Categories:

翌朝は朝の7:30に外に出てきました。プライベートでこれほど早い時間帯に外に出るのは旅行の時くらいです。そしてせっかく皇居に隣接しているホテルに滞在していますので、初めての皇居ランにチャレンジです。

雲はありますが、なかなかいい天気、11月末のこの時間、空気はChillyです。

コース

コースはこんな感じ、ペニンシュラから内堀通りに入り右折反時計回りに回ります。反時計回りが暗黙のルールになっている様ですのでご注意ください。竹橋からは、北の丸との間の代官町通りを通ってショートカット(これが標準ルートのようです)千鳥ヶ淵公園から再び内堀通りに入り、お堀沿いに皇居外苑に戻るルートです。その後日比谷公園の内側をちょっと通ってホテルに戻るまで6.2kmという結構な距離を頑張りました。

皇居ラン

ホテル前で準備体操をしてスタートです。

まずは、内堀通りまで向かいます。風はほとんどなく、清々しい寒さです。そして、お堀からの出発したホテル方面の眺めです。左側の黒い低層の建物は帝国劇場が入居している帝劇ビルです。正面の高層ビルが部屋からも見えていた日比谷ミッドタウン、ホテルは、3棟写っている高層ビルの中央の半分隠れているビルです。ホテル上層階の部屋からは皇居方面もかなり望めそうです。

二重橋前交差点(700m地点)

二重橋前交差点から内堀通りに合流です。全員北側に向かって走っています。結構な人数がいますのでこちらもテンションが上がってきます。速さは人それぞれ、ウォーキングの方もいるので速度がそれほど早くないなんちゃってランナーでも大丈夫そうです。

東京駅(1.1km地点)

ふと右側を望むときれいな銀杏並木が目に入ります。正面には東京駅、昇りきっていない朝日を背後に日本一のビジネス街のシルエットがなかなか立派に見えます、休日ですが・・・

江戸城三の丸大手門(1.4km地点)

反対側のお堀には白鳥が優雅に泳いでいました。対照的です。

竹橋(2.2km地点)

ここにはトイレもありますので一旦小休止です。途中で写真もぱしゃぱしゃ撮っているので止まってばかりですけどね、それでもすでに2kmは来ています。

そして、ここから若干の上り坂になります。江戸城の石垣も高さが出てきます。

千鳥ヶ淵公園(3.5km地点)

なんとか北の丸との間の丘を乗り越えてきました。東京の桜の名所として有名な千鳥ヶ淵公園です。この皇居ランで通る公園南側は、ほとんど幅のない細長い敷地ですが、北側は広く公園の体裁をなしています、花見の際はそちらが有名ですかね。

ここは車道と距離があるので快適に走れます。

半蔵門(3.9km地点)

千鳥ヶ淵公園の南端が半蔵門です。東京メトロに半蔵門線がありその名前でそれなりに知られていますが、実際の半蔵門を見る機会はあまりないかもしれません、厳重警戒されています。

この辺からは下り坂になります。そして、最高裁判所、国会議事堂前の交差点をかすめつつラストスパートです。私は、、、両足ついているのでこのタイミングでは競歩ですね・・・

警視庁(5.0km地点)

ゴール間近のこの建物は警察系のドラマでよく出てくる警視庁です。上の写真でも警視庁は写っていますが、何気に半蔵門から1km強の距離があります。

桜田門(5.4km地点)

桜田門外の変で有名ですね。ゴールです。

門は二重になっています。石垣もさすが江戸城、他の城跡に比べてかなり緻密に作られているのが分かります。

皇居ランナーはここをスタート、ゴール地点としている方が多いようです。多くのランナーが、準備、整備していました。そしてここのお堀でも白鳥が優雅に泳いでいました。

初めての皇居ランは45分でした。と、5.4kmとすると平均速度は7.2km/hです、ちょっと寄り道しすぎですがまあいいか。距離的にそれなりにあるので完走をまずは、、、と思っていましたが特に辛さはありませんでした。最後が下り坂というのもよかったのかもしれません。

日比谷公園

クールダウンを兼ねて、日比谷公園を通りつつホテルに戻りました。銀杏の落ち葉で黄色の絨毯の様になっており秋が感じられました。

まとめ

せっかく皇居隣接ホテルに滞在、暴飲はしないけど暴食をするということで、滞在翌朝はカロリー消費も兼ねて初めての皇居ランにチャレンジしました。

ホテルからはドアtoドアで6km程度とそこそこ距離はありましたが全然辛い感じはありませんでした。ルート自体は(だからこそ人気なのでしょうが)幅が広めの歩道がちゃんと整備されており、景色も壮観、いろいろランドマークもあり、信号もなく飽きずに楽しめました。その走りやすさも印象に作用しているかと思います。皇居ランの人気が分かった気がします。

とはいえ、日常的にここまで移動してきて、、、というところまでのモチベーションにはつながらないということで、今後も終了後すぐにシャワーが浴びられる時にはまたチャレンジしようと思います。ペニンシュラに限らず、皇居周辺には他にもホテルがたくさんありますので、滞在して暴飲暴食する方で、そのカロリーを少しでも消費したい方は、皇居ランいかがでしょうか?

さて、私たちはシャワーですっきりした後は、ペニンシュラブレックファストをルームサービスでいただきます。

にほんブログ村 旅行ブログへ 

関連記事

気分はゴージャスな香港 ペニンシュラ東京