香港グルメ 〜香港のローカルスイーツ鶏蛋仔(エッグワッフル)を求めて〜

ラウンジのハッピーアワーでちょっとつなんだ後は、食事をするのも中途半端、散策がてら「鶏蛋仔」を探しに行きます。

鶏蛋仔(英語表記はエッグワッフルとかバブルワッフルとかエッグパフとか統一されてない)は、人気急上昇中のアジアンスイーツで、ベビーカステラを羽根つき餃子風にしたものです。TVで紹介されていたのをきっかけに前回の香港旅行で偶然見かけ、購入 → 初実食 → ほう、なるほど、うまいじゃないか →リピート決定ということで、今回はこれを目的の一つに散策しました。

エッグワッフルを求めて夜の旺角~佐敦へ

調べてみると意外とエッグワッフルの情報がありません。日本でいうと鯛焼き屋さんのような感じで探すと意外とないものです。大々的にWEBサイトを立ち上げる様な経営業態ではなく道端の屋台で営業しているものが多いようでした。なので、とりあえずフラフラ歩いていれば見つけられるのでは?最悪、前回の店に辿り着ければ。というスタンスで、ホテルの部屋から夕暮れの写真を撮ったら出発です。

ローカルマーケット

旺角のホテルから南へ下って行きます。ホテルから見下ろした時に屋台がいっぱいある細い通りが見えたので、その道を行くことにしたのですが・・・。ホテルの周りは生活用の屋台だったようで、すでに店じまいしていました。でもこれはこれで、ローカル感が溢れており趣があります。

少し進むと店が開いているエリアになりました。この辺りは青果が中心のようで、南国の色とりどりのフルーツがたくさん並んでいい匂いがします。でも観光客相手ではなくあまり人は居ません。

さらに歩くと人も徐々に増えてきて活気があるエリアに入りました。そろそろ屋台で何か買いたい、美味しそうなものがありそうだ。

タピオカミルクティー

と、私(旦那)が見つけたのは、大好物の「台式タピオカミルクティー」。日本のタピオカは柔らかいですが台式(台湾)のタピオカは強い弾力が魅力です。エッグワッフルを見つけた時に飲み物欲しくなるはず、と早速購入。

すでに佐敦(ジョーダン)付近の繁華街です。

スコール避け?だと思いますが豪快にシートが通りに垂れ下がって、隙間はあるものの、歩行者専用の通りを歩く人がなるべく濡れないようにしてくれています。なかなか珍しい光景。

媽咪鶏蛋仔

分かれ道の度にキョロキョロして、こっちにありそうとグルグル歩いていると、ついにエッグワッフルの写真の貼られたお店を発見!大繁盛のお店です。

しかもミシュラン?店頭にはこの白いビバンダム君の看板がありました。

半信半疑ながらも人気店を偶然見つけたことに嬉しくなる私(嫁)。ミシュランガイドの「ストリートフード部門」に掲載されたエッグワッフルの専門店だようで、ほかにも香港に数店舗あるようです。後で調べたら旺角(ホテルの近く)にもあった。。。

種類が多すぎて何を買えばいいのかレジに並びつつパニクる私(嫁)。

ここでも香港式紅茶や小豆入りグリーンティなど美味しそうなドリンクも多数あり買うことができそうでしたが、タピオカミルクティーは無かったので一応セーフです。

Salted Yolk Egg Puff(黄金雞蛋仔)

初めてですので人気のあるものから選ぼうと思ったのですが、”No.2″のバナナは私(旦那)が食べられない、”No.3″のダブルチーズは時差ボケで体調が万全でない私(嫁)が受け付けない、ということで、”No.1″のSalted Yolk Egg Puff(黄金雞蛋仔)を購入。Salted yolk egg とは卵黄の塩漬け、最近は日本でも卵黄の醤油漬けや味噌漬けが人気になりつつあります。下写真の”No.1″のポップの下にあるお皿に3つ入った黄色い玉のようなものです。HK$ 33(450円)、なかなかのお値段です。前回のお店で買ったのは、プレーンでしたがもうちょっと安かった気がします。

待つこと数分。アツアツのホカホカで手渡されました。すっご~くいい匂い♪

大きいのは知っていましたが、ここのは、意外とズッシリ重い?!

丸い部分の表半分が空洞で裏半分がもっちりしたパンケーキ。表面はカリカリに近いサクサク。前に食べたのはノーマル味だったので二人でパクパクあっという間に食べきりましたが、この店はボリュームも重めだったこと、Salted yolk egg味が意外と濃厚だったので簡単に「ペロリ」とはいきませんでした。1/3くらい残して持ち帰ることにします。

ホテルでLet’sアレンジ ♪

ホテルに帰ってシャワーを浴びてさっぱりしたら、冷やしておいた飲み物とともに冷凍庫に無料のハーゲンダッツを発見!!食べれるのか?というほど氷まみれでしたが、大丈夫そうなのでウェルカムフルーツのマンゴーもしばらく冷やしておくことに。

コーディスのスイートルームのキッチンはIHや流しを備えかなり本格的で、カトラリー、ナイフなども一通り揃っています。私(嫁)は前日までのExtremeな出張由来の疲れもあり、ホテルに着いてから夜になってホテルを出るまでほとんど寝ていたので、全然部屋の中を見てませんでした・・・。

ここには1泊のみで、ここまで揃っているなら何かやらなきゃ勿体ない。

せっかくワッフルもあることだし香港マンゴー尽くしパフェにしよう♪ とセッティング。

これはパフェではないですね、デザートプレートという感じでしょうか。マンゴーアイスとマンゴーを切って盛っただけですが、素敵な夜食になりました☆

このマンゴーがワッフルよりもハーゲンダッツアイスよりも甘くて!!!香港の果物も侮れないと思った夜でした。

まとめ

香港の夜は、ラウンジで軽くつまんだらお腹いっぱいに。昼に北京ダックを食べてることもあるので、軽く屋台のおやつで済ませることにします。狙いはエッグワッフル。下町のモンコックからジョーダン方向にマーケットを通って捜索しました。

たまたま見つけた媽咪鶏蛋仔(読み方不明)はミシュラン?の看板もある人気店、種類も豊富で迷いましたが、その中で、人気ランキング1位の卵黄の塩漬け版を購入。非常に濃厚で、プレーンに比べて重めでその場では完食できませんでしたが、ホテルに戻って、コンプリメンタリーのアイスとウェルカムフルーツのマンゴーでアレンジ、非常に満足できました。

再びこんな散策が可能になるのを心待ちにしています。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

 

← Previous 旅行記トップ ↑ Next →

 

最新情報をチェックしよう!