ドバイ観光 ~AT THE TOP ブルジュハリファ~

誕生日に建築物を巡る企画第2弾として世界一の高さを誇るブルジュハリファを訪れました。ちなみに第一弾はサグラダファミリアに行っています。

予約は必須

125階と124階に登れるAt The Topというチケットと、加えて148階に登れるAt The Top Skyというチケットがあります。At The Top Skyは予約でも370 AED(11,000円)ということで、ちょっと…

At The Topでも、当日券は400 AEDということで大体12,000円位になります。さすがに高すぎです、予約すれば夕日以外の時間帯で135 AED(4,000円)、人気の夕日の時間帯は210 AED(6,000円)で買えます(当時。2020/6現在では、夕日以外の時間帯 99 AED、夕日の時間が159 AEDで若干安くなっているようです)。予約していきましょう。

At the Top, Burj Khalifa

予約が完了すると予約番号(Confirmation Code)がメールで届きますので当日持参しましょう。メールが携帯で見れれば問題ないです、見れない場合は印刷もしくは、メモっておきましょう。

当日の流れ

私達は16時くらいに予約、時間に合わせて入場しましたがそれほど混んでいませんでした。

まずは、ドバイモールの地下にブルジュハリファの入口がありますが、キオスク端末にて予約番号を入力して発券します。

ゲットしました。あとはこれをもって入り口に並べばOKです。

入り口では時間の調整が行われます。ここには立体の模型や説明がありますのでそれらを見ながら時間を潰しましょう。

係員から案内があります、いよいよ入場開始です。ただ、ここから思いのほか長い距離を歩くことになります。500m位は歩いたと思います。地図で見るとドバイモールとブルジュハリファはちょっと離れてますからね。

いよいよエレベータホールに到着です。148階のAt The Top Sky行き(奥)と、125階のAt The Sky行き(手前)で分かれていますのでご注意下さい。

125階

125階からの北方面の眺めです。周囲も300m級の高層ビルが林立しています。あいにく視界は若干かすんでおり、海までは見れませんでしたがそれでも圧巻でした。

それにしてもなかなか125階って言わないですね。。。日本で一番高いアベノハルカスでも60階、階数が一番多いと思われるランドマークタワーでも70階ですからね。ちなみにブルジュハリファ自体は、163階建ということです。東日本大震災の時は、エレベーターが止まって20階でも上り下りに苦労しました。125階は、、、諦めます。

昨日、空港からホテルに来る時に通った道路は、このビル群の間にある道路です。道路を通っているときは、高層ビル群すごい~と驚きましたが、そのすぐ外は荒涼とした土地だった (‘ω’)ノ 若干ダマされた、、、

南東方向です。

白いのが、全焼したThe Address Downtown、エメラルドグリーンの部分がファウンテンショーが行われる人工的な湖(池?水場)で、私たちが泊ったThe Palace Downtownは右下の湖に突き出した部分になります。左下側の大型の建物はドバイモールになります。もともと砂漠ですから全体的に砂っぽい色をしています。よくここにこれだけの人工的な都市を作りましたね。

南西方向です。

こちらもビルと空き地という組み合わせの違和感のある風景。普通の都市化は、平面がまずいっぱいになったら、より密度を高めるために立体化していくのですが、ドバイは土地は十分あるのにいきなり立体化させていますからね…

124階の屋外バルコニーがあり、外に出られます。

行ってみることにします。

124階

この展望台は124、125階で大体地上から450mほど、対してビルとしては160階建て高さは828mですので、ここからまだ東京タワー一本分以上の高さがあります。更に上からのどんな眺めなんでしょうかね。。。

お土産物屋もありますが、うーん、いまいち品質がパッとせず結局何も買いませんでした。

眺めがよくない場合はこれを使いましょう。VR的な望遠鏡的な装置があります。好天時の眺めや夜景なども出せますので、ほんとはこの先に海があるんだなという確認ができます。

さて、16時に入場し2時間くらい十分遊びました。
デーツを買いつつホテルに戻ってイフタールディナーに向かいます。。。

まとめ

さすがに世界一のビルということですし、当面抜かれるこもないと思いますのでドバイに行く機会があれば登ってみる価値はあると思います。。。

と書こうとしたら、どうもサウジアラビアのジェッダに1,000m級のビルが建築中のようです。ただ、2013年に建築を開始し、何度もサスペンドし、まだ半分程度しか建築されていないようですので、しばらくは安泰でしょう。将来的には、抜かれる可能性が出てきましたが、ブルジュハリファを訪れる場合は、予約なしではびっくり価格ですので是非事前予約して行きましょう。

 

前の記事へ 旅行記トップへ 次の記事へ