関西三都旅行の2日目、今日は昼過ぎの電車で奈良に向かいます。京都の観光は午前中いっぱいということで早めに食事をとって朝から三十三間堂に向かう予定です。

はりきって朝の7時から朝食です。朝食会場は昨晩ディナーをとった「清水茶寮」です。

インテリア

昨晩は、暗くなった後でよく分かりませんでしたが、片面は曲線のガラス張りで結構凝ったつくりでした。明るい空間でした。

メニュー

和朝食で固定のようです。まずはエナジードリンクと対コロナということでヤクルト(効果あるのでしょうか???)、そして大きな器のサラダが運ばれてきます。

サラダは京水菜とメカブということでご当地食材を積極活用しています。

そして四角い器で炙られた海苔が来ました。こちら淡路島産のあらぼし焼き海苔ということです。ご飯のお供ということですが、おかずは他にも十分あり使うタイミングが難しいです。

そしてメインのお膳はなかなか充実しています。

鯛の西京焼き(右上)や、京湯葉&お刺身(中央上)など朝からゴージャスです。きのこ真丈(左上)は、キノコの香りが朝から若干きつい感じでした、、、ほかにも揚げナスの煮浸し(左中央)や伊勢ひじきと京揚げ煮物(右2段目中央)など、食材へのこだわりが感じられます。

そして満腹になった後には、、、なんとメロンが。蜂蜜がついてきましたが、かけなくても十分あまいメロンでした。

さらにコーヒーにはプチどら焼きみたいな小菓子がついてきました。満足です。

まとめ

「坂のホテル」の朝食は、なかなかゴージャスで素材にも拘わりが感じられるものでした。ディナーの満足度が最高に高かったので実を言うとその基準からすると旅行中はあまり印象に残ってなかったのですが、思い返してみるとなかなか素晴らしい内容でした。

朝からボリュームたっぷり、今日も観光で動き回るので栄養補給です。

この後Googleに書かれていたオープン時間8:30に合わせて向かった三十三間堂は、冬季は9:00オープンで開いていませんでした・・・((+_+)) そして館内撮影禁止ということで千体の観音様の写真はありませんが壮観でした。

関連記事

ホテルトップ

坂のホテル京都

 

← Previous 旅行記トップ ↑ Next →