Categories:

エグゼクティブフロアの宿泊者は35階にあるExecutive Loungeにアクセス可能です。入り口には、温度計と消毒がありコロナ対策も一通りなされています。

Executive Lounge

入り口前にはカウンターがあり、エグゼクティブフロア滞在者はチェックイン、チェックアウトをここで座って行うことができます。ただ、朝食時間帯でのアーリーチェックインの場合はここは使えず、1階のフロントで行う感じでした。帰りのチェックアウト時は、中で飲み物でも飲みながらどうぞ!ということで、私たちは結局ここに座るタイミングはありませんでした。

インテリア

中に入ると、ワイドスパンでかなり広めのスペースが広がります。やはり宿泊者として2人組が多いのでしょうか、窓側には2人掛けのソファが並びます。かなり余裕のある配置です。

窓から離れた壁側には4人掛けのテーブル&チェアーが配置されています。2021年4月に訪れた際はアクリル板はなかったですね。まあ、家族など、大体同じテーブルの人たちは同室での宿泊であり濃厚接触者になるのは避けられないので、アクリル板の有無で感染拡大に影響することはないでしょうからね。

眺め

ラウンジは南西向きでまわりにあまり高いビルはなく眺めは絶景です。眼下は住宅街がメインで比較的平坦、国道246&首都高速3号の通り沿いはオフィスビルなどが密集しています。土地用途区分がよくわかる感じです。

夜には高速を往来する車のライトが綺麗です。

サービス

ラウンジでのサービスは以下の通りです。コロナ禍での運営時間ですので今後流動的に変更になるかと思います。利用時にはホテルwebサイトにてご確認ください。

  • 朝食(8:00~10:30)
    ※ 日曜だけビュッフェブレックファスト、それ以外はセットメニューでの提供で、ラウンジ以外ルームサービスでの提供も可能
  • ティータイム(10:30-14:00)
  • アフタヌーンティー(14:00-17:00)
  • イブニングカクテル(17:00-19:00)
  • ティータイム(19:00-20:00)

朝食

たまたま土曜日〜日曜日の滞在でビュッフェでした・・・どちらかというとルームサービスの方が良かったのですが、日曜はビュッフェ(卵料理などオーダーメニューもあり)のみということで、、、

普段はそんなに食べませんが、朝いちで代々木公園〜表参道〜キャットウォーク〜宮下公園を軽く散歩・ジョギングしてきたからか食欲旺盛でした。紅茶はいつでもシンガポールの高級茶葉メーカーであるTWGのもので優雅です。

卵は、スクランブルエッグ、オムレツの他にも何種類かあったかと思います。日本のホテルの朝食は野菜が多くヘルシーですね。

ティータイム

朝食の後アフタヌーンティーの前の時間帯(10:30-14:00)、イブニングカクテルの後(19:00-20:00)はティータイムとしてソフトドリンク、紅茶、コーヒー、小菓子が提供されています。

アフタヌーンティー

14:00-17:00のアフタヌーンティーの時間帯は食べ物が充実しています。チェックインと重なる時間帯ということで、ラウンジの結構混む時間帯でもあります。私たちの滞在した4月末の時期は、緊急事態宣言目前というあまり旅行もままならない時期でしたので、ホテルステイを楽しむ目的の方が多かったかと思います。みなさんチェックインが早め、土曜日のこの時間帯はかなりの混雑していました。翌日訪れた際はガラガラでした。

やはり土曜日-日曜日が一番混む感じのようでゆっくりされたい方はそれ以外で滞在するのが良いかと思います。(休みが土日の場合はしょうがないですけどね。)

食べ物は、アフタヌーンティーということで、スコーン、サンドイッチ、ケーキ、カップに入ったスイーツなど一通り、それにく加えて、乾き物系でポテトチップ、ドライドベジタブルチップ、和では煎餅的なものもありました。個包装されていないものにはカバーがされています。ビュッフェでは、手袋、マスク着用がルールになっています。

