ホテルニューオータニ博多

2016年に計画した際には、あまり考えずに福岡にはヒルトンがあるからという理由で「ヒルトン福岡シーホーク」にしていましたが、中心部から少し離れており観光を目的とした場合にはちょっと不便かもということで再考し、今回は「ニューオータニ博多」にしました。正月三が日にも拘らず、食事付のプランも比較的安価で提供されていたので食事付にしました。

門司からは、在来線で小倉に、コインランドリーロッカーの荷物をピックアップして、新幹線で20分です。あっという間です。

立地

こちらのホテルは、天神から一駅(十分歩ける)、大宰府に向かう西鉄の駅も徒歩圏、博多駅からもバスORタクシーですぐです。結果非常にアクティブに活動できました。

部屋

なぜかダブルよりもツインの方が安かったのでツインで予約しました。オーソドックスなタイプでした。快適に過ごせました。

モダラートツイン

普段緑茶は飲まないのですが、日本のホテルで湯呑があるとなぜかお茶を入れてしまいます、、、日本人であることを再認識する瞬間です (^^)/

デスク周りはコンパクトにまとまっています。

中層の建物で周りも同規模の建物が多いので眺望はありませんが、目の前はかなり大きな交差点ですので圧迫感はありません。

朝食

最上階の和食にする予定でしたが、和の食事が多いので、急遽1Fのレストランで洋食ブッフェにしました。

関連記事

ニューオータニ博多は、相当朝食に力を入れています。コロナ禍である2020年8月現在でも変わらず、洋食ビュッフェと、和食のセットメニューで頑張っています。普段朝からそれほど食べる訳ではないですがここまで書かれると期待しちゃいます。 [b[…]

その他特徴

ウエルカムギフト

エクスペディアの予約特典で、ミニバーのドリンク2本をウエルカムドリンクとして、あとは1階の売店でクッキーをもらいました。

八女茶とクッキー、あと1本は、初詣から帰って来てからRED BULLにしました。

ロビー

基本設計の古さは否めませんが落ち着いており十分です。1月3日でしたので正月飾りが飾ってありました。

まとめ

さすがニューオータニの安定感、部屋も朝食もちょっとしたギフトも派手さはないですが基本に忠実、印象はなかなかいいです。今回は、1泊のみ、門司から打擲して、ディナーも外、その後夜中に太宰府天満宮、翌日午前中は、住吉神社 → 櫛田神社 → 中洲 → 天神と散歩しましたが、外出が億劫にならないアクセスの良さもこのホテルの特徴の一つかと思います。

非常に満足できました。

 

前の記事へ 旅行記トップへ 次の記事へ
最新情報をチェックしよう!