台南グルメ 〜度小月擔仔麵(タンツー麺)・再發號肉粽(おこわ)〜

台南は台湾の古都ということで台南発祥の料理や評判のお店もいくつかあります。今回はB級グルメの旅ということでタンツー麺とおこわを試してみました。

度小月擔仔麵(タンツーメン)

この「度小月」は、台湾のみならず、海外にも支店を展開していますので見かけたことがある方も多いかもしれません。その本店が、この台南のお店になります。私たちは、隣町高雄となぜか北京で度小月に訪れていますが、イマイチ良さが分かっていませんでした。とはいえ、世界展開しているほどのチェーン店ですので、ちゃんとしたのを食べたら美味しいのだろうと思い今回この本店にやってきました。ちょうどお昼の時間になってしまいましたので外でちょっと待ちました。回転は非常に早いのですぐ席につくことができました。

タンツー麺は入り口近くのこのコーナーで作られていました。発祥当時の昔ながらの作り方を維持しているのでしょうか。

他にも試すべき食べ物があるため、私たちは、擔仔麵(小)1つと同じそぼろを使った肉操飯(小)1つのみの注文です。タンツー麺は、おしゃれな蓋がついています。蓋には取り外し可能な何か仕組みがありますが使い方が分かりません。

蓋を開けるときれいな盛り付けです。北京はともかく、高雄に関しても同じ盛り付けが出来ていなかった気がします。そして、甘めの出汁が優しい味で確かに美味しいですね、日本人には向いている味かお思います。これであれば、またどこかで機会があれば試してみようと思えるお味でした。

めんもプリプリで美味しいですが、それ以上に甘めのスープが絶品です。パクチーはあまり得意ではありませんが、少量ですので許容範囲です。

擔仔麵でもひき肉は重要な要素の一つということで拘って作られているようです。そのひき肉を用いた肉操飯が美味しくないわけがありません。こちらもペロリです。

擔仔(タンツー)麺(小) TWD 50(180円)
肉操飯 TWD 35(130円)


トータル TWD 85 (310円)

いやー、本店のは美味しかったです。お代わりしようかという話にもなりましたが、我々は ↓ を食べる必要もありますので後ろ髪を引かれつつも撤収します。

再發號肉粽(再発号肉ちまき)

肉ちまきで有名なお店です。店の外のテーブルは既に埋まっています。

言葉は通じませんが、どれにする?的なコミュニケーションをこなします。

事前調査では、ここのちまきは特に貴重な素材を用いたちまきで有名ということです。店頭では色々と書かれていますが、事前調査の段階ではこの辺りが選択肢になるかと思っていました。

肉粽(肉ちまき) TWD 50(180円)

八寶肉粽(八宝肉ちまき) TWD 100(360円)
内容物が多くなりますので、肉ちまきより大きくなります。八宝は、①豚肉の赤身、②上等な椎茸、③塩漬け卵黄、④貝柱、⑤金勾蝦(干しエビ)、⑥扁魚酥(魚のすり身を揚げたもの)、⑦栗、⑧肉そぼろになります。

特製海鮮八寶肉粽(特製海鮮八宝肉ちまき) TWD 150(540円)
特製海鮮八宝肉ちまきの大きさは、さらに大きくなり、肉ちまきの約2倍のサイズのようです。海鮮八宝は、①チリアワビ、②日本の貝柱、③アルゼンチンのイカ、④イタリアの栗、⑤韓国の花どんこ、⑥金勾蝦(干しエビ)、⑦大きな豚肉、⑧肉そぼろです。

せっかくなので、特製海鮮八宝肉ちまきを持ち帰りで!

散策終了後、レイトチェックアウトした部屋で頂きます。

ホテル隣接のショッピングセンターにある春水堂で入手したタピオカミルクティーとともに。確かにサイズは大きいです。1つ食べたらお腹いっぱいですね。

笹をとり、一緒にもらったタレをかけて、、、タピオカミルクティーはやっぱり合いそうにないので普通のお茶も入れます。お箸はないのでナイフ&フォークで。

ちゃんと海鮮八宝入っているか分からないので崩してみます、

具材は、表面に見えているだけでなく、中にもいっぱい隠れていました。具沢山です。貝柱、アワビ、豚肉などは目視確認できました。他は、、、アルゼンチンのイカとイタリアの栗はどこだ???具材を探すのも楽しいです。お味の方も確かに美味しい。

台南の料理はどれもハズレがないです。

まとめ

昨晩は、(もちろんそれはそれでありなのですが)途中途中で計画外の飲食を繰り返し夜市に到着した時にはお腹が減っていないという事態したが、この日はいろいろな誘惑に打ち勝ち、厳選した当初計画通りのグルメプランを達成しました。

このタンツー麺、肉ちまきに来る前に、季節外れのかき氷を食べていますがそれを含めて計画通りです。いずれも想定通り、想定以上の美味しさで当たりでした。台南を訪れた際の候補としてオススメできます、いかがでしょうか。 

前の記事へ 旅行記トップへ 次の記事へ