奈良ホテル宿泊の翌朝は、前日ディナーを食べたダイニング三笠で朝食を。この日は奈良観光バスの終日の「斑鳩・西ノ京ツアー」に参加しますので張り切って腹ごしらえを。朝の7:30となかなか早い時間に向かいましたが、すでに結構なお客さんで賑わっています。

メニュー

朝食は大きく、洋朝食と和朝食が選べます。私(嫁)が洋朝食を、私(旦那)が和朝食となりました。

洋朝食

ジュース、サラダ、ヨーグルト、フルーツ、シリアル、メイン、パン、コーヒーと品数豊富です。ジュースは、オレンジ、トマト、グレープフルーツ、ミルクの中から選択でき、オーソドックスにオレンジで。

メインは、プレーンオムレツ、フレンチトースト、エッグベネディクト 奈良ホテルスタイル、スモーク香る豚肩ロースのステーキから選択できます。

私(嫁)は普段からエッグベネディクトがお気に入りですが、ここではさらに奈良ホテルアレンジということでエッグベネディクト1択です。

オランデーズソースの酸味成分レモンの代わりに奈良漬を使っているということで、酒粕の香りが奈良ホテルスタイルです。ご当地感があってこれはこれでいいですね。

和朝食

和朝食も品数豊富です。ご飯は、白米か茶粥が選べます。茶粥が名物ということなので茶粥にしてみます。緑茶の香りがよく目が覚めます。

和朝食にも香の物として奈良漬があります。胡麻豆腐もホテル自家製ということで、いろいろ手間がかかってそうです。

まとめ

再びゴージャスなメインダイニング三笠で朝から盛りだくさんの朝食をいただきました。今日はこれから終日ツアーでお寺回り、歴史の勉強でかなり疲れるはずなので、ここでしっかりと栄養補給しておきます。

選択肢は、大きく洋朝食、和朝食、それぞれで、メイン、ご飯が選べます。ご当地感のある選択肢もありますので、ほとんどが観光で訪れる方だと思いますが、そうした観点で選んでみるのもいいかもです。ボリュームとしては、和朝食の方がボリューミーですので、量を求める方は和朝食がいいかと思います。

関連記事

ホテルトップ

奈良ホテル

 

← Previous 旅行記トップ ↑ Next →