TAG

ヨーロッパ

  • 2022-02-18
  • 2022-02-23

China Eastern Airlines (中国東方航空) MU592 (モスクワSVO → 上海浦東) ビジネスクラス搭乗記

バルト海沿岸の旅もいよいよおしまい日本に帰ります。 往路と同じく上海乗り継ぎで帰ります。往路では上海発便が3時間遅延し、その先のエアバルティックへの乗り継ぎが危うくなりヒヤリとしましたが、帰りはまあいいでしょう。一応東方航空はフルサービスキャリアですので、遅延で乗り継げない場合は次便への振り替えられ […]

  • 2022-02-10
  • 2022-02-18

モスクワ観光 〜ベルニサージュでマトリョーシカ調達〜

いよいよ最終日、この日はお土産の調達に赴きます。この旅行の2年前にもロシアを訪れて、空港でマトリョーシカを買いましたが、1.5時間のソウルトランジットに気を取られ、機内置き忘れ。。。結局、出てこず寂しい思いをしました。今回こそはお気に入りのマトリョーシカを!ということでマトリョーシカ屋が集まるという […]

  • 2022-02-08
  • 2022-02-10

モスクワグルメ ヨールキー=パールキーで最後の晩餐

モスクワでの滞在は金曜から日曜で、ロシアでお得なビジネスランチも活用できませんでした。最終日のディナーは、ロシア料理のファミレスチェーン店的なお店ヨールキー=パールキーで。ヨールキー=パールキーという音の響きが心地よく覚えやすいですが「こん畜生」という意味ということで使う機会はなかなかなさそうです。 […]

  • 2022-02-06
  • 2022-06-01

モスクワ観光 〜雀ヶ丘・アルバート通りでスターリンゴシック〜

モスクワでの終日観光できる日でしたが、旅の終盤、前日の移動でも苦労したためお疲れ気味、午後2時くらいのスタートです。当時は、セブンシスターズ制覇に向けてのミッションを遂行しつつ、観光しました。(結局この時は制覇できず、2017年の3回目の訪問時に完遂しました。) 雀ヶ丘 まずは、雀ヶ丘。丘というだけ […]

  • 2022-02-04
  • 2022-02-06

Metropol Moscow Hotel(メトロポールモスクワ) : Junior Suite

赤の広場から帰ってきてホテルにチェックインします。気軽に行き来できるのはこの立地の良さですね。そして、デラックスルームで予約していましたが、ジュニアスイートにアップグレードしていただきました。 Junior Suite 広さ的には、、、60m2くらいでしょうか。ただ、台形型の変形で、一見してはそれほ […]

  • 2022-02-02
  • 2022-02-06

モスクワ観光 〜晴天の赤の広場&ワシリー寺院〜

一旦ホテルに荷物を預け、前回はイベントで入れなかった赤の広場周辺に向かいます。今回の滞在ホテルは立地最強のメトロポールですので、徒歩でアクセス可能、非常に便利でした。 赤の広場  ニコルスカヤ通り ホテルからお気に入りのニコルスカヤ通りに入り赤の広場を目指します。2012年に来たときには車が通って […]

  • 2022-01-31
  • 2022-02-27

ロシア革命の雰囲気が残るMetropol Moscow Hotel(メトロポールモスクワ)

モスクワではヒルトンが定宿ではありますが中心部を散策するのにはちょっと不便。。。ということで、中心部にあるホテルを選択しました。 立地 立地はボリジョイ劇場の目の前、赤の広場、クレムリンが徒歩圏という便利さです。加えて、地下鉄駅も複数が徒歩圏、一番近いのは徒歩1分です。 <span data- […]

  • 2022-01-27
  • 2022-01-31

Sapsan (サプサン) (サンクトペテルブルグ → モスクワ) 2nd Class乗車記

サンクトペテルブルク(SP)で3泊し、今回の旅のメインをこなしました。旅程も終盤に入りモスクワに移動します。2都市間は700km離れており、飛行機に加えサプサンという高速鉄道があります。 今回の旅行では、バス、船、高速鉄道と陸海での移動が多いので、ここも高速鉄道で移動することとします。ちなみに寝台特 […]

  • 2022-01-25
  • 2022-01-27

サンクトペテルブルク観光 〜夏のSPはみんな夜ふかし〜

この旅行は前半は日々移動で忙しく、メインの目的地であるサンクトペテルブルク(SP)には3泊しましたが、それも最終夜となってしまいました。エルミタージュ美術館、世界遺産の文化施設、マリインスキーでのバレエ鑑賞とこなしてきました。それでも北のベネチアと呼ばれるSPの見所はまだまだあり、何か物足りない。と […]

  • 2022-01-23
  • 2022-01-25

サンクトペテルブルク観光 〜ストロガノフ宮殿〜

ビーフストロガノフの成り立ちにおいては諸説ありますが、その一つが歯が弱くなったストロガノフ伯爵でも食べられるように柔らかく煮込んだという説があります。宮殿全体が見学になっているわけではなく、以前はここにもレストランがあり、そこでビーフストロガノフの提供もあった記憶がありますが、今はなくなっているよう […]

  • 2022-01-21
  • 2022-01-23

サンクトペテルブルク観光 〜聖イサーク大聖堂は一見の価値あり〜

ビーフストロガノフでお腹が一杯になった後は、ホテルのある中心部に帰りつつその通り道にあるイサーク大聖堂に立ち寄りました。やはり、近くで見るとかなり巨大です。逆に近づきすぎて全景の写真が撮れませんでした。 正直言って、そんなに下調べしておらず、近くを通るのでということで訪れましたが、実際中は素晴らしか […]

  • 2022-01-19
  • 2022-01-21

ストロガノフステーキハウスでビーフストロガノフのビジネスランチ

3日目のランチもビジネスランチを活用します。 そして、ロシア料理としてイメージする料理として、ボルシチ、ピロシキなどと合わせトップクラスの知名度があるのがビーフストロガノフです。そのビーフストロガノフが店名になっているこのお店にあらかじめ目をつけていました。若干不便な立地ですが、ペテルゴフから戻った […]