北陸の大雪予報のため、小松空港行きのフライトを前日に早めて出発しましたが、引き返しとなりました。翌日(当初の初日)のリトライは飛行機よりは雪に強い新幹線としました。ガラガラでしたが、引き返して自宅に戻ったあと念のため予約しておきました。

 

かがやき501号

かがやき501号は、東京を6:16に出発、金沢に8:45に到着します。遅延を想定して朝イチの便に、朝の6時に東京駅までやってきました。

それでは車内に乗り込みます。

いや間違えました、グランクラスではありませんでした、こちらでした。

グリーン車車内

普段は東海道新幹線の利用が多く、北陸新幹線は2度目です。しかも1回は熊谷 → 東京ということで本格的に北陸に乗るのは初めてです。ライトは暖色系、シート、フロアは群青色で上品な感じです。

シート

よく乗る東海道新幹線とはデザインが大きく異なっており非日常感があります。頭まわりの張り出しが大きく、ヘッドレストも可動式、読書灯もシート上部についています。

シートのリクライニングやライトは、肘置き内側にあるボタンで全て電動です。フットレストもあり飛行機に近い感じです。100VのACコンセントもこの肘掛けにあり、携帯の充電やPCの利用などでも便利です。

トイレ

出入り口の手洗い&トイレも綺麗です。トイレの1つはマルチパーパスになっており、着替えや子供連れでの利用などにも配慮した形です。非常に快適でした。

機内食

グランクラスではないので特に機内車内サービスはありません。普段朝食は取りませんが、6時前の出発、到着まで2時間半ということで、東京駅でお弁当を1つ購入、シェアします。

東京駅の駅弁屋は早朝から大混雑でした。

そんな中から選んだのは、、、

ひっぱりだこ飯

私(旦那)希望で明石のタコ飯となりました。ここはいろいろありますが結局「森のいかめし」か「タコ飯」比率が高いです。

いつもの通り美味しくいただきました。

車窓から

昨日に続き、金沢を含む北陸地方は降雪の予報ですが、出発した東京はもちろん雪はなし。時間通りに出発、到着予定時刻も予定通りということです。。。どこから雪になるのか、、、遅延予定もないとは、北陸新幹線の強さに驚きです。

赤城山

出発して40分、すでにタコ飯はなくなっています。関東平野を斜めに縦断し、車窓からは山並みが見えてきました。高崎付近からは、朝日に照らされて赤く染まった赤城さんが綺麗に見えました。空はまだ晴天で2時間後に雪の中にいるイメージはまだありません。

浅間山

長いトンネルを抜け軽井沢を過ると浅間山が間近に。それほど高い山には見えませんが山頂は標高2,500mあり、山頂付近は雪化粧です。軽井沢自体がすでに標高は1,000m程度ありかなり壮観です。

長野駅

ちょうど長野駅あたりから降雪を確認できました。

徐々に建物の屋根も白っぽくなってきます。そして、長野駅から10分後にはこんな感じに。。。新幹線自体は特に速度を落としているわけではなく定常運行のようです。雪国に来た気がします。そして寒そうです。

上越妙高あたり?

完全な雪景色になりました。いやー、寒そうです。こんな感じの天気での観光となるとかなりシビアです。今回の旅行はどうなるのか、、、先ほどまでの景観とは大きく異なり若干不安になってきます。

糸魚川あたり

日本海が見渡せました。この辺は雪は降っていないようですが、屋根には積もっているのが見えます。日本海が久しぶりです。初めて???

富山駅付近

出発から2時間で、富山までやってきました。再び大粒の雪と共に、一方で、線路には水が撒かれており定常運行ができている理由がよく分かりました。

金沢駅

予定通りに金沢駅に到着です。そして、この鼓門(つづみもん)にご対面です。いやー、新幹線の雪への強さがよく分かりました。遅延する可能性も見越して朝イチの便にしましたが、8時半に到着してしまいました。そして雪も降ってはいますが思っていたほどではないということで十分観光可能な状況です。

私たちは、大昔にそれぞれ別できたことがありますが、ほとんど覚えていませんので、観光に繰り出したいと思います。

まとめ

悪天候を避けてフライトを変更しましたが、小松空港には着陸できずに羽田に引き返しとなりました。翌朝はすでにいっぱいですし、天候の状況はあまり変わらないので翌日は新幹線でチャレンジすることにしました。

ルートとしては大雪の地域を通り、どんなものかと思いきやなんの影響もなくダイヤ通りの運行で時間通りの到着となりました。北陸新幹線はもともと雪の多い地域を通ることを想定して設計されており、線路は雪を溶かす仕組みがついているようです。なんとも楽勝な感じで驚きました。

また、この路線のグリーン車はリラックスできる空間でシートも電動、快適でした。加えて窓からの景色は、関東平野から、赤城山、浅間山、長野、新潟の雪深い景色、日本海と風光明媚でした。途中、大雪となった新潟あたりにはビビりながらも車窓は結露もなくこれまた快適でした。

そして金沢には時間通りに到着、雪は降ってはいますが大雪という感じでもなく十分観光できそうです。来たこと自体は無駄ではなく、うまい感じにリカバリーできました。今回は新幹線に助けられました。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ 

 

← Previous 旅行記トップ ↑ Next →