昼はランチブッフェ、夜はボマディナーをやっています。

ビクトリアフォールズから移動してきて昼にチェックイン、午後3時スタートのサファリまで自由時間ですのでランチ&まったり過ごしにやってきました。ケニヤ大統領が来るのと関連して、政府系の会議が開催されていたこともあり関係者でそこそこ混雑していました。

インテリア

ロビーとは別棟ですが、同じく木組みの茅葺屋根でこれはこれで雰囲気があります。ビクトリアフォールズはおしゃれな雰囲気とは違いワイルドな感じです。

メニュー

肉と野菜中心に、種類は結構充実しています。

お皿のスープ側にある白い練ったものがパップと呼ばれるアフリカ南部で主食とされている食べ物です。味がないとの事前情報でしたが、トウモロコシの粉を練ったものということであればいくら味がないといってもそれなりにトウモロコシ風味があるのかと思っていました。実際食べてみるとホントに味がない。。。これはちょっと口に合いませんでした。他はまあまあ、チャーハンなどもあり十分に生きていけます。

肉の取り分けは何も言わないとこのサイズで出てきます。

200~300グラムはあるでしょうか。多少硬くワイルドな肉って感じです。私たちは赤身肉嫌いじゃないですが、ただやっぱり量が多い。

午後のアクティビティが始まる15:00までまだまだ時間がありますので、この後も、コーヒーとデザート、フルーツでのんびり過ごしました。

2日目のランチは、、、部屋から出るのが億劫になりスキップしてしました。

決してまずいからというわけではないですよ。連日の肉中心のヘビーな食事で胃が疲れて、パリで買ってきたパンと部屋にあるコーヒー、フルーツで簡単に済ませました。

夜はメインダイニングで取りましたが、帰り道に散歩しているとこのレストランからアフリカンな軽快な音楽が流れていました。エンターテイメントでもやっていたのだと思います。Join Us!と誘われましたが、翌朝モーニングサファリで朝早いので辞退させていただきました。

関連記事

ホテルトップ

Cresta Mowana Safari Resort & Spa (クレスタモワナサファリリゾート&スパ)

 

← Previous 旅行記トップ ↑ Next →