2021年最初のフライトは7月になってしまいました。

アップグレード成功!

SFCになって毎年1便はANA便には乗っていますので、毎年8ポイント(SFC4ポイント+飛行マイル連動最低4ポイント)のアップグレードポイントがもらえます。以前は、業務出張などあり24ポイントなどもらえて国際線のアップグレードに使ってきましたが、コロナになりそうした利用は無くなりました。2019年以降は、数少ない国内線搭乗機会のアップグレードに使おうとしてももともと席数が少ないので空席なし、期限ギリギリにANAの公式サイトで使えるスカイコインに1ポイント1,000円で交換するしかありませんでした。

そして今回のNH241便は78Mという国際線機材ということで、プレミアムクラスの席数が40席と多く、保有している8ポイントで2人分のアップグレードに成功しました!羽田-福岡の両クラスの運賃差額は30,000円くらい(現金でのアップグレードでも15,000円)ですので、1ポイントあたり3,750円〜7,500円の価値ということでスカイコインに変えるよりも有意義です。

プレミアムチェックイン

プレミアムクラスですのでプレミアムチェックインが使えます。いや、もともとSFCですので使えますね。入り口には、ソーシャルディスタンスを確保したキューの目印などありますが、朝イチということもあり全然混んでいません。

チェックインはすでにWebで完了、Skipサービスでカウンターによる必要はないですが、保安検査がやや空いているというメリットがあります。検査ではPC、タブレットを出す必要がありますが、ワーケーションだとそうした荷物が多いので、予め取り出しやすいように分けておくといいかもしれません。

検査が終わったところにはラウンジへ繋がるエスカレーターがあり動線も完璧ですが、今回はここではなく、パワーラウンジまで遠征することにします。

POWER LOUNGE NORTHに遠征、クロワッサン探し

第2ターミナル北ピアにあるPOWER LOUNGE NORTHまでやってきました。

通常国内線のラウンジですと、航空会社のラウンジ含め、飲み物のみ、あっても小分けのおつまみ程度ですが、パワーラウンジでは朝の時間帯クロワッサンを提供していることがあります。そのクロワッサンを目当てにパワーラウンジまでやってきましたが、コロナの影響からか提供なし、残念でした。

ただ、初めて来ましたが内装はなかなかいい感じ、2面採光で、雨でしたがかなり明るい空間でした。場所はちょっと不便だからか、それほど混雑もしておらず快適でした。

パワーラウンジは、多くのラウンジアクセス付のクレジットカードの対象ラウンジになっているので、比較的入りやすいラウンジかと思います。有償1,000円でも入れますが、クロワッサンがない今はちょっと・・・

機材 : Boeing 787-8 (78M)

出発時間が近づきゲートまでやってきました。久しぶりのワイドボディー機、国際線機材です。私たちが国際線ワイドボディー機に乗ったのは2019年9月以来ですので2年近く経っている感じになります。

しかもプレミアムクラス(国際線でのビジネスクラス)になりますので楽しみに搭乗します。搭乗者間の接触、滞留を抑えることが重視され、優先搭乗はなし、前方シートの搭乗者は最後の方に乗り込みます。