グレータークルーガーの中でそこそこ交通の便がよく、個別手配でなんとかなりそうだったAM Lodgeですが、部屋もサービスも想像以上、サファリにおいてもプロフェッショナルで、ビッグ5をすべて見ることができ大満足の滞在となりました。

サファリでの生活

何気に忙しくなりがちなサファリでの生活、場合によってアクティビティ、食事など取捨選択することも重要です。

サファリライフは意外と忙しい@クルーガー国立公園

立地

ホエドスプルートの空港から20km位南の立地、カパマGRの南側、ソーニーブッシュNRの西側になります。周辺はこのAM Lodgeが運営するゲームリザーブになっており、ライオンやキリン、クドゥー、二アラなどに出くわします。メインロッジから離れたロッジの場合はメインロッジとのアクセスが車移動しないといけないのがちょっと面倒です。

部屋 : Superior Suite

8つあるSuiteの中で眺望が素敵なこの部屋を指定して予約しました。

ラックレート170,000円でのコスパは微妙ですが、ウィンターキャンペーンで100,000円であればそれでも高いですがなんとか許容範囲です、オールインクルーシブだし。Standard Suiteはラックレート100,000円でキャンペーン60,000円で、部屋以外のサービスは全て条件は同じということを考えるとこちらがコスパ最強かもしれません、次行くならそっちかな。

クルーガー国立公園 AM Lodge (AMロッジ) : Superior Suite

共用スペース

ラウンジ3箇所、ダイニング、バー、オープンテラス、見張り台、プランジプールなど、これらを積極的に活用するのであれば、徒歩で行き来できる部屋に滞在するのがいいでしょう。そういった意味でも次機会があればStandard Suiteですね。

クルーガー国立公園 AM Lodge (AMロッジ) : 共用スペース

スパ&ジム施設

8棟しかないロッジの規模からするとかなり充実しています。トリートメントも何気にしっかりしていました。充実した食事の一方でアクティビティは車に乗ってるだけで動かないのでジムで体を動かしましょう。

クルーガー国立公園 AM Lodge (AMロッジ) : スパ & ジム

食事

朝食

雰囲気最高、オーダーメニューで毎朝美味しい料理が食べられました。

クルーガー国立公園 AM Lodge (AMロッジ) : 朝食

ランチ

朝食が充実している&遅めなので、結局まともに食べる機会はありませんでした。

クルーガー国立公園 AM Lodge (AMロッジ) : ランチ

ディナー

3泊しましたが、3回とも違う場所での食事となりました。

ボマディナー

タイミングにより出くわすことがあるかもしれません。料理はバーベキューになってしまいダイニングでの料理に比べるとワイルド(大味ともいう)になりますがダンスショーなどはいい経験になります。

クルーガー国立公園 AM Lodge (AMロッジ) : ボマディナー

ディナー@メインロッジ

これが基本ですが、3コース形式で手の込んだ料理が堪能できます。

クルーガー国立公園 AM Lodge (AMロッジ) : ディナー@メインロッジ

スペシャルディナー@部屋

追加料金なしで部屋食可能です。メインロッジと同じメニューを部屋まで運んでもらえます。これはこれでロマンチックです。

クルーガー国立公園 AM Lodge (AMロッジ) : スペシャルディナー@My Suite

アクティビティ

朝夕のゲームドライブと、リクエストでウォーキングサファリ、星空観察ができるようですが、ゲームドライブのみで満足(しかも1回はキャンセル)しました。

AM Lodgeのサファリ概要

流石でした。これは素人には真似できない、プロフェッショナルでした。

南アフリカのサファリは相当プロフェッショナルだった

少なくともManyeleti  GRと自分たちで管理するAM Reserveでのサファリは行われています。他にも提携先がありそうでしたが私たちは行かずじまいでした。

クルーガー国立公園 サファリ : Manyeleti Game Reserve (マンイェレティゲームリザーブ)

クルーガー国立公園 サファリ : AM Reserve (AMリザーブ)

星空観察

勝手にテラスで堪能しました。

クルーガー国立公園 AM Lodge (AMロッジ) : 天体観測 〜天の川と南十字星〜

まとめ

3泊4日でしたがあっという間という印象です。設備、サービス、アクティビティとも文句なし、1泊100,000円は絶対的に高いですが、アクティビティを含んだオールインクルーシブであること、この非日常感を考えると納得の値段です。初日は4組、翌日以降2日間は貸切という閑散期ゆえの快適性も少なからずあったかと思います。冬のこの時期、朝晩の冷え込みは確かに厳しいですが、枯れ草の方が動物は見つけやすくサファリとしてもベストシーズンとされています。そのサファリも最初2回が、4人づつで2台に分乗、その後3回は私たちのみでの貸切という快適さでした。

事前の調査ではどこでサファリを行うかも分からず、どんな動物が見えるのかも不明でしたが、クルーガーNP隣接の歴史あるManyeleti GRとロッジの立地しているAM Reserveに訪れ、結果的にBig5を制覇できました。3年前に見られなかったシマウマ、ヌー、ハイエナも見られて大満足の結果となりました。アフリカサファリに個人手配で行こうという方は少ないかもしれませんがここは空港送迎も含まれており比較的難易度は低いかと思います。

 

← Previous 旅行記トップ ↑ Next →