プラン : セブンシスターズ巡り
-芸術家アパート
モスクワ
Hotel Metropol
10 午前

午後

プラン:終日モスクワ観光
-雀ヶ丘
-セブンシスターズ巡り (モスクワ大学、文化人アパート)
-モスクワ側クルーズ
-アルバート通り
モスクワ
Hotel Metropol
11 午前

17:00
20:10
ベルニサージュでマトリョーシカ
クローシュカカルトーシュカでじゃがいも
空港へ移動
モスクワ発 MU592 (8h50m)
機内泊
12 9:00
12:00
15:55
夕方
上海浦東着
上海浦東発 MU521 (2h55m)
成田着
リムジンバスで帰宅

予算

交通 区間 数量 単価
(JPY)
マイル
(JPY)
Value
(JPY)
China Eastern Tokyo(NRT) <-> Shanghai(PVG) <-> Moscow(SVO) 2 154,000 308,000
Aeroflot Moscow(SVO) -> Riga(RIX) 2 17,500 35,000
Lux Express Riga -> Tallinn 2 4,200 8,400
Allegro Helsinki -> St. Petersburg 2 5,500 11,000
Sapsan St. Petersburg -> Moscow 2 7,700 15,400
Subtotal 188,900 0 377,800
都市 ホテル 宿泊数 単価
(JPY)
ポイント
(JPY)
Value
(JPY)
Shanghai InterContinental Shanghai Pudong : Superior Room 1 9,400 9,400
Riga Radisson Blu Hotel Latvija Riga : Standard Room 2 12,000 24,000
Tallink MS Superstar : Category A 1 18,000 18,000
Helsinki Hilton Helsinki Strand Hotel : Executive King 1 9,800 8,000 17,800
SP Taleon Imperial Hotel : Superior Room 3 25,000 75,000
Moscow Hotel Metropol : Junior Suite 2 18,500 37,000
Subtotal 173,200 8,000 181,200
Total 551,000 8,000 559,000

※ 為替 : USDJPY 100、EURJPY 140、CNYJPY 16.4、RUBJPY 2.95

計画時のポイント

この年は、若干燃油サーチャージも高めということで、中国東方航空のヨーロッパの中では近場であるモスクワまでの往復チケットを手配、その他、リージョナルフライト、鉄道、バス、フェリーを駆使して、サンクトペテルブルグをメインに4カ国のバルトの国々をめぐる旅としました。移動においてはフェリー泊は初めて、国際列車も過去フランス → ベルギーで乗ったことはありますがシェンゲン内でしたので、車内で検札のあるのは今回が初めてです。

日程としては、若干フライング気味に金曜の午後から、往路で上海1泊必要でしたが、再び外灘の夜景を見てスタートです。前半は、リガ、タリン、ヘルシンキと比較的小さな都市が多く、滞在は短めでそこそこ忙しい移動になりますが、移動日と滞在日のメリハリをつけ、リガでは2連泊(その分タリンは滞在せず)とし、毎日パッキングにはならない様にはしました。メインであり見所も多いサンクトペテルブルクは、その分3泊と十分ゆっくりした滞在としています。最後はロシア国内700kmを高速鉄道で移動、モスクワで前回イベントで入れなかった赤の広場と、セブンシスターズの残りを巡る日程としました。

12日間の旅程の中で、かなり移動しますが費用は一人当たり20万円未満、ホテルもメインのSPはピカイチのホテルを押さえましたがそれ以外はコスパも考慮し、トータルで一人当たり28万円ということで、かなりリーズナブルに抑えられたと思います。

旅行後総括

12日間の日数の中で、前半はそれなりに忙しく、ロシア国内の2都市はそれなりにゆっくりと、メリハリのある滞在になりました。ソ連時代のソリッドな感じが残るリガ、メルヘンのタリン、洗練されたヘルシンキ、芸術の街サンクトペテルブルグ(SP)とバリエーション豊かな北欧の都市の夏を満喫できました。例年にない暑さだったということで避暑を狙った点はあまり有効ではありませんでした。そして結果的に大事にはなりませんでしたが、大きなミスが2つ、危うく大惨事になるところでした。

1つは、上海空港の混雑なのか、中国東方航空の遅延に一時は乗り継ぎを諦めかけましたが、フライトで取り返し、結果的になんとかなりました。事前に双方に乗り継ぎ情報を伝えていたのですが、エアバルティックは、そうそうに我々は間に合わないと判断したのか座席を他に解放してしまったようで、結果ビジネスクラスでの搭乗になりました、この点はラッキーでした。

もう1つは、地下鉄でSPでモスクワ駅に向かう際に一駅手前で降りてしまい、そのまま徒歩で向かいましたが、道中スーツケースの車輪も破損し重いスーツケースを抱え上げての移動はかなりきつかったです。その後の機動力は落ちましたが、レニングラード駅の荷物預けを知っていましたので、なんとか最低限の取り回しで乗り切れました。

そうしたヒヤリ旅行はありましたが、再びのおとぎの国を満喫、周辺の異なる都市も見て回れ、赤の広場も今回は入場できました(酷暑でイメージ違いましたが・・・)ので、内容的にも満足度高めの旅行となりました。

うーん、思い返してもまた行きたいですね。7年経ち、モスクワも、ヘルシンキも(計画としてはストックホルムも)羽田から行けるようになっていますし、再訪の機会があることを願いたいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 

関連記事

Extreme Travel流 行き先の決め方、旅程の組み方

旅行記トップ ↑ Next →

Tags: