Sheraton Kona Resort & Spa at Keauhou Bay (シェラトンコナ ケアウホウベイ) プール&リゾート

ホテルにチェックイン後、両親は時差ボケの影響でちょっと休憩するということで、その間に私たちはプール&リゾート内の散策に向かいます。

プール

ビーチ沿いのメインプールです。気温は高めで汗ばむほどですが空はちょっと残念な感じでした。時折小雨も降っていましたがプールに浸かってしまえば関係ないです。この天気のせいなのか、シーズンのせいなのかビーチチェアはガラガラ、リラックス出来ます。

ホテル内のコンビニで調達したマウイチップスを(ここはハワイ島ですが)。飲み物は私(嫁)がトロピカルなココナッツ&パイナップル、私(旦那)はアメリカンなドクターペッパーで10年ぶりのハワイ上陸を祝います。

1時間程度、まったりできました。

このリゾートにはもう一つプールがあります(写真は翌日撮影、快晴でした)。こちらは宿泊棟に囲まれているので雰囲気はあまりないですがガッツリ泳ぎたい人にはいいかもです。また、フロントやレストランとの行き来の中で廊下を歩いている時にリゾート感を感じられるという効果は絶大でした。

ショップ

売店とは別に、宿泊棟に囲まれた方のプールに面して水着やビーチアクティビティのショップ兼予約センターみたいなのがあります。タオルはここで部屋番号を伝えることで借りられます。

リゾート

久しぶりのプールを満喫した後はリゾート敷地内を散歩してみました。

このホテルは海に面していますが、海岸は黒い溶岩がゴツゴツしており独特の雰囲気があります。これも活火山であるハワイ島らしい風景です。また、大都会のホノルルでは味わえない広大な風景が感じられ1泊でもリゾート感が感じられました。

こんな溶岩が流れた後もそのまま残っています。

なんか、ささっと動くものが、、、よく見るとマングースでした。

マングースはアフリカ以来です、ちょっと混乱、、、後で調べてみると、

陸の孤島であるハワイ諸島に存在した哺乳類はもともとコウモリしかいなかったとのことです。距離がありすぎて4本足の動物は泳いで渡れないので。人間の活動が活発になると、船とかでネズミが渡り、サトウキビ農園を荒らすことになります。そのネズミ駆除を目的としてマングースが1880年代に意図的に導入されたということです。

巨大なチェス盤

1ゲームすると筋肉痛になりそうな巨大なチェス盤がありました。まったりに飽きた時の暇つぶしにどうぞ

ほか

他にも雨の時に暇つぶしできるゲームセンター的な施設のほか、コインランドリーといった長期滞在時に便利な設備もありました。

料金は以下だったかな???
洗濯機:USD 2.0 (220円)
乾燥機:USD 1.75(200円)時間不明

まとめ

生憎の天気でしたが、ホノルルではなかなか味わえない広大な敷地かつオーシャンフロントのプール&散策道を楽しめました。

敷地が黒い溶岩で、活火山であるハワイ島らしい、海、山双方の自然を感じられました。海のリゾートは私たちの旅の嗜好として優先度が低めで2012年のグアム以来でしたが、来てみるとやっぱりこれはこれで良いですね〜。

関連記事

ホテルトップ

関連記事

コナの南方にあるリゾートホテルです。ロビーからはこんな大自然の絶景が臨め、ハワイ島らしさが感じられます。 私たちが泊まった時には、タイトル通りシェラトンブランドだったのですが、2020年2月のニュースによるとここはアウトリガーが買って[…]

前の記事へ 旅行記トップへ 次の記事へ
最新情報をチェックしよう!