ヘルシンキ王道観光から戻って、ラウンジで一息入れたあと、色々整っているヘルシンキでは一つやっておくことがあります。ちょうど10日ちょっとの旅の真ん中5日目ということもあり近くのコインランドリーで洗濯とその空き時間でお買い物を済ませます。

ヒルトンの北側KALLIOという地域も商業エリアということで、生活感がありつつ結構賑わっており、比較的楽しい環境です。

ランドリー

ヒルトンから600m位のところ、↑公園の北側の建物1階にコインランドリーがあります。Google Mapへの登録がありませんが、ストリートビューでもまだ写ってるので営業は続いているかと思われます。

背の高い北欧人が使いやすい高さなのか洗剤の投入口などは日本人には辛い高さでした。洗濯、乾燥で結果的にEUR 7(1,000円)くらいかかり、他の都市に比べれば高いですが、ホテルのランドリーサービスに比べれば断然安く、手洗いの大変さ、乾くまでの時間を考えればよりベターなアプローチといえます。

ショッピング : S-market

洗濯の合間にスーパーで買い物を。翌日は早朝からサンクトペテルブルグに向けて高速鉄道で向かいますので、車内で食べる朝食のパンなどを調達しにいきます。そして、私(旦那)は、かつてデンマークのお土産としてもらって衝撃を受けた北欧の味「サルミアッキ」を調達します。

こうした現地のスーパーは観光客相手ではない現地の物価や色々と文化の違いが分かることもあり、毎回楽しみにしています。

ヒルトンの北側の地下鉄駅のすぐ近くにある円筒形の建物の1階にスーパーマーケットが入居しています。

そしてお目当てのサルミアッキは、、、この区画全部サルミアッキでした。

サルミアッキは世界一まずい飴と言われていますが実際にはグミに近いです。塩化アンモニウムのしょっぱさと甘草(リコリス)の若干クセのある甘さが混ざった独特の風味、匂いがあります。にもかかわらず現地では老若男女誰もが大好き、ドイツの世界最大のグミメーカーで日本でも見かけるHARIBOも北欧ではサルミアッキを出しています。

決して美味しいとは思いませんが癖になる風味で、個人的には、ロシアのクワスと同様、現地を感じられる思い出の味になっています。

こちらが戦利品です。ちなみに税抜きで以下の値段です。

  • コーラゼロ500ml EUR 1.7(240円)
  • レッドブル250ml EUR 1.64(230円)
  • 青リンゴのジュース500ml EUR 1.84(260円)
  • パン EUR 0.95(130円)、0.83(120円)
  • クッキー EUR 0.32(45円)
  • サルミアッキ、チョコ EUR 0.6〜0.8(80〜110円)

これにVAT(消費税相当)が14%かかります。ということは、コーラ500mlで大体270円!スーパーでこの値段ですから驚きです。パンは1個 150円、お菓子は100円くらいなのでまあいいか、、、ちなみに食料品以外のVATはさらに高く24%です。

その分福祉が充実しているということですが、観光客は負担だけでベネフィットは享受できません。旅行者には優しくない環境です。

公園散歩

スーパーの裏は水辺になっており遊歩道が整備されています。沿岸の建物がなんとなく重厚な石造りで北欧の雰囲気があります。

まだまだ日は高いですが既に時間は19:30です。みなさんブルーシートなどを敷いてまだまだ帰るつもりはなさそうです。短い夏を満喫しています。

ヘスバーガー

すでに時間は20:30で、空の明るさとは合致していませんが夜も更けましたのでそろそろディナーにします。

連日それなりにヘビーな食事を取ってきており食傷気味、またロシアでは連日充実したビジネスランチを予定していることで、ヘルシンキでの食事は軽めに済ませることにします。ヘルシンキは物価が高く、結果的に価格に見合ったいいレストランも見つけられていなかったのでちょうどいいです。とはいえ、マックではなく、現地資本のファーストフード、ヘスバーガーにしてみることにします。

ハンバーガーだけでEUR 5くらいだったかな、セットにすると1,000円超えていたかな。ハンバーガーはマックよりは大きいですが大した味ではなかったかと思います。

この価格を現地の人はどうみているのかは分かりませんが、お客さんはほとんどおらず、やはりあまり繁盛している感じではなかったです。

まとめ

観光は午後3時くらいまでで切り上げて、そのあとは、ホテル近くのKALLIOというエリアで、ランドリーと近くのスーパーでの買い物、散策とファーストフードでの軽めのディナーで多少現地の生活を感じられました。

物価が高いヘルシンキではコインランドリーでも洗濯&乾燥で1,000円くらいかかりますが、ホテルのランドリーサービスに比べれば圧倒的に安くあがり、手洗いの大変さ、乾くのを待つ時間も不要できますのでよく活用するアプローチです。涼しいと思っていたのにかなりの暑さで、衣類の消費が想定より進んでいましたがここでリセットできてよかったです。

スーパーでは、500mlのコーラでも280円という物価の高さに文句をいいつつ、、、北欧のご当地お菓子であるサルミアッキと、翌朝電車の中での朝食パンを調達できて目的達成です。近くの公園では、短い夏を満喫する現地の人の憩いの場なども見かけられ、当地での生活の一部も垣間見れました。最後は、ヘスバーガーでも1,000円オーバーで、物価に関しては対抗の術がなく、翌朝にはそそくさとロシアに移動することにします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 

 

← Previous 旅行記トップ ↑ Next →