Belmond Mount Nelson Hotel (ベルモンドマウントネルソンホテル) : アフタヌーンティー@ロビーラウンジ

チョベのサファリで一緒になった方の中にケープタウン在住の方がおり、私たちの滞在がマウントネルソンホテルと言うと「あそこのアフタヌーンティーは、ケープタウンで No.1」と教えていただきました。到着翌日は雨がちで、当初予定していたテーブルマウンテンのケーブルカーも動いておらず外出も億劫なので昼食も兼ねて行ってきました。

インテリア

高級感溢れる素敵なラウンジです。アフリカのイメージからかけ離れています。

コンサバトリー席もありますが、雨で少し気温が低かったので室内のソファー席にしました。

室内は広々とした空間に大き目のソファーがゆったりと配置され、オフグリーンとアイボリーの優しい色調がエレガントです。

さあて、どこから片付けよう…

メニュー

Afternoon Tea はR295(当時のレートで約2,100円)で、2皿のアフタヌーンティーセットにブッフェ形式のスイーツ食べ放題とスコーンと紅茶が含まれます。プラスR65(約500円)で南アフリカ産スパークリングワインが1杯付けられます。私たちはほとんどお酒が飲めないのでスパークリングワインは付けませんでした。

ブッフェのテーブルはこんな感じです。中央の超巨大なバラの生け花も、取ってる方の衣装もバラでゴージャスです。

オーダーすると紅茶が運ばれてきます。紅茶も30種くらいあります。可愛いティーセットに気分上々。

丸テーブルはちょっと小さいですね、これだけでテーブルの上がいっぱいです。

Buffet

紅茶を淹れている間に、気合を入れてズラリと並んだスイーツを物色に向かいます。

チョコレートブラウニーからメレンゲ菓子、フルーツに背の高いケーキまで、全種類は食べられないほどズラリと並んでいます。

大抵のフッフェには、食べなくてもよさそうなものが半分くらいはあるものですが、ここは1つ1つが美味しそうで、味が想像できないものばかりで非常に困りました。

悩んだ末の最初の一皿。大きいケーキは諦めて、小物で多くの種類を稼ぐ戦略に出たようです。

Afternoon Tea Set

美味しい紅茶を頂いていると2段のセットが運ばれてきました。メインテーブルはいっぱいですのでサイドテーブルに置きます…(2人分です)

上の段はカラフルなオープンサンド。

下の段は点心のような焼き物・揚げ物です。

食事的なものが含まれているのでランチにもちょうどよいです。この時間帯のゲストは私たちと同じようにみんな昼食を兼ねて来ているようでした。夕方18:00までやってますので早めのディナーとしてもありかもしれません。

どれも美味しかったですが、かなりボリュームがありました。

なるべく残さないようにと、上段のお皿だけ頑張って食べきるとおかわりいるか?と聞かれショックを受けます。みんなそんなに食べるのでしょうか… Buffetを含め気に入ったものをいただきましょう。

スコーンも美味しく、お腹いっぱいでもクリームとジャムを付けて紅茶と一緒にパクパク食べられます。

最後の気力を振り絞って、ブッフェ2皿目。

緑のピスタチオのケーキは美味しかったので2つ目です。レッドベルベット(赤い△のケーキ)だけは食べないと悔いが残る…そう思って頑張りました。(*´▽`*)

まとめ

ワイルドなアフリカでこんな優雅で甘~い時間が過ごせると思っていませんでした。

前日まではサファリで野生動物たちに囲まれていたのでなおさらです。このアフタヌーンティーがケープタウンでNo.1というのはあながち間違いではなさそうです、ゲストの方は目一杯お洒落してきていますので、負けないようにおめかししていきましょう。

ここに限らずケープタウンは、アフリカのワイルドな面と洗練された面を併せ持ちます。初めてのアフリカでワイルド面だけだと不安という方は、ちょっと(だいぶ?)遠いですがケープタウンを組み込むことをおススメします。

アフタヌーンティーを食べ終わったころには、天気も回復してきました(実は回復したわけではなかった)。この後はウォーターフロントに遊びに行きます。。。

関連記事

ホテルトップ

関連記事

カサネから飛行機を乗り継ぎケープタウンのホテル、マウントネルソンホテルに着いたのは夜の22:00でした。ケープタウンではここマウントネルソンホテルに3泊します。 Mount Nelson Hotel ケープタウンにあるMarriottや[…]

 

前の記事へ 旅行記トップへ 次の記事へ
最新情報をチェックしよう!