3段トレイではありませんが、一通り、コンパクトですがアフタヌーンティーの構成が組めるかと思います。

スコーンはかなり小さいですがクロテッドクリームとバターもあり形にはなります。スコーンはプレーン以外にレモン&ポピーシードなど3種類くらいありました、温度は常温です。

飲み物は、自分で入れてもいいですし、スタッフの方に依頼すると持ってきてくれます。混んでる土曜日はメニュー提供までの余裕はないですが、空いている日曜だと席にドリンクメニューを持ってきてくれて、ゆっくり選択、オーダーできます。やっぱり土曜以外がいいかもです・・・

TWGのフレーバーティーのラインナップも多く、お気に入りのフレーバーを探すというのにもいいかと思います。私たちは、ルイボスベースのバニラブルボンが気に入りました。

軽食のラインナップは基本的には毎日同じなのかな、、、そして土曜日に張り切ってかなり網羅したので日曜はだいぶ食傷気味になっていまい軽めに・・・

日曜は空いているラウンジで優雅に過ごせました。滞在後半ではもう眺めも十分満喫していたので、窓側のソファー席よりも壁側の広めのテーブルが指定席になりました。快適です。。。

イブニングカクテル

17:00-19:00の時間帯にはお酒も提供されます。カクテルブックなども置かれており、オーダーすると作って持ってきてくれます。土曜日の夕方はこの時間帯もかなりの混雑です。代官山の散策からの戻りがちょうど17時だったのでそのまま立ち寄りましたが、すでにかなりのテーブルが埋まっていました。遅めで訪れるともしかしたら入場できない可能性もあるかと思います。

私(嫁)は、何かのカクテル、チャイナブルー?(お酒入り)、私(旦那)もせっかくなので何かのノンアルコールカクテルを作ってもらいました。&コーラとソーダ。

食べ物はチーズ、ハムやサーモンなどのコールドカット、揚げ物ありましたが常温だったかな・・・あとは、アフタヌーンティーの続きでスコーンと、パンなども提供されています。フルーツもメロンなどありゴージャスな感じでした。

結構お腹いっぱいになっちゃいました。で、中途半端な状態でディナーに出遅れ夕食難民になります。
(それは、また別記事にて)

ティータイム(夜)

夕食難民となり、結局ルームサービスでのディナーにしましたが、他にも難民は多かったようでそこそこ時間がかかるということでした。それまでコーヒーでももらいに再びラウンジにやってきました。

夜はかなり照明が落とされ大人な雰囲気です。私たちはほとんど飲まないので影響ありませんが、この感じでお酒がないのは飲む人たちにとってはちょっと物足りないかもしれませんね。というのが理由かどうか分かりませんが、この時間帯は土曜日でもそれほど混雑していませんでした。本来は夜の23:00くらいまで営業しているようですが、時短営業で20:00までというのはちょっと残念でした。

まとめ

ということでラウンジの空間は、昼間は明るく、夜はムーディで環境もなかなかです。サービスも朝からイブニングカクテル、ナイトキャップとバリエーションに富んでいて十分楽しめる内容です。といっても、全てのサービスを張り切って活用すると、かなり食傷気味になりますのでご注意ください。お茶がTWGなところは紅茶派にとってはありがたいです。

注意点は土曜日はかなり混雑するため、あまり優雅な環境にはならないところです、宿泊代金としても割高ですので、優雅な滞在を楽しみたい場合は土曜泊は避けるのがおススメです。といいつつ、土日休みのサラリーマンには、あまり選択の余地がないところでもあります。

そういったことを考えると、アフターコロナでのワーケーションやリモートワークなどで活用するのは一案かと思います。そこそこ静かな環境で優雅に過ごせるかと思います。Webミーティングの時は自室に戻りましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

 

関連記事

ホテルトップ