Grand Hotel Wien (グランドホテルウィーン)

ジリリリリ!!!

チェックインを終えて部屋でくつろいでいると、優雅なウィーンの5スターホテルには似つかわしくないけたたましい音量で非常ベルが鳴り響きます。

今すぐに全員避難するように!避難はエレベータは使わず最寄りの非常階段を!

無機質でシリアスな内容のアナウンスが繰り返し流れます。

今までこうした状況に出くわした際は、大抵非常ベルが押されたり何らかの誤作動が原因で1分もしないうちに訂正や確認中のアナウンスに変わります。そんなとこだろうと思ってしばらく(2分程度?)様子を見ていましたが状況は一向に変わりません。半信半疑ではありますが念のためこれは従っておいた方がいいかもということでパスポートと財布+α の必要最低限の貴重品を持ち避難指示に従います

まずは、扉に掲げられているエマージェンシーのマップで非常口を確認します。部屋を出て右の二つ目の扉が非常階段の入り口のようです。

流石に避難訓練以外で非常ベルで実際に避難するのは初めてです。こんな時でも半分疑っていたので写真を撮りつつ進みました。

扉をゆっくり開け外を観察、煙や熱は感じません。館内はカーペット敷きで落ち着いた感じでゴージャスですが、実際には耳障りな非常ベルが鳴り響いています。玄関を出て非常階段は2つ隣、非常口はあそこか、、、

客室の扉と同じく白い装飾のある扉を押して侵入するとそこは、、、

殺風景な鉄骨とリノリウムタイルの階段でした。大規模ショッピングセンターの階段と同じ感じです。隠れた部分はこんななのね。。。踊り場には避難経路を塞いではいませんが一部什器が置かれていたり、本来客が通る動線ではないバックステージ感があります。

私たちは最上階の6階(ヨーロッパでは1階はグランドフロアなので実際7階)に泊まっていたので結構な階数を降りる必要があります。途中のフロアから同じく滞在者と思われる方が若干ピリついた表情で合流してきます。1階まで一緒に降りたところで、こっちだこっちだと警備員らしい人の手招きで外に出ます。。。

避難開始から1分強程度で外に出られました。すでに多くの従業員と一部の宿泊客が外に避難していました。

でもくっちゃべっていてそれほど深刻な状況には見えません。(ちなみに写真中央のリュックを背負った方が一緒に外に出てきた人です。)

で、、、何なのかをスタッフに確認すると、、、避難訓練だと。。。(+_+)

少しはこのパターンは予想してたとはいえ、事前の通達なしにゲストを巻き込んでリアルな避難訓練するか?やるなウィーン!(多分条例かなんかで決まってるのかな???)。確かに予め伝えてたら訓練にもならないし、本来客も含めて訓練すべきですが、高い金払って寛いでいるゲストを含めて実施するのは多くの国では2の足を踏みそうです、多分日本もやってないでしょうね。

まあ、おかげでいい経験になりました、非常口サインなどは万国共通ですし、旅行先で火事などで避難が必要になった際はこういう感じになるのねと。事前に把握していたわけではないですが、動線は初めてでも迷わないように出来ていそうという感覚もつかめました。


というレアなイベントに巻き込まれたグランドホテルウィーンを紹介します。

グランドホテルウィーン

オペラ座近くリングに面した便利な立地の5つ星ホテル グランドホテルウィーンは、そんなに大きくはありませんが創業1870年、150年の歴史を持つ老舗ホテルでです。バブル末期の1991年にANAが取得、2002年まではANAグランドホテルウィーンとして運営されていた経緯があります。(こんなニュース記事が残っているのを見つけました。2002年の売却時は130億円ということです、意外と安い印象ですね・・・)

そんな経緯もあってか、部屋の避難経路の案内やレストランのメニュー、今回の避難放送に関しても日本語がありました。こうした点において日本人にとっては非常に優しいホテルと言えるかと思います。

今回の旅行では、当初ケンピンスキーにする予定でしたが、ケンピンスキー は立地が不便だったのと、こちらが直前に朝食付きで32,500円という物価の高いウィーンの5つ星ホテルとしてはなかなか破格のレートが出たので急遽変更しました。

立地

グランドホテル ウィーン はオペラ座や楽友協会などが集まる、リング南側に立地します。地下鉄は、カールスプラッツから徒歩2分、前回泊まったザッハーとも徒歩2分です。ザッハーの方が便利ですが、こちらの建物の地下にはスーパーなどもあり、違った便利さがあります。

 

ロビー

客室数は300で規模自体はそれほど大きくなくロビーもゴージャスさはそれほどないですが、クラシックでなかなか落ち着いた雰囲気です。

部屋 : デラックスルーム

デラックスルームに泊まりました。スタンダードよりちょっとだけ広い部屋になります。6階の部屋でしたが階段での避難は大変でした。

関連記事

ブダペストから昼前に移動、15:00過ぎにチェックインし、何の連絡もなく避難訓練に巻き込まれた後はゆっくり出来ました ^ ^  6階最上階の北向きの部屋でした。避難が必要な状況に遭遇した際は早めの行動を。 Deluxe Room 居室 […]

朝食@Grand Brasserie

朝食会場は2階のレストランになります。朝食では省略するホテルが多いですがテーブルクロスがちゃんとひかれ、カトラリーもシルバー製でこちらも落ち着いた雰囲気でなかなか良かったす。ビュッフェの他にオーダーメニューも充実しています。

関連記事

さすがに150年の歴史あるホテルの朝食会場ということで、テーブルにはテーブルクロスがちゃんとひかれ、カトラリー類もシルバー製、テーブルには生花も飾られています。かなり優雅な雰囲気の中で朝食がいただけます。今回の13泊14日の長旅の最後の朝食[…]

ショッピングセンター&スーパーマーケット

このホテルのメリットの一つは、ショッピングモール&スーパーマーケットが同じ建物に入居していることです。エレベーターで1階まで降りてロビーと反対側の扉からでるとそこがショッピングセンターです。ブティックなどのテナントはあまり使う機会はないかと思いますが、地下のスーパーは、日々の飲み物やお菓子、お土産なども売っており非常に便利です。

まとめ

今回ウィーン滞在は1泊のみ、当初予定していたケンピンスキーが繁華街から離れていて不便なのと、このホテルが直前に朝食付でお安いレートを出したので急遽変更しました。朝食の値段がEUR 36/人(4,500円)であることを考えると、ルームチャージは実質23,500円程度です。ホテルの規模的には、中規模で派手さはあまりありませんがクラシックな感じで、立地も便利、部屋も十分広く快適に過ごせました。避難経路も分かりやすく避難放送も日本語でのアナウンスがありますので有事の際も安心かと思います。

 

前の記事へ 旅行記トップへ 次の記事へ
最新情報をチェックしよう!