初日のディナーはホテル隣接の東急スクエアの金澤玉寿司せせらぎ通り店を予約しておきました。

立地

東急スクエアのテナントですが入口はせせらぎ通りに面し建物の外からのアクセスです。とはいえ、ホテルとは同一の敷地内ですので部屋からは最短3分でアクセス可能です。

外観・インテリア

入り口はせせらぎ通りに面しており、土壁っぽい外観でなかなかの雰囲気でした。内部の写真が残っていませんでしたが、カウンター6席くらいとテーブルが4つくらいでこじんまり、他に個室が一部屋ありました。結構混雑していましたので予約が吉です。

料理

玉寿司コース

ネタとして何が含まれるかは不明ですが、シーズンであればなんでも美味しいだろうということで、お手軽に玉寿司コースを予約していきました。特に金沢は人気観光地価格でなかなかお高いお店が多い中で、付き出し、刺身、焼き物、寿司、お椀、デザートのコースでそこそこボリュームもあり5,500円は比較的リーズナブルと思います。

付き出し

まずは付き出しです。北陸の冬の味覚である立派なバイ貝が北陸に来たことを実感します。隣にある柿とチーズをミルフィーユ状にしたものも甘塩っぱく食欲増進、アペタイザーとして有効でした。

刺身

続けてお刺身が登場です。私たちは普段からあまりお酒を飲まずこの日もお茶で。そんな食事だけのスタイルとしてもかなりボリュームがありました。中トロのサシの入り方が非常に綺麗でした。他には、甘エビ、ヒラマサ、イカ、手前のは、、、イサキ?

焼き物

そして、この日の焼き物はオーソドックスではありますが銀鱈の西京焼きでした。プラス1,000円でノドグロに変更可能で、1つはそうする予定でしたがオーダーし忘れで銀鱈が2つ登場しました。止むを得ない・・・

とはいえ、久しぶりの銀鱈の身はプリプリで脂が濃厚、大満足です。ご飯が欲しくなっちゃいますが付け合わせの生姜と、大根の酢漬けで口の中をリフレッシュしつつ美味しくいただきました。

寿司・お椀

そしていよいよ、メインのお寿司の登場です。いくらには金箔が塗され、本日二回目の金箔でゴージャスです。

北陸の白エビなどは入っていませんでしたが、普段見慣れないネタとしては、ほうぼう(ズワイガニの手前)、カマスの炙り(同右)、再びバイ貝(左の列手前)といった構成でした。そして巻物まで具材が大きめでケチってない感じです。

写っていませんがお椀とともにいただきました。

デザート

最後はデザート、クリームブリュレとフルーツです。お腹いっぱいになりました。

まとめ

初日のディナーは金沢の冬の海産物第一弾です。天気がどうなるか分からなかったのでホテルの隣接施設内にあるお寿司屋さんで。あらかじめコースを予約していきました。

結果的に付き出しから北陸の味覚、刺身も質量共に満足いくものでした。そして、焼き物は当初はノドクロにする予定でしたがし忘れました。しかしながら、銀鱈も十分上質、美味しくいただきました。その後の寿司も満足、これで5,500円であればリーズナブルです。

と思っていましたが、この記事を書くにあたり再び調べたら6,600円に値上がりしたようです。まあそれでも妥当な内容と言えるでしょうか。また、店内は席数がそれほど多くないので予約しておくのがベターかと思います。旅行中の一つの選択肢としていかがでしょうか。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ 

 

← Previous 旅行記トップ ↑ Next →