シャングリラ台南 (Shangri-La’s Far Eastern Plaza Hotel, Tainan) : ホライゾンクラブデラックスルーム

ラウンジと同一階の2412号室でした、非常に便利でした。

Horizon Club Deluxe

部屋

全体で45m²で広さには余裕があり、円筒形の建物のため扇型のワイドスパンで気持ちの良いレイアウトです。フロアがカーペット、色合いもダークウッドで統一されており落ち着きます。大きめなキングベッドが窓向きなのも好みです。

窓側には、デスクが。ここなら気持ちよく仕事ができそうです。この街に仕事で来ることはあまり想定できなそうですが。。。

入り口側にはソファーがありますが、形状的にソファーベッドっぽいです。ベッドにしてもスペース的には十分です。

水回り

水回りもダブルシンクでかなり余裕があります。奥にはトイレ、ウオッシュレットはついていませんでした。奥の左側のタオルがかかっているところがシャワーブースです。

左側手前には大型のバスタブがあります。タオル類にもシャングリラロゴが入った専用のものでちゃんとしてます。

アメニティはロクシタン(L’OCCITANE)、なかなか香りも良かったです。

ホワイエ

入口のホワイエにはスーツケース置き場&収納&ミニバーがまとまっています。ラウンジが同一階ということもありミニバーは一度もあけませんでした。反対側は水回りの入り口と、クローゼットがあります。

眺め

円筒形ですので部屋の方角は360度どちらの方角にもなりえます。私たちがアサインされたのは24階、駅方向の部屋でした。駅舎は改修工事中でしたが情緒のある感じでした。

夜景はそんなに明るくありませんでした。週末だったからかな?

まとめ

部屋の雰囲気はオーソドックスで温かみがあり、広さも眺めもなかなか、かなり好みの部屋でした。Horizon Clubのベネフィットでもある16時までのレイトチェックアウトも受け入れられ、時間いっぱいまでゆっくり過ごせました。これでラウンジアクセスもついて19,000円というのはかなりリーズナブルかと思います。台南(もしくは高雄)観光の際の拠点としていかがでしょうか。

前の記事へ 旅行記トップへ 次の記事へ