マカオというとIR(統合型リゾート)が注目されがちですが私たちはあまり興味がなく、、、滞在したGrand Lapa Macauの周辺に「マカオ・フィッシャーマンズ・ワーフ」というのがあるらしいのでディナーまでの時間つぶしがてら散策してみました。

Welcome to Macau Fisherman’s Wharf

立地

アウターハーバーのすぐ近く、埋め立てが進んだマカオの中で海岸に面した立地でかなり一頭地と言える場所かと思います。たまたまホテルから徒歩すぐでしたので行ってみました。

マカオの “Fisherman’s Wharf”

“Fisherman’s Wharf” は、本来「漁師の波止場」という意味で、サンフランシスコ、シアトル、シドニーなど、一般的には海鮮系のマーケットがあり、それらを素材としたレストランなどが集まっている活気があるイメージですが、ここマカオのフィッシャーマンズワーフは、そんな雰囲気はありません。

イタリアエリア

ホテルからは歩いて2、3分で到着です。ここにはコロッセオや、ロマネスクっぽい建物が並び不思議なエリアに迷い込みました。そして、活気どころか、人が全然いません、、、

後日、調べたところ香港の富豪が作った大規模商業施設で、ホテルやレストラン、ショッピングエリアやゲームセンターなどのアミューズメント施設を中心としたエリアのようです。

ここはその一画、古代ローマをイメージしたイベントスペース、コロッセオの中では大規模なショーなどが行われるのだそうですが本物に比べると見た感じちょっと階高が低いですね。奥に見える黒&金の建物はSandsです。

ハリボテはハリボテですが意外とちゃんとした石では作られています。マカオはポルトガルとの繋がりが深い地域ですが、なぜローマにしたのかは不明です。同じ南欧でタイルとか景観も近いんでしょうか???

私たちは本当は、2020年の10月にポルトガルを訪れる予定だったんですが、コロナの影響でキャンセルに。ポルトガルには行ったことがないので分かりません。セナド広場とかとは近いとも言えますかね・・・

一応海岸沿いの立地ですので”Fisherman’s Wharf”感を求めて海岸に行ってみることに。広場一面に敷き詰められたタイルの色合いは、マカオスイーツ「セラドゥーラ」を彷彿させます。

海岸エリア

海辺の広場からは(あいにくのどんより天気ですが)、フェリーターミナルとジェットフォイルが見えました。左手にあるのはLegend Palaceホテル、この敷地内にあるホテルの1つです。

メインの巨大アーケード

レストランが並ぶエリアを通って、メインのアーケードへやって来ました。黄色くて可愛い大きなヒヨコ?アヒル?がお出迎えしてくれます。インスタなどの撮影スポットとして人気のようです。

アーケード自体は屋根があるので雨でも過ごしやすい感じです。屋根は膜材で明るさは取り込めるようになっています。

ずーーーっと向こうのほうまで真っすぐに巨大アーケードが続いておりかなり大規模です。そして真っすぐの道は気持ちがいいです。・・・にしても人が少ない。

この辺の周囲の建物はイタリアというよりは、もっと北の街並みに近い印象です。この屋根が段々になっている建物は、ラトビアのリガで見たブラックヘッドという建物に似ていています。洋風のレトロな建物と、中華系の赤ちょうちんと、そこそこ大きめで派手派手なネオン看板が組み合わさり不思議な光景です。

これらはお店のようですが、多くの店が準備中なのか、まだオープンしていないのか、中に入れるところは少なかったです。

私たちが訪れたのは15時位でしたがちょっと寂しい感じです。夜に来ればまた雰囲気は違うんですかね・・・

アーケードの一番端までやってきました。土地の少ないマカオで低層な建物で、なかなか贅沢な土地の使い方です。

Rocks Hotel

アーケードの終端にはレトロなホテルがありました。Rocks Hotelということです。こちらはコロニアル様式っぽい旧植民地にありそうなデザインで、後で調べてみると中もそこそこゴージャスな感じのようです。それでいて値段はそれほどでもなく、開放感のある海岸沿いの立地ですので眺めも良さそうです。

まとめ

フィッシャーマンズワーフは、世界各国にあり、大体シーフード系のマーケット、レストランを中心に賑わっているイメージですが、ここマカノノはちょっとそうした位置付けではなく、本来のそうしたイメージを期待して訪れない方がいいかと思います。

日本でいうと、赤レンガ倉庫含めたハーバーエリアとか、お台場のデックス東京ビーチ周辺とかをかなり地味にした感じです。もしかしたら、ピーク時はもっと活気があるのかもしれませんが、訪れた時間帯が15時前後は結構閑散としていました。最近のマカオはカジノの街ですが、カジノ以外を楽しみたい!という人に向けての1つのアプローチなのかも知れませんがここが流行る時が来るのかどうかは未知ですね。

アウターハーバーのフェリーターミナルからは近いので、時間調整が必要な場合にちらっと訪れてみるスポットとしてはいいかもです。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

 

← Previous 旅行記トップ ↑ Next →