2019年11月 香港・深セン上海蟹の旅

テーマ

当初予定していた香港はデモが活発化してきたので危なそうな週末は深センに行ってみよう。この時期の中国&香港は上海蟹(大閘蟹)のシーズンなので上海蟹を楽しもう。

プランニング

この旅程に至った経緯はこちらを参照下さい。

関連記事

2020年4月現在、武漢で発生した新型コロナウィルスがパンデミックとなり全世界で人の交流が減少、リスクの優先度も大きく変わりました。その前年は、香港では「2019年逃亡犯条例改正案」への反対をきっかけに民主化デモが注目されていました。 […]

期間・訪問先

期間:2019/11/29 ~ 2019/12/1

訪問先:

  • 香港(香港)
  • 深セン(中国)

旅程

旅行記はじめから順番に見る場合はこちらから。

旅程中のリンクをクリックするとダイレクトに記事に飛びます。

現地時間・スケジュール 宿泊
1   6:25 羽田空港発 香港エクスプレス UO625(5h20m)
10:50 香港空港(HKIA)着
午前  到着早々ワンタン麺!
午後  用事
夕方  ディナー:滬江大飯店で上海蟹 その1
19:05 九龍西駅発 中国新幹線G5832(14m)
19:19 深セン(福田)着
夜   マルコポーロ深センチェックイン
マルコポーロ深セン
2 朝   ホテルで朝食@マルコポーロクラブ
午前  自由時間:〜福田CBD〜
午前  自由時間:〜東門町・羅湖〜
午後  自由時間:〜中国民俗文化村〜
ケンピンスキー深センチェックイン
19:00 ディナー@ホテル 上海蟹 その2
夜   自由時間:〜后海 海岸城(Coastal City)界隈〜
ケンピンスキー深セン
3 朝   ホテルで朝食
午前  自由時間:〜海上世界广场(Sea World)〜
ランチ 望月楼で上海蟹 その3
14:30 深セン蛇口港発 CKSフェリー 3A009(1h00m)
15:30 香港空港(HKIA)着
17:55 香港空港発 香港エクスプレス UO32(3h50m)
22:45 羽田空港着
 -

予算

航空券は、片道10円キャンペーンということもあり諸税がかかってもなかなかの格安です。香港から深センの新幹線はたったの1,000円!帰りの深セン蛇口港から香港空港ダイレクト便も香港の出国税が還付されるので実質3,000円と手頃です。

交通 区間 数量 単価(Cash) 単価(Mile) Value
香港エクスプレス航空 Tokyo(HND) <-> Hong Kong(HKG) 2 19,110 38,220
中国新幹線CRH 九龍西 -> 深セン福田 2 1,050 1,050
CKSフェリー 深セン蛇口港 -> HKIA 2 3,000 3,000
Subtotal 46,320 0 46,320
都市 ホテル 宿泊数 単価(Cash) 単価(Point) Value
深セン マルコポーロ深セン
:Superi or Room
1 19,200 19,200
深セン ケンピンスキー深セン
:Deluxe Room
1 16,600 16,600
Subtotal 35,800 0 35,800
Total 82,120 0 82,120

HKD 14.00 CNY 16.00

計画時のポイント

当時は香港のデモがこれほど長期化し深刻になるとは思っても見ませんでした(逆に2020年3月の段階では、コロナウイルスが深刻になり、一方で香港のデモは収束しています。状況は目まぐるしく変わりますね・・・)。

出発の1ヶ月前にも大規模なデモがあり、この旅行も中止にすべきかと迷いましたが、デモが頻繁に行われる週末は深センに移動する事でリスク回避することとし決行することにしました。深セン・広州あたりはいつか行こうと思いつつもなかなか機会に恵まれていませんでしたので、今回丁度いい機会ということで・・・

香港からの新幹線の到着駅である福田CBDにたまたまマルコポーロと、帰りに使うHKIAに対して高速船が出る蛇口港方向にたまたまケンピンスキーがあり、1泊づつすることで綺麗な動線となりました。出発1週間前の突貫でしたが最終的にかなりいい感じに再構築できたかと思います。

総括

深センに退避することでうまくリスク回避、今まで行ったことのない都市を開拓しました。深センの観光情報はあまりなく、行き当たりばったりでしたが、民族文化村も、海岸城も、海上世界広場もそれぞれ特徴があり楽しめました。

秋の中国旅行ということで上海蟹をテーマに、結果的に3ヶ所でありつけ、解体の仕方もなれ、カニ味噌の濃厚さに病みつきになりました。またいつか味わいに行きたいと思います。

 

旅行記トップへ 次の記事へ
最新情報をチェックしよう!