急遽旅行の1週間前に新幹線の発着駅から徒歩圏という立地とこと&GHA加盟のマルコポーロということで決めましたが、非常に大規模なホテルでした。

立地

福田駅がまだ完全な形で完成していないので、今現在は、若干遠回りする必要がありますが、出口がちゃんとできれば、駅から5分程度でたどり着けるかと思います。遠回りしたことで分かりましたが、この地域はビジネス中心地ではありますが、ホテル南側にはレストランやショッピングモールなどもあり、観光においてもそれなりに便利な立地と言えるかと思います。

ロビー

香港から19時台の新幹線で深セン 福田に、20時前にホテルに到着しました。翌朝にはチェックアウトしてしまいましたのでホテルの探検はほとんどできていません。11月末ということでクリスマスデコレーションがきれいでした。

反対側には螺旋階段と、クリスマスツリーもありました。

部屋 : Continental Deluxe Room

GHAディスカバリーのベネフィットでContinental Deluxe Roomにアップグレード頂きました。新しいホテルですので部屋自体も十分快適でした。

Marco Polo Shenzhen Hotel (マルコポーロ深セン) 部屋 : Continental Deluxe Room

ラウンジ

夜ついて、朝から観光に出るので素泊まりで予約していましたが、アップグレードでラウンジアクセスを付けてもらいましたので覗いてみました。夕方16時に上海蟹を食べていますので、チェックイン後に軽く軽食と、翌朝朝食を頂きました。ラウンジは41階で窓が大きく眺めがよく快適でした。

Marco Polo Shenzhen Hotel (マルコポーロ深セン) マルコポーロクラブ (ラウンジ)

まとめ

訪問1週間を切っての方向転換でしたので、深センでの滞在は、こことケンピンスキーを1泊づつ、立地だけであまり考えずに予約しました。予約が直前だったこともあり宿泊費は19,000円と中国にしてはそこそこ高めですが、快適な部屋と、結果的にラウンジアクセスも受けられてかなり満足した滞在になりました。

2019年11月現在、福田駅の最寄りの出口がオープンしてないのでちょっと遠回りになるのが1点注意が必要ですがそれ以外は総じて好印象でした。

 

← Previous 旅行記トップ ↑ Next →