Royal Maxim Palace Kempinski Cairo (ロイヤルマキシムパレス ケンピンスキー カイロ) : 朝食 The State

アーリーチェックインが9時にチェックインし、「もしよかったら朝食もどうぞ」ということで、折角ですのでお言葉に甘えて(翌朝と合わせて計2回)使わせて頂きました。このホテルはクラブラウンジが小さいのでクラブラウンジでは朝食サービスを提供していません。ラウンジアクセス付の予約の際も朝食はこの1階にあるオールデーダイニングThe Stateを利用することになります。

インテリア

ピラミッドの国エジプトをイメージしてか石造りの重厚な感じです。スペースも広々しています。

中庭に面していますが、大きいですので直射日光が入り窓辺は明るいです。

メニュー

ウエスタンスタイルに加え、中東っぽい豆系のスープやフムスなどの料理やスイーツも充実していました。

生野菜、魚の燻製のようなものも、そして我らが日本の巻き寿司も、、、日本食人気はエジプトにも来ているようです・・・

フルーツで嬉しかったのは、イチジクとナツメヤシがあったこと、☆熟していてジューシーで甘い。そして、ドライフルーツのデーツとして大好物のナツメヤシが生なんて初めてで大興奮!!干し柿と生柿の違いですが、ナツメヤシの実は生でも砂糖かと思うほど甘くて美味しかったです。

エジプト系のペストリー、サクサクしっとりなパイ生地を重ねたものにシロップやクリームをたっぷりかけて頂きます。

もちろん普通のパンコーナーも充実。(今回の旅行では、蜂の巣をあちこちで食べることになりました)

到着したての朝

インテリアで掲載した窓辺の席で頂きました。機内食を食べてきているのであまりお腹が減っておらず、ちょっとずつ。全体的に茶色い感じです。せっかくなので、エジプト系のスイーツちょこちょこと。あとは野菜のグリル(ナスとトウモロコシ)とフルーツサラダだけ。

普段朝食を食べない私(旦那)の朝食。ピラフと揚げ春巻きって…オイッ!完全に中華料理とか恋しいモードじゃないか。しかもあっさりさせるためにライムを持ってきている。。。

翌朝… 改めて朝食を頂きます

昨日美味しかったペストリーに野菜とおかずを少々、フルーツがメインです。

左手にある黄色い実がナツメヤシです。若干固くて皮が分厚い柿の超甘い版でした。実も固くてチューチュー吸って吐き出す感じで、どちらかというとサトウキビのような食べ方になりましたがこれがあっているのかどうかは不明です。イチジクとブドウでクレオパトラ気分。

お寿司と野菜の燻製も頂きました。意外と臭みも無く美味しかったです。

そんな中、普段から朝食を食べない私(旦那)はというと…パンとジュースのみ!!風景撮って遊んでるし!!
→ 紅茶も飲みましたー (‘ω’)ノ by 私(旦那)

2ターン目は、、、

結局、またパンだけかいっ!!…ホテル予約時に朝食を付けるか迷うのは、こういうとこです。

まとめ

今回アーリーチェックインができ、その際朝食も可能になるのは価値が高いかと思います。ただし、出来なかったことを考えると、これをあてにして行動するのも危険ですので注意が必要かと思います。

The Stateのメニューは、ウエスタンから、インターナショナル、料理の種類も豊富で、特にエジプト、アラブ色の強いメニューも充実しています。雰囲気もいいですしスタッフの対応もなかなかです。コーヒー紅茶の飲み物のオーダーも提供もすぐ来ますし、空いた皿があればすぐ片付けてくれます。非常に満足できました。

パンも美味しいです! (‘ω’)ノ by 私(旦那)

関連記事

ホテルトップ

関連記事

エジプトは、2011年の革命からの政治不安、2013年の大統領解任に伴う支持者デモにおいては数百人の死者を出し夜間外出禁止令が発令されるなど一時期は観光ができるような状況ではありませんでした。いまなお、根本解決には至っていませんが、一時に比[…]

 

前の記事へ 旅行記トップへ 次の記事へ
最新情報をチェックしよう!