日光金谷ホテル : 百年カレーパイ&ロイヤルブレッド

チェックアウトの時間です。フロントにはこんなお天気情報が。。。

夜中に寒くて目が覚めましたが、ひゃー、日光の冬は冷え込みが相当厳しいです。この気温であれば竜宮のアイススケートリンクも(大谷川も)自然に凍りますね。中禅寺も併せて検討していましたが中禅寺は一段と厳しいようです。今回は中禅寺のホテルに空きがなくパスしましたが空いてなくてよかったかもです ^^

100年カレーパイ

いろいろホテル内を散策し、ギフトショップに向かうと入り口にこんなのが掲げられていました。前日ランチで100年カレーを食べましたが、そのカレーを使ったパイがあり、なかなか人気の商品というのをどこかでみたことがあります。いそいそと奥のベーカリーに向かいます。

残り5個です、1つゲット、324円。

他にも色々とあるようです。翌日以降もまだ年末年始休暇ですので、朝食用のロイヤルブレッドも1つゲット、584円、結構高いです・・・

ロビーで早速

頂きます。注意事項のメモが貼られています。「本日中に、本日中でも気温の高いところに放置しないように」とのことです。保存料とか使っていないということなのでしょうが、折角手にしてもダメにしちゃわないよう特に車で移動される方はご注意ください。

紙袋を開けてみると、、、カレーパンではなく、確かにパイです。

昨日食べたカレーがそのまま入ってる感じです。具材も大きめで人参とご対面。お腹が空いている状態ではないですが、ペロリと美味しくいただけました。クラフトラウンジでの百年カレーよりお手軽ですので、百年カレーを試してみたいけど時間的に無理という方に一つのオプションになるかと思います。

ご参考 : 金谷ホテルの特製ピーナッツバター

パンと一緒にピーナッツバターも購入していました。

金谷ホテルベーカリーといえば有名なのはマーガリンですが、マーガリンは東京でも入手できるため気になっていたこちらを購入。マーガリンと同様のパッケージで箱入りです。冬場だったこともあり、保冷剤を入れてもらっただけで無事に家まで持ち帰れました。

翌日の朝食で早速、ロイヤルブレッドと合わせていただきました。

ピーナッツバターは香ばしさや苦みなどなく優しいクリーミーな甘さで、ふんわりソフトな固さです。トーストしたロイヤルブレッドの表面にさぁ~っと広がり塗りやすさ抜群。最初のうちにたっぷり塗り過ぎたため、あっという間に半分無くなってしまいました。

まとめ

計画当初から、このパイ&パンはタイミングが難しいと思っていましたが、昨日ちゃんと観光のノルマをこなしたので、本日午前の焼きあがりタイミングまでホテルでまったりすることが出来ました。危うく、大谷川散策に時間を忘れ、売り切れそうでしたがなんとか間に合いました。お味も美味しゅうございました。

関連記事

ホテルトップ

関連記事

今回の旅行のテーマの1つだったこともあり記事数がそこそこの数になってしまいました・・・ 部屋 : Deluxe Room 別館の部屋をアサインいただきました。クラシックな雰囲気と大谷川と男体山が眺められゆっくり出来ました。 [si[…]

 

前の記事へ 旅行記トップへ 次の記事へ
最新情報をチェックしよう!