Air France (エールフランス航空) AF990 (パリ → ヨハネスブルグ) ビジネスクラス搭乗記

AF990便はパリを23:55に出発しヨハネスブルグに翌朝9:55に到着します。フライト時間は10時間30分です。弾丸パリを満喫した後は、ラウンジでシャワーを浴びてオーバーナイトフライトに備え、いよいよ初めてのアフリカ大陸へ向かいます。

深夜便ということもあり免税店もそこそこに早めに搭乗口へ向かいました。パリの23時前は、日本時間ではもう明け方、徹夜明けの感じに近いです。にも関わらずパリはまだ完全に暗くなっていません。搭乗の際、ボーディングブリッジから遠くに花火が上がっているのが見えました。えー、23時前に???(AIRFRANCEのIの上あたり)

花火と言えば日本では夏の夕涼みのイメージがありますが、緯度が高いパリでは暗くなるのが遅いからこの時間なのでしょうか???

Airbus 380-800

今回乗るのは「総2階建て」のエアバスA380機初めてです。

間近で見るとどっしりと迫力があります。機体の大きさに加え、エールフランスは機体が白一色で余計に大きく見えます。搭乗口から機内までは、2階用と1階用で通路が完全に分かれていて、搭乗口から結構な距離を歩きました。AF990便はアフリカのヨハネスブルグ行きということでこんな超大型機を使う需要があるのか?と疑問でしたが、私たちの席の周りはほぼ満席でした。アフリカ南部の中心都市恐るべしです。

シート

2階席のビジネスクラスの機内の様子です。

シートは2−2−2でライフラットです。寝やすさで言えば、羽田 → パリで登場したBoeing 777-300ERのシートの方がフルフラットで快適かもしれません。でもライフラットでも十分休めます。

今回、窓側シートを並びで2席確保しました。最前列が足元の空間が広くて人気があるようですが、我々はどちらかと言えば人の視線が来にくい後ろ側の席が好みです。今回は前方コンパートメント最後列のシートにしました、なかなかベストでした。

座席のモニターは前席埋め込みです。

中央にちょっとした棚がありますが、エチケット袋と機内誌、メニューを挟んでおくくらいしか使いようがありません。A380の2階席は窓脇に蓋つきの収納スペースが大量にありますので収納を求める方は窓側をどうぞ。

機内設備

就寝前に歯を磨きに前方トイレへ行った際に機内を撮影しました。

2階右前方にはベンチシート&観光案内などモニターのある広めのスペースがありました。普通の機体だとこうした広いスペースはありませんが、さすがA380余裕があります。ここは広いのに加えて誰もいなかったので、ゆっくり就寝前のストレッチをすることができました。

2階から乗ったので使いませんでしたが1階への階段があります。この下がファーストクラスらしいです。いつか乗ってみたい!

トイレは前方ばかり使っていましたが、後方のギャレーにはセルフバーがあったことを後で知り超絶後悔しました。この機体に搭乗される方は、後方のギャレーに是非行ってみてください。

機内食

この時の我々の体内時計は、旅行初日でほぼ日本時間のままです。

朝4時に起きて機内で昼寝、夕方にパリへ着いて夜通し遊んだ明け方7時くらいですので結構ヘロヘロです。離陸前に提供されるウェルカムドリンクは二人ともグァバジュースを選択しました。

ディナー(夜食)

離陸後1時間くらいでディナーが始まります。

ディナーと言っても、現地時間でも深夜であるため、フルコースではなく夜食的なメニューになります。アペタイザーとメインにチーズとデザートが付いた通常メニューか、そこからメインを抜いたExpress Mealか選べます。Express Mealですら食べられない気がしたのですが、ここは頑張って二人ともメインありでオーダーします。

アペタイザー:フォアグラのテリーヌとモッツアレラのタンバル

とチーズ、デザートがセットで出てきて驚きました。Express Mealはこれで完結です。確かにExpress!

