日光金谷ホテル : フルブレックファストに正月特典おせちで和洋折衷の朝食

前日はフルコースでお腹いっぱいですが、旅先で朝早く目が覚め、オープン直後の7:30過ぎに朝食会場であるメインダイングに訪れました。

インテリア

まだまだお客さんが少ないので昨晩撮れなかったインテリアを。大谷石でできた暖炉です。

上部には金谷ホテルの彫刻の中でも最大級の彫刻のようです。テーブルのサイズから考えると確かに大きいですね。暖炉自体、今は蓋をされているので使われることはないのでしょうがインテリアのアクセントとしてもなかなかです。

ダイニングはかなり大きめです。奥の天井付近にも彫刻が、柱もよく見ると彫刻されており凝っています。

昨日とは違うテラス的な席に案内いただきました。窓側からアサインしていくようですので、窓側希望の方は朝早く訪れるのがいいかもしれません。テーブルセッティングもしっかりしています。朝食ではテーブルクロスは省略するホテルも多いのですが金谷ホテルではちゃんと敷かれています。今回おせちがあるということでお箸も用意されています。

メニュー

いきなりですが、全部一気に到着してこんな感じになりました。雑煮は席についてすぐに用意するか確認があり「それでは」とお願いしてしまいましたが、ちょっとずらして洋食が終わった位でオーダーした方が良いかもしれませんね。温かいものは温かく、食べ進めるのが忙しくて大変でした。

フルブレックファスト

パンは日によって異なるようですが私たちが訪れた日は食パンとクロワッサンでした。おかわりもできるようですが、今回は、おせちビュッフェ&雑煮でおかわりする余裕はありませんでした。

卵料理の調理の仕方と付け合せの付け合わせを選ぶ形になります。卵料理は、ふわふわのオムレツが名物のようですので、私(旦那)、私(嫁)ともオムレツを注文。付け合せは、私(旦那)がベーコン、私(嫁)がハムを選びました。他にチョリソーが選べます。

オムレツは綺麗なアーモンド形です。確かにトロトロ&ふわふわです。冷めないうちに頂きます。

正月特典おせちビュッフェ

おまけ程度と思っていたらなかなか豪華でした。席についてすぐに今空いているからどうぞと言われて行ってみたら一番乗りでした。

私(旦那)の大好物である数の子も山盛りです。

こちらは、日光名物のゆば巻き、初めてです。

えび&蟹。蟹はかなり大ぶりのたらばを1匹まるまるバラしたようでした。貴重な爪2つのうち1つをいただきます。

分担して取ってきました。カニ足、えびの1つは私(嫁)のです。このお皿ですが、小皿に見えてしいますが24cm位ある結構なサイズのお皿です。蟹の大きさがなかなか伝わりにくくてざんねん〜

私(嫁)は、珍しく「なます」など取っています、昨晩のディナーで胃もたれしていたのかな?ゆば巻きのは1つは私(旦那)用です。日光のゆばは思っていた以上に厚さがしっかりしており丈夫?な感じです。味はちゃんと大豆由来のゆばの味がします。

おせちと合わせて雑煮も振る舞われます。こちらもボリューミー、澄まし系でなかなかしっかりとしたお味でした。洋食レストランと思っていましたが和もいけるんですね。

ヨーグルト?なぜかこれもおせちビュッフェにならんでいました。

まとめ

いやー、フルブレックファストだけでもなかなか上品な形で満足できたと思いますが、おまけのおせちブッフェ&雑煮も予想以上の品質で驚きました。昨日のディナーもヘビーで、朝からこの分量、ほんとギリギリでした。ハイシーズンレートの差額分の価値は十分にあったと思います。

関連記事

ホテルトップ

<作成中>

 

前の記事へ 旅行記トップへ 次の記事へ
最新情報をチェックしよう!