田乃倉では好きな時間で選べましたので朝8時でお願いしていました。ゆっくりしているのでそんなに疲れていないのか朝5時に目が覚めて、朝風呂に行って、でも帰ってきて二度寝して、、、朝からだいぶ活動しています。8時前から準備に入っていただき、でも2部屋あり居場所があるので非常に便利です。

ダイニング

朝食の準備が整ったということで、ダイニング(隣の部屋です)に向かいます。最終日はようやくいい天気、部屋も東向きで朝日も入り爽やかです。

メニュー

サラダ&温泉卵

テーブル中央には山盛りのサラダが。2人分ということではありますがそれでも結構な量です。和朝食でサラダ?とも感じますが、昨日もサラダから始まりました。洗練された由布院での朝食としては定番なんでしょうか。葉物野菜に加えて、パプリカ、生ハム、糸寒天なども入っておりゴージャスです。

そう言えば、チェックインの時に温泉卵はいるかどうか確認されました。確認するということはこれ嫌いな人が多いんでしょうかね・・・こちらもとろりといただきます。

そうこうしてると温かいものが届き、全部揃いました!

これまでに見たことがないくらいの豪勢な朝食です。部屋食でありながら温度管理も完璧で、いろいろなところから立ち昇る湯気が別府の湯けむりのようでもあります。いや、由布院も山沿いは湯けむりが上がっていますね・・・由布院の景色のようです。

焼き魚、卵焼きほか

焼き魚は確か赤魚の西京焼きでした、生姜が添えられており彩も綺麗です。水のお皿に笹舟のイメージでしょうか。昨晩のディナーもそうでしたが、田之倉は見た目に相当なこだわりを感じます。私たちは、見た目も重視派ですので相性がいいです。

ご飯のお供は、もともとちりめん山椒、ほうれん草、辛子明太子などがありましたが、ここで、梅干し、きゃらぶきも小さな船に乗ってやってきています。ご飯が足りない・・・ご飯は、お櫃で用意されていますのでおかわり自由です。

がんもどき

温かい料理としてはがんもどきのあんかけもあります。こちらも鮮やかな緑色が含まれカラフルで見た目も綺麗です。

湯豆腐

一番の湯けむりは湯豆腐でした。豆腐に加え、ネギと春菊で野菜たっぷりです。歯の面積が大きい大葉春菊が使われていますので、香り、苦味が穏やかで朝には最適ですね。さっぱりといただきます。

朝から満腹です・・・

デザート&紅茶

終わったらインターホンで連絡すると、デザート&コーヒー or 紅茶が用意されます。自分のペースで食べられるのでいいですね。

デザートは杏仁豆腐だったかな?牛乳プリンだったかな?にフルーツが入ったものでした。コーヒーも選べましたが、今回は紅茶にしてみました。添えられているミルクは大分の牛乳ということでした、量がたっぷりです。。

まとめ

田乃倉は朝食も部屋食でした。そして、この旅は梅雨時期で毎日雨に降られていましたが、最終日は晴れで、日差しの入る東向きの部屋での朝食は最高でした。途中から暑くなって障子を閉めちゃいましたが、障子にも中庭の木々が風でそよぐ影が映り情緒がありました。

そして、朝食内容も朝からゴージャス。ベースは、焼き魚、卵焼き、ご飯、味噌汁といった和朝食ですが、プラスで、サラダ、小鉢、湯豆腐とボリュームタップリです。普段朝食スキップの私たちは、普通だったら食べられないくらいのボリュームでしたが、朝5時から張り切って温泉を楽しんで起きていたのでなんとかなりました。

そして、盛り付けや彩などにも気が配られており大満足の内容でした。見た目「も」重視派におすすめです。

関連記事

旅館トップ

由布院で意外と貴重な純和風宿 旅亭田乃倉

にほんブログ村 旅行ブログへ 

 

← Previous 旅行記トップ ↑ Next →