ブルジュハリファの展望台を満喫した後は、最後のドバイモールでのショッピングでアラビアンスイーツを買って今回旅行の最後の晩餐です。

この日は、この年のラマダン最終日であり、私(旦那)の誕生日でもあり、旅行の最終日でもあるいろいろ重なった日のディナーでした。

初めてのイフタールディナー

イフタールとは、ラマダン(断食)中の日没後に食べる食事のこと。各レストランでも1年間にこの時期1ヶ月のみのスペシャルなビュッフェが用意されるということで非常に楽しみにしていました。

イフタールディナーの情報を集める中で、こちらのEWAANレストランが凄そうだったことも、The Palace Downtown Dubaiを宿泊先に選んだ理由でもあります。この日は私(旦那)の誕生日でもあり、特別な夜が過ごせました。

https://www.addresshotels.com/en/hotels/palace-downtown/dining/ewaan

インテリア

ラマダン・カリーム(Ramadan Kareem:ラマダンおめでとうの合言葉)!のフルーツカービングで迎えられるエントランス

ピンクの光に包まれた妖艶でゴージャスな雰囲気です。中東っぽいデザインの装飾で統一され、現地の方も多いので異国情緒が味わえます。

中央の部屋(メインの料理コーナーに併設したテーブルフロア)です。少人数(2人)で予約したためか、こちらのテーブル席が用意されました。

テーブルは小さめです。この席は料理が取りやすくて良い場所でした。

卓上のランタン(LEDだけど炎のように揺れる)とドライフルーツ。イフタールの最初に食べるデーツ(ナツメヤシ)もちゃんとあります。私(嫁)の大好物のデーツがイキナリ卓上に大量にあり大興奮!高カロリーなので注意。

奥にはアラブっぽいローテーブル(低いソファー席)のコーナーもあります。こちらの方がアラビアンナイトっぽくて素敵ですよね。

デーツ(ナツメヤシの実)でできたナツメヤシの木。これをネットで見つけて以来、デーツ好きとしては一度見て見たいと憧れていました。これは想像していた(ネットで見たもの)よりは小さめでしたが、毎年デザインが違うようなので、他も見てみたいですね。

メニュー

メインフロアから入口(写真左奥)とキッチンコーナーの端っこ(右手に横長のカウンターが20mくらい続きます)を見た写真です。とにかく広くて種類が多いうえ、見た目から味が想像できない料理が多いので、ある程度「ビュッフェ慣れ」してないとパニクります。

メインビュッフェ

料理の説明表示がないのが改善要望点です、何の料理か全く分かりません(笑)

紙や葉っぱに包まれているものもあり、冒険心をくすぐられますが、香辛料リスクと自分のお腹の許容量を考えながら慎重に選びます。他の人の選ぶもの、減りが早い(人気がある)ものを参考にしましょう。現地の子供が嬉しそうに取っているものなどは、まず安心して取れます。

味と材料の想像がつかない副菜が豊富です。右上のフムス(豆ペースト≒ご飯の代わり)と一緒に少しずつ試せます。

知らない料理ばかりなので、本来の味がどんなものなのか不明ですが、おそらく全てがとても美味しいのだと思います。

ドバイ風鯛めし?インパクト強し。

料理ビュッフェのあちこちにドライフルーツとクッキーとナッツが配置されています。素敵な盛り付けディスプレイ♪

上記の他に、一般的なサラダやステーキやケバブなども充実していましたが、せっかくなので他の国のビュッフェでも食べられそうなものはスキップしました。

パンコーナー

パンコーナーも充実。しかし、美味しそうなバケットもスキップし、左側のピタパンに『ZATAR』という調味料を塗って焼いてあるものをチョイス。Zatar(ザーターとかザタールとか)はローカルで人気のスパイスで、以前アブダビで購入しましたが、独特の風味がとても良いです。

エナジードリンクコーナー

入口の脇にミニグラスと怪しい液体が…でもお洒落なので美味しそうに見えるのが不思議。これは一応説明書きがあるので効果と材料は分かりますが、味はやはり飲んでみないと分かりませんでした。(体に良さそうな味w)

デザートコーナー1

あちこちにあるクッキーとドライフルーツは前菜扱いとして、食後はこちらのコーナーへ。フルーツとアイスがあり、小麦粉などを揚げたスイーツはアツアツが頂けます。

ビュッフェで膨れたお腹をサッパリと甘くしめます。

もう、これで終わりと思っていたのですが…。

デザートコーナー2 秘密の小部屋

ビュッフェフロアから少し離れた方向に、怪しげに光る小部屋を発見。

恐る恐る近づくと、なんとそこはお菓子の国★(≧∇≦)

デーツの木に、アラビア菓子のタワーが…。料理と同じく味の想像がつかないローカルスイーツから、世界レベルでも通用しそうなブラウニーや各種ケーキ、マカロン、グラスデザートなど、目眩がしそうなラインナップです。

別腹もさすがに限界を超えますが、アラビック珈琲と合わせてゆっくり堪能。

デザート3 サプライズ

予約時に利用用途として誕生日ディナーを選択していたためか、サプライズケーキとスタッフからのささやかなHappy Birthday Songが頂けました。秘密の小部屋を発見して、気持ちを落ち着かせるため一旦席に戻ったタイミングで出てきました。絶妙なタイミングです。

しかし、これは本当に誤算でした。残しては申し訳ないとがんばりましたが半分くらい残してしまいました。(あっさりしたレアチーズケーキで美味しいです)

結局、この日のディナーは私たちにしては珍しく3時間近くかかってしまいましたが、とても楽しい時間を過ごすことができました。

レストランの周りを散策

腹ごなしに少し店の周りを散策します。

ヤシの木が並ぶこちらは、店の前にあるプールサイドのラウンジ。ラマダン用に特設テントが並んでいてプールが見えません。ちなみに、白くぼやけているのは、店を出たとたんに暑さと湿度でレンズが曇ったせいです。

テントの中を覗き見。ローソファーからプールを眺めてゆっくりできそうなプライベート空間ですね。

プールサイドからのエントランス。右側の水面はファウンテンショーがある池(?)の一画です。12月などのオンシーズンであれば気持ち良さそうです。

ホテルの棟も素敵にライトアップされています。

そして何より、このブルジュハリファが大迫力です。

まとめ

アラビアンナイトに出てきそうな豪華ディナーを堪能したい!とローテーブルのあるレストランを探してEWAANを選んだのですが、テーブル席となり少しガッカリ。しかし、料理も取りやすいし、他の人が何を食べているかもチェックしやすいし、家族連れやグループの喧騒を気にせずゆっくり自分たちのペースで食事を楽しむことができたので、結果的にはこちらのテーブル席で良かったかなと思います。雰囲気も料理もサービスも大満足、おススメのレストランです。

いつかはプールサイドの特設テントでまったりとシーシャ(水タバコ)にチャレンジしてみたいと思います。

関連記事

ホテルトップ

The Palace Downtown Dubai (ザ パレス ダウンタウン ドバイ)

 

← Previous 旅行記トップ ↑ Next →