2019年2月 週末台湾グルメの旅

テーマ

3年ぶり4回目の台湾で、今度こそ九份に行くぞ!&台湾グルメを堪能しよう!

プランニング

台北では九份への遠征、台湾3都市目の新規開拓先としては、南部で暖かめ、台湾の古都である台南を選び、文化遺産、グルメを楽しむプランとしました。

関連記事

2019年2月のプランニング ここ最近の2月〜5月の短期旅は、2015年、2017年、2018年と香港(&マカオ)が続いていました。2018年は加えて中国本土(北京・天津)も行っていますが、ちょっと向きをずらして、、、とい[…]

期間・訪問先

期間:2019/2/23 ~ 2019/2/25

訪問先:

  • 台北(台湾)
  • 九份(台湾)
  • 台南(台湾)

旅程・旅行記リンク

旅行記はじめから順番に見る場合はこちらから。

一覧はこちらから。

旅程表中のリンクをクリックすると対象記事に飛びます。

現地時間・スケジュール 宿泊
1 05:50 羽田発 ピーチ MM859(4h05)
08:55 台湾桃園国際空港着
    MRTで街中に移動
11:00 點水樓で点心ランチ
    中山周辺スイーツ買い歩き
    ホテルチェックイン
夜   台北散策:ランタンフェスティバル2019
    寧夏夜市・鬍鬚張(ひげちょう)魯肉飯
ダブルツリー
バイヒルトン
台北中山
2 朝   ホテルにて朝食
    九份観光
11:00 阿妹茶樓でランチ
13:21 台北発 台湾新幹線THSR1643(1h45)
15:06 台南着
    駅弁購入
    ホテルチェックイン
夜   台南散策:〜市内散策・林百貨店〜
    花園夜市
シャングリラ
台南
3 朝   ホテルにて朝食
    台南散策:〜赤崁楼・祀典武廟・孔子廟〜
昼   台南グルメ:担仔麺・チマキ
16:00 レイトチェックアウト
17:13 台南発 台湾新幹線THSR666(1h23)
18:36 桃園着、地下鉄乗継ぎ空港へ
16:25 香港国際空港(HKIA)着
21:00 台北桃園発 MM860(2h55)
00:55 羽田着
 -

予算

羽田発着のピーチで1人25,000円、ホテルも台北ではHHonorsのベネフィットで朝食付きとなるダブルツリー、台南はラウンジ付きでそれぞれ2万円以内ということでトータルで100,000円程度と内容の割にはリーズナブルに抑えられたかと思います。

交通 区間 数量 単価(Cash) 単価(Mile) Value
ピーチアビエーション Tokyo(HND) <-> Taipei Taoyuen(TPE) 2 25,010   50,020
台湾高鉄
THSR
台北 -> 台南
台南 -> 桃園
2 3,870
3,300
  14,340
  Subtotal   64,360 0 64,360
都市 ホテル 宿泊数 単価(Cash) 単価(Point) Value
台北 ダブルツリーバイヒルトン台北中山
 :King Guest Room
1 18,200   18,200
台南 シャングリラ台南
 :Horizon Deluxe Room
1 19,000   19,000
  Subtotal   37,200 0 37,200
  Total   101,560 0 101,560

 

 TWD 3.6

計画時のポイント

3年ぶりの台湾、たまたま開催されているランタンフェスティバルと、今まで行ってない九份、そして、台湾の古都である台南で、観光とグルメを満喫するバリエーションのあるプランになりました。初日は日の出前の早朝スタート、最終日も終電が終わっている深夜の到着になりますが、その分長くとれる現地滞在を満喫しようと思います。

総括

今回の台湾旅、4度目の訪台で初めて九份を訪れましたが、残念ながら雨の中での訪問となりました。ただ、結果的には午前中にも関わらず薄暗く、ランタンが点灯された雰囲気が味わえたのと、混雑もだいぶ穏やかだったメリットがあり、思いの外メリットも大きかったかと思います。

初臭豆腐にもチャレンジしましたが、こちらも思いの外普通に食べられました。

2日目に移動した台南は、北回帰線の南側という事で、屋外でかき氷を美味しくいただけるほどの暖かさで、真冬の日本に対して勝手に優越感に浸れました。今まで良さが分からなかった度小月のタンツー麺も本店で食べたらかなり美味しくお気に入りのラインナップにエントリーです。台鉄、高鉄の駅弁も結果的に食べる事ができ、当初予定していた台湾B級グルメはかなり実りある成果でした。

  旅行記トップへ 次の記事へ