横浜観光 〜中秋の中華街で月餅&中華食材の買い物〜

横浜中華街

シルバーウィーク=中秋の時期ということもあり、ランチの後は中華街で月餅と中華食材の買い出しを行いました。3連休ということもあり中華街大通りの混雑はこの通り、、、クラクラします。

関帝廟の麓まで来ました。天気が良すぎて強い日差しの中で日向に出て近くまで行く気力がありません。

夜にも散策しましたが、提灯が点灯してまた違った雰囲気を感じました。

飲食店

結果的に2箇所に訪れました。観光ではまあ多くてそのくらいでしょうか。

聘珍楼本店

1店目は聘珍楼(へいちんろう)で中華街でも1、2を争う老舗です。混雑を予期してランチに予約して訪れました。健康を意識した薬膳コースは、中華料理としてど真ん中ではなく個性的でしたが楽しめました。

残念ながらコロナの影響で2022年5月に閉店してしまいましたのでこの店舗はもうありません。

香港飲茶専門店 西遊記

夜に散策した際に、チャーシューメロンパンをテイクアウトし山下公園でいただきました。いつもの添好運とは違いますが美味しくいただきました。2つの満月が綺麗でした。

買い物

聘珍楼

ランチは聘珍楼でしたが、食事の後に1階の売店で月餅を買います。種類も豊富で迷います。

工芸茶も魅力的です。ただ工芸茶を楽しむにはガラスのポット、急須が必要ですね。ランチの時のポットがガラスだったのは、こうした工芸茶を楽しむ意図もあるようです。

翠香園

続いては市場通り沿いのお店です。ここの月餅はかなり人気ということであらかじめ調べてきました。

バラ売えいもあります。中秋のこの時期は、期間限定で満月をイメージして塩漬けにした卵の黄身が中央に入った月餅があり人気ということです。餡子と合わさり若干塩っぱい感じで複雑な味です。

パイ菓子などもついでにいくつかゲットです。

耀盛號(ヨウセイゴウ) 売店

中華食材の相場感を把握します。非常にお安いパイナップルケーキがあり戻って確保です。メインストリートのお店に比べてタピオカミルクティーも200円と激安です。

中国貿易公司

そしてこちらが、中華街で最大規模の中華食材スーパーです。厳選したつもりですがそれでもかなりの量になってしまいました。醤油、ホタテの調味料、ホタテの乾物、冬虫夏草の廉価版(栽培したもの)、香港麺、ラー油、ピータンなどをゲットです。

一番重かった醤油は、家の近くの輸入スーパーでも扱っていたことが分かりショックを受けました。まあちょっと安く買えたので・・・

重慶飯店売店

四川ということで麻婆豆腐の素と、個人的な好みでさらにパイナップルケーキを購入しました。

最終的に・・・

ちょこっとづつ厳選して買ったつもりですが結果的に両手いっぱい、買いすぎです。これらと旅行カバンを持って帰るのは無理ということで結果的にホテルから配送をお願いすることになってしまいました。

ホテルの部屋で整理します。中国貿易公司は一定金額以上であれば配送可能ですので配送してもらうべきでした。特にビンの醤油が重いですね、そして東京でも売っているところがありました。それ以外は見かけてないのでまあよしとしましょう。

月餅各種と、聘珍楼の甘栗、重慶飯店のパイナップルケーキです。秋を感じます。

まとめ

横浜中華街は500店舗のお店が集まる東アジア最大級のチャイナタウンですが、お腹には限りがあります。シルバーウィークの連休中ということで混雑必至、ランチは予約できるお店の中から聘珍楼にしました。

焼き小籠包、肉まん、鶏排など食べ歩きも魅力的でしたが、昼間はそれらのお店も大混雑。夕方に再び訪れた際は混雑も多少緩和しておりチャーシューメロンパンをゲットしました。山下公園のベンチで満月を見ながら食べるのも中秋&横浜っぽくて最高でした。

買い物は、買い過ぎに注意しましょう。買いすぎちゃった場合は配送サービスを活用しましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 

← Previous旅行記トップ ↑Next →
最新情報をチェックしよう!