Kempinski Nile Hotel Garden City Cairo (ケンピンスキー ナイル ホテル) : Nile Junior Suite

GHAディスカバリーのベネフィットで予約したDeluxe Nile Room(デラックス ナイル ルーム)からNile Junior Suite(ナイル ジュニア スイート)にアップグレード頂きました。

部屋

リビングとベッドルームが開き戸で繋がっている面白い作りです。全体としてパステルブルー(一部パステルグリーン)という色合いで統一感があり暑いカイロにおいて涼しげです。広さ的には56m²ということでそんなに広くはないです。

リビングルーム

2人掛けのソファ、1人掛けのソファが一つづつ、あとワーキングデスクがあります。広くはないですが、天井のシャンデリアやモールディングなど作りは悪くないです。

入り口側にTV&チェスト左奥にはミニバーがあります。冷蔵庫の中のソフトドリンクは無料ということで案内がありました。暑いカイロでは助かりました。

ベッドルーム

こちらも広くはないですがリビングとゆるやかに繋がっていますので圧迫感はありません。模様が入った壁紙とこちらもシャンデリアがインテリアのいいアクセントになっています。

バスルーム

ベッドルームから繋がってバスルームが。ダブルシンク、その奥にバスタブがあります。全体的に造作もきれいで清潔感もありロイヤルマキシムより好みです。

手前にシャワーブース、トイレがあります。ただし、トイレはトイレットペーパーを流せないタイプでその点注意する必要があります。事前に説明がなかったため流していたら水流が弱くなりました。

トイレ脇にゴミ箱的なものがあるのに気付きそれからは流さないように注意していましたが最終的に詰まってした(T_T)。 エンジニア呼んで直してもらいました。ロイヤルマキシムは流せましたのでカイロ全体で制約になっているという訳でもなさそうです。旧市街がダメなのかこのホテルがダメなのか、、、

部屋からの眺め

6階でしたのでちょっと木が掛かりましたがナイル川、ナイル川に架かる橋、ナイルタワーなど部屋から臨めました。この写真を見るだけで暑さを思い出します、、、カイロの日中は日差しがほんとに強いです。川の右側の袂にある茶色の高層ビルはヒルトンです。ヒルトン派の方はそちらに、ここより大規模です。

夜はカイロタワーや川沿いに停泊しているパリピボートのライトアップがきれいです。朝まで消えずについていました。

サービス

ミニバーのソフトドリンクが無料です、コーラ2本とスプライト2本が入っており毎日補充されます。カイロは物価が安いので金額面でのメリットは大してないですがのどが渇いた時に気軽に飲めるので便利ですね。ピラミッドツアーから到着して早速、、、

ウエルカムフルーツは山盛り、さすがにパイナップルはカトラリのナイフじゃ無理っしょ (-_-) あと手前のお皿、Lays(ポテチ)は自前で足してますが、ローカルペストリーも用意されていました。到着日はなんだかんだでもう14:30ですし、外はすごい暑さですのでお昼はこの軽食で済ませて一旦体制を整えることにします。

ウエルカムフルーツの中にマンゴーがあったので、マンゴータンゴ流の切り方を試してみます。見た目はまあまあですが、甘味はさすがに負けますな。。。

あと、ここはランドリーが非常に安かったです、プライスリスト撮ってくるの忘れましたが、確かTシャツとか300円程度、下着類はもっと安かった気がします。

これを知っていれば、ロイヤルマキシムでわざわざ手洗いする必要なかった・・・、是非活用ください。

まとめ

ここの滞在は、午後到着の2泊後、最終日は朝6:00発でしたので滞在は短めでした。そんな中、ナイル川を堪能できるように部屋からナイル川が見える部屋を確保していました。アップグレードでもナイル川側の部屋で目的を達成できました。部屋はこじんまりしていますが、色合いもきれいで喧騒のカイロでのオアシスになりました。

関連記事

ホテルトップ

関連記事

ピラミッドのツアーガイドAndrewからは、ブティックホテルと言われてしまったケンピンスキーナイルです。ブティックホテルという言葉自体は必ずしもネガティブな言葉ではないですが、若干小規模というニュアンスの表現で使われました。一応200室弱あ[…]

 

前の記事へ 旅行記トップへ 次の記事へ