TAG

宮島

  • 2020-12-07
  • 2022-07-02

世界遺産航路 (宮島 → 平和公園) 乗船記

宮島から広島へは、平和公園に直行する「世界遺産航路」を活用しました。広島での宿泊は、もともとリーガロイヤルが第一候補でしたが、このクルーズライン発着の桟橋も徒歩圏、荷物のハンドリングの点においてもベストでした。 http://www.aqua-net-h.co.jp/heritage/ 弥山の戻り時 […]

  • 2020-12-05
  • 2022-07-02

宮島グルメ 〜紅葉まんじゅう特集〜

宮島といえばもみじ饅頭、かなり好きな部類に入るご当地スイーツです。滞在した岩惣の女将が発案したという偶然もありますが、他にも食べるものがいろいろある中で結果的に3軒のもみじ饅頭を食べてきました。 宮島に訪れたのであれば、ここでしか味わえないもみじ饅頭を食べたいということでいずれも店頭で出来立てを頂き […]

  • 2020-12-03
  • 2022-07-02

宮島観光 〜【世界遺産】弥山〜

弥山の標高は535m、私たちは2019年テーブルマウンテン登山に成功(1,086m、400m地点からで標高差686m)しているので、トレッキングとして登ることも検討していましたが、荷物削減と他の街歩きに歩数温存のためにロープウェイでのアクセスとしました。 徒歩で登る際のルートは3ルートあるようで、そ […]

  • 2020-12-01
  • 2022-07-02

岩惣:和朝食@食事処もみぢ

朝食は食事処でした(離れだけは部屋食になるようです)。チェックイン後の部屋での説明の際に時間は指定できます。7時から8時半スタートで、私たちは8:00スタートにしていました。メニューは外国人が多く訪れていたコロナ以前は洋食もあったようですが、今現在は和食だけのようでした。 食事処もみぢ 岩惣の新館1 […]

  • 2020-11-29
  • 2022-07-02

岩惣での季節の会席部屋食ディナー

岩惣での夕食は、部屋食もしくは食事処での食事となる可能性があります。これは混雑具合なども加味して決定されるようです。40室程度あるので対応可否があるのでしょうね。今回私たちの滞在では満室のはずですが部屋食となりました。開始時間は、18:00から19:30の間で選択できました。今回私たちは日没のタイミ […]

  • 2020-11-27
  • 2022-07-02

岩惣 : 本館和室 紅葉

岩惣には大きく3種類の客室があります。 本館:和室10畳(5室) 新館:和室10畳(26室)、10畳2間(4室) 離れ:和室〜和洋室(4室) 本館は、昭和初期の建物で低層建築であり、紅葉谷(もみじ川)に面しています。部屋は2階と低層ですので木々が間近に見られるのが特徴です。新館は鉄筋造の5階建で本館 […]

  • 2020-11-25
  • 2022-07-02

もみじ饅頭誕生の宿 岩惣

宮島で150年以上の歴史のある旅館になります。初代岩国屋惣兵衛は、当初紅葉谷の整備に関わり、この岩惣旅館は、紅葉谷の観光客相手の茶屋からスタートしたということです。岩惣という名前は初代の名前から来ているんですね。。。長い歴史の中で、ゲストとしては、皇室から、夏目漱石、森鴎外などの作家、伊藤博文、斎藤 […]

  • 2020-11-23
  • 2022-07-02

宮島観光 〜紅葉谷・大聖院周辺〜

厳島神社を満喫した後は、ロープウェイで弥山(みせん)に登る予定でしたが、、、秋の行楽シーズンということでロープウェイ乗り場は大行列、これは無理ということで、弥山へ登るのは翌日にリスケとしました。 岩惣のチェックイン時間15:00まではまだ2時間程度あるということもありますし、代わりに翌日朝に訪れる予 […]

  • 2020-11-21
  • 2022-07-02

宮島観光 〜【世界遺産】厳島神社〜

厳島神社 もともと宮島(厳島)は神の住む島として禁足地とされていたようです(今でも沖ノ島など同様の風習が残っています)。社伝としては593年から記録があるようですが、公的な文献としては811年から、いずれにせよ十分長い歴史がある神社です。ここまで有名になったのは、平清盛との関係により平家一門の参詣を […]

  • 2020-11-19
  • 2022-07-02

宮島グルメ 〜あなごめしうえの(のあなご飯弁当)〜

岩国からJR山陽本線で20分弱で宮島口に到着です。 宮島には学生時代に一度来たことがありますがこんなに立派だったかな???もしくはその時は広電で来たのかな??? 岩国観光をかなり短時間にしても昼前に来たのは、ここの「あなごめしうえの」というお店でのランチを考えていたからです。あなごめしうえのは、ここ […]