Kempinski Shenzhen Hotel (ケンピンスキー深セン) 部屋 : Premium Room?

もともとDeluxe Roomを予約していて、チェックインの時に部屋をアップグレードしたと言われたのですが、実際イマイチ違いがわかりません。

西向きの部屋で、夕方3時過ぎにチェックインしたので夕日が眩しいくらいでした。

部屋 : Premium Room?

差異がよく分からないのですが広さは十分で快適でした。

窓も大きいですが、窓掃除があまりされていないので汚れが気になります。これは日本以外では結構あるあるな状態です。

なぜかダブルよりもツインベッドの方が安かったのでツインで、窓側にカウチソファとワーキングデスクが配置されています。

水回り

独立したシャワーブースがあり広さも十分でした。ホテル自体は結構古そうですが水回りはリノベされているのかな?予想以上にきれいでした。

アメニティ

そして、福田 → 東門・羅湖 → 中国民族文化村と歩き回って(おそらく20,000歩位いってたのでは???)疲れた足にやさしいのがこちらのふかふかのスリッパです。スリッパは2つありましたが、1つは赤い印、もう1つは青い印がついており、区別がつくようになっています。これは他のケンピンスキーでも見かけた気がしますが、どっちがどっちと分からなくなってしまうのを防げていいですね。

ウェルカムフルーツの梨とどこかで手に入れた饅頭(これも置かれていたのかな???)をコーヒーと一緒に頂き、一息つきます。

と、ピンポンが、、、

GHA Discoveryの特典と思われるスイーツ&フルーツが届きました。あー、なかなか豪勢な感じです。中国でマカロンを見たのは初めての気がします。ありがたき幸せ。。。

眺め

部屋は、西側、繁華街のある海岸城側でした。上から繁華街の歩行者がよく見えるので、結果的に夕食前、夕食後、夜と3回もくり出してしまいました。窓が汚れているので乱反射してしまっています。

夜はこんな感じで華やか、つい誘われてしまいます。

遠くには、 保利剧院(劇場)の卵型の奥に高層ビル群が望めます。

まとめ

いっぱい歩いて辿り着いたケンピンスキー深センの部屋は、十分広く、レイアウトもオーソドックスで快適でした。疲れた足に優しいカーペット敷&ふかふかスリッパが地味にありがたかったです。

と言いう状況でしたが、最終日前日ということでめい一杯愉しむために、窓から見える繁華街に3回も出かけてしまいました。これは立地の良さと窓からの景色の効果?弊害?ともいえるかと思います。

一応、ディスカバリーのロイヤリティプログラムも意識されているようで、スイーツのデリバリーもあり満足度は高めでした。

関連記事

ホテルトップ

関連記事

東門、中国民俗文化村と2万歩歩きヘロヘロになって本日のお宿ケンピンスキー深センにチェックインします。 立地  ケンピンスキー深センが立地する后海(ホウハイ)は、深センの中で古くからの繁華街である東門・羅湖、ビジネス中心地CBDで[…]

 

前の記事へ 旅行記トップへ 次の記事へ
最新情報をチェックしよう!