Pan Pacific Tianjin (パンパシフィック天津) : 部屋 Pacific Club Suite

アサインされた部屋は20階でした。クラブフロア自体はもっと高層の数フロアですが、Suiteは各階に1部屋しかないこともありその限りではないようです。部屋の向いている方向は開けているので、階による眺望、日当りへの影響は軽微です。

Pacific Club Suite

非常にモダンな内装です。ワイドスパンの部屋でリビングエリアとベッドエリアが緩やかに区切られています。使い勝手としては一般的にはStudioタイプ、Junior Suiteタイプと同等で、完全に分離しているタイプに比べると自由度は低いです、その分開放感が感じられます。

リビングスペース

リビングスペースは、3人掛けのソファーと1人掛けのチェア、テレビは壁掛けでそれぞれの配置もオーソドックスで使い勝手は良いです。

ソファーの背後には大きめのワークデスクが置かれています。

窓のブラインドは、直射日光を遮るものと、完全な遮光の2種類あります。

デザイン上窓の数が非常に多いので手間と思うかもしれませんが、大丈夫です。電動スイッチ一つで開け閉めできます。意外と考えられていて、制御はリビングスペースとベッドスペースで分かれており、それぞれ独立して開け閉めできます。

窓の反対側、入り口の扉の隣には、ミニバーと(隠れちゃっていますが)ウォークインクローゼットが配置されています。

ベッドスペース

ベッドスペースもモダンに仕上げられています。

リビングスペースとの仕切りはほぼ透明のアクリルと荒い格子です、デザイン性は高いですが音も光も遮蔽されません。

サイドテーブルのライトは天井からの吊り下げ、リーディングライトも天井埋め込み、このレイアウトありきで電気工事までしているということですね、足元にもリビングエリア同様壁掛けテレビがあります。

ウォークインクローゼット

ハンガーも十分、スーツケースを広げて置いておくスペースもあります。反対側の棚には、セーフティーボックスもあります。荷物を目に見えない所にまとめておけるので部屋が散らかることもなく快適に過ごせますね。

姿見、椅子までありますので、服が決まらない場合もとことん検討できます。

バスルーム

ベッドスペースからさらに奥に水回りがまとまっています。入ってすぐのところが洗面スペース、ダブルシンクですが、デザイン性の高い形で中央に鏡、向かい合った形になっています。窓を潰さずにダブルシンクを配置するために工夫した感じです。

右側にトイレ。トイレにも窓があり明るいです。

左側にお風呂があります。シャワーとバスタブ、洗い場が仕切られた日本と同じタイプのレイアウトです。ハウスキーパーに無駄な労力をかけないように窓に水がかからないように気を付けましょう。

窓からの眺め

リビングスペース、ベッドスペースからは川と反対側の住宅街しか見えません。大型ショッピングモールみたいなのは問屋街でした。

バスルームからは川とランドマークになっている観覧車天津アイなどが見えます。

夜は夜景が綺麗です。

サービス

ローカルアメニティ

リビングエリアの机の上にはいろいろなものが置かれていました。

フルーツのバスケットが二つ、天津名物のねじねじを含むお菓子がいくつか、本格的な中国茶のセット。GHAのベネフィットなのか、クラブルームのベネフィットなのか区別がつきません。

ランドリーサービス

Pacific Clubには1泊あたり2枚までのランドリーサービスがあります。確か10時までに出せば当日中の仕上がりになります。仕上がったものは、部屋の掃除された際に、ベッドの上にバスケットで戻されていました。

まとめ

モダンな作りで快適に滞在できます。リビング、ベッドルームは十分な広さ、ウォークインクローゼット、水回りも十分な機能、そしていずれも窓がついており明るい空間です。あとはキッチンがあれば住めます。窓からの眺めもなかなかです。

GHAの特典かPacific Clubの特典か、はたまた標準なのかもしれませんが食べ物は十分、本格的なお茶は使うと補充されました。1日2枚は若干少ないですがランドリーも有意義でした。

関連記事

ホテルトップ

関連記事

天津と言えば、、、天津飯 → 中華料理に天津飯というものはありません、天津飯は日本で勝手に作られたもののようです。天津甘栗 → これはあります。でも本来は甘栗の積出港が天津だったのでそう呼ばれているようで多くは北京で作られており、甘栗自体は[…]

 

前の記事へ 旅行記トップへ 次の記事へ
最新情報をチェックしよう!