Categories:

GHAのサイトと公式サイトで部屋の名称が異なりややこしいのですが、もともと「Club Deluxe King」(GHAの記載)もしくは「キング(エグゼクティブフロア)」(公式サイトの記載)の部屋を予約していましたが、GHAブラックの特典で「デラックスキング(エグゼクティブフロア)」(公式サイトの記載)に2ランクアップグレードしていただきました。

また、予約確認書(メール)にて、事前に朝9時からのアーリーチェックインと18時までのレイトチェックアウトが可能な旨ありましたので、10時前くらいにはチェックインさせていただきました。

アサインされた部屋は、特にリクエストしていませんでしたが好みのエグゼクティブラウンジと同じフロアで、外出時、帰宅(ホテル)時にちょこっと立ち寄れ非常に便利でした。

デラックスキング(エグゼクティブフロア)

広さ42.6 ㎡ありますが、後述のバスルームが広いので、居室自体はオーソドックスといえばオーソドックスです。ブラインドが下されていますが、非常に大きな窓も特徴かと思います。

窓側には二人がけのカウチとコーヒーテーブル、ダイニング・デスク兼用の丸テーブル&チェアです。壁側のカウンターにはステーショナリーと電源などがまとまっています。

朝早くの到着でしたが、コーヒーテーブルにはすでにウエルカムアメニティなどが用意されていました。

ウエルカムアメニティは、いちご、フィナンシェ、チョコレートクランチ、金平糖、日本文化の紹介本「うつくし 2020 Special Edition」(と、退かしちゃいましたがロクシタンのアーモンドのバスアメニティ)と盛り沢山です。

ベッドの正面には大型のテレビと、その右側の扉の中は、、、、

コーヒーメーカー、食器類などでした。コーヒーカップは標準サイズとデミタスが用意されています。それとは別にお茶用のカップやグラスも数セットあり使っても足りなくなることはない感じです。

下段はミニバー(冷蔵庫)になっています。多少はスペースがありゲスト持ち込みの飲み物なども入れられます。

バスルーム

テレビ左側の扉の先がバスルームになります。こちらにもそこそこ大きめの窓があり明るく開放的です。最近渋谷は一気に再開発が進み、駅前に立った高層ビルの視線が気になるもしれません。その場合はちゃんとブラインドがありますので大丈夫です。バスタブ左側には独立したシャワーブースもあり使い勝手はいいです。

バスタブの右手側は洗面台です。シングルボウルで台の上はちょっとごちゃっとした感じですが、これはアメニティ類が鏡に写ってるからですかね・・・アメニティ類は蓋付きのケースにでも入れた方がすっきりするかもですね。。。

ターンダウン後ですので上の写真と若干異なりますが、バスアメニティ類は十分、女性用の基礎化粧品類もあります。シャンプーなどはロクシタンのメール&ミストラル、爽やかな感じで夏に向けてはいいですね。

これと別にGHAの特典で、同じくロクシタンの「アーモンド」も1セットありましたので、シャワーに10回くらい入ってもなくならないくらいの分量がありました。

洗面台向かって右側にはトイレがあります。ウォシュレット完備で快適です。このバスルームの中でトイレ部分は扉で仕切られておらず大空間ですので落ち着かない方もいるかもしれません。

クローゼット

玄関側には、1畳くらいのウォークインクローゼットがあります。今回は一泊だけでしたので荷物もボストンバッグ1つとトート1つのみでしたが、大荷物でも部屋を散らかさずに荷物を扱える十分なスペースかと思います。

ターンダウン

コロナの状況ですので、ターンダウンはゲストの希望に応じての対応になっています。チェックインの時に説明があり、希望する場合は合わせて希望の時間を聞かれます。外出の予定などがあればその時間にお願いするのがいいかと思います。

ターンダウンは、ホテルにより対応範囲が異なりますが、このホテルは相当快適にしてもらえます。ブラインド&照明、ベッドまわりの整理は当然のこととして、使用済みのコップ類やゴミ箱のリセットなどに加え、バスルームのアメニティ、タオル類なども一通り補充されます。今回は朝早くからの滞在で結構いろいろ使って散らかり気味でしたが再び寝る前に快適な環境に戻していただきました。

眺め

35階からの眺めは絶景です。北西向きの部屋でしたが、渋谷センター街から、代々木公園&明治神宮の緑、新宿の高層ビル群まで見渡せます。北向きは日光が入らず寒く、暗い感じになりがちですが、ホテルの場合は、セントラル空調ですしそうした懸念はなく、景色も順光で綺麗に見えるメリットの方が引き立ちます。

夕方には、あまり高層ビルのない、東京西部の住宅街に沈む夕日が綺麗に見えました。

バスルームからの眺めは北から若干東方向を向いており、都心方面の都会的な眺めでした。セルリアンタワーを抜いて渋谷で1番の高層ビルになった渋谷スクランブルスクエア(左側)、Googleの日本法人が入居している渋谷ストリーム(右側)に加え、昼間はあまり気づきませんでしたが、夜にはそれらの間にライトアップされたスカイツリーが見えました。右端には東京タワーも見えておりなかなかの夜景が楽しめます。

このホテルでは、東西南北どちらの方角にも部屋があり、どの向きになるのかは運次第ではありますが、いずれの方向でもそれなりに楽しめるかと思います。ラウンジからは、南方向が見えますが、比較的低層の住宅街が広がっており開放感があります。渋谷、東京らしい眺めとしては、やはり北側〜東側にかけてですかね。ただ、北向きは、中層だと板状のマークシティーとエクセルホテル東急に眺望が遮られる可能性があり難しいところです。

まとめ

GHAのベネフィットでデラックスキング(エグゼクティブフロア)にアップグレードしていただきました。居室の部分の広さはあまり変わらないかもしれませんが、広いバスルームには窓があって明るく快適な空間でした。

インテリア自体は、グレー&明るめのウッドでシックな感じ、落ち着いたソファー、床、壁もファブリックのやわらかい感じで好みの空間でした。高層階からの眺めも朝から夜景までバリエーション豊富で楽しめます。

GHAのベネフィットに関しては、パンパシフィックのパートナーホテルとしての対応にも関わらず、かなり徹底されており、ローカルアメニティなどもメインターゲットであろう外国からのゲストに向けて、日本らしさを意識した内容になっています。多分、折り紙や金平糖などは喜ぶでしょうね、金平糖はもともとポルトガル由来だったかな???でも今は日本の印象が強いですかね・・・

そしてハードに加え、ターンダウンの対応範囲も、想定以上かなりハイレベルな対応で寝る前には再び快適な環境に、、、大変満足できました。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

 

関連記事

ホテルトップ

喧騒の街のオアシス セルリアンタワー東急ホテル, A Pan Pacific Partner Hotel