スモークダックのフォアグラにマンゴーの爽やかなソースがピッタリ。タンバル(色々刻んて焼いたもの)の上にモッツアレラが乗っています。見た目はシンプルですがどちらも美味。アッサリ系と濃厚系でちょうど良いバランス。意外と食が進みました。疲れと時差で食欲は無いと思っても、よく考えると朝なので実はお腹が減っていたのかもしれません。

メインはペンネとイヴ・カンドゥボルド(Yves Camdeborde)氏のビストロ2品の計3品からチョイスできます。氏は半高級・半ビストロのコンセプトで数か月予約ができないレストランのシェフだそうです。それは知りませんが、そう言われると頼んでみたくなります、で、ビストロ2品を二人でそれぞれオーダーしました。

メイン1:牛フィレ肉とコロコロ野菜

メニューにVegetable Pearls(野菜の真珠?)とあったので、何だろうと思っていたらこの丸くカットされた野菜のことでした。メインはボリュームも気持ち少なめでほぼ完食。夜食にはこれくらいのビストロ感がちょうど良かったと思います。

メイン2:サーモンとコロコロ野菜

こちらもVegetable Pearlsです。お皿も見た目も同じ感じで手抜き感がありますが、よく見ると紫の野菜が入ってり若干違います。こちらも完食でした。

枝豆は日本以外ではあまり使われていませんが、海外ではお洒落な食べ物として流行っているそうです。さすがトップシェフ、最先端を行っていたのですね。

朝食

朝になると機内も明るくなり、コーヒーの香りで起こされます。

ヨーロッパとアフリカの間は時差がほとんど無いのがいいですね。日本からだと長距離フライトはほとんどが横(東西)方向なので、縦(南北)方向の長距離フライトは珍しい体験です。体が相当楽です。

渡された朝食メニューに、なんと「Poilane(ポワラーヌ)」の文字が!!!

一気に眠気も吹っ飛びました。短い滞在時間の中、必死で探して購入したポワラーヌのパンでしたが、ここでも食べることができたとは。。。お試しには非常にありがたいですね。

Poilane(ポワラーヌ)は ↓ の18:30で頑張って探して買ったパンです。

関連記事

2016年のパリは、羽田 → パリ → ヨハネスブルグのトランジットを利用した「1DAY弾丸旅行」でした。テーマは「パリでしか買えないスイーツを買う、ついでに観光も」という欲張りなものです。 買いものリスト(優先順) この後アフリカ →[…]

朝食1:パンケーキ

私(旦那)が頼んだパンケーキです。バターはIsigny(イズニー)、アーモンドスライスのついたパンケーキにカスタードクリームとメープルシロップ。フルーツもついてやさしい朝食です。

朝食2:ポーチドエッグとポワラーヌ

プレートが置かれて、一瞬違うものが来たのかと思いました。ポワラーヌ、ちっさ!

写真手前中央にあるポーチドエッグの隣りの茶色い切れ端がそれです。パリで購入したポワラーヌのパンが足元に大量にありますが・・・何はともあれ、初ポワラーヌ。酸味があってパサパサなのにもっちり系の噛みごたえ。ポーチドエッグも黄身がとろけて一緒に食べるととても美味しかったです。朝から食欲旺盛でグローブみたいに大きなブリオッシュも追加で頂きました。

眺め

この機体は、飛行機の垂直尾翼にカメラがあるようで機体越しの前方が表示できるのが気に入りました。手を広げて飛んでる感じが頑張ってる感じがして応援したくなります。

ちなみに下は、私(旦那)が赤道上空を通過するのをモニターで確認したもの。私たちにとって初本格的な南半球です(バリは行ったことありますがあそこはほぼ赤道ですからね)。赤道上空を通過する時、私(嫁)は爆睡してました。。。

着陸が近付くと、アフリカの赤茶けた大地がはっきりと見えてきます。

まとめ

機内食はパリ感を感じられるエールフランスらしい食事で楽しめました。悔やまれるのはセルフバーに行けなかったこと。それこそ、エルメとかエヴァンとかデュカスとかあったら超悔しいですが、羽田便とは同じラインナップだったと信じましょう。

なにはともあれ、初めてのアフリカ到着です。まずは世界一危険な街と言われるヨハネスブルグの、制服を着た人も疑えと言われる危険な空港で国内線へトランジット。チェックイン開始までの2時間、ゼロハリのスーツケース(この先2週間分の着替え)とヴィトンのボストンバッグ(中身は日本では買えないチョコやパンがぎっしり)を抱えて守り抜くことにします。

 

前の記事へ 旅行記トップへ 次の記事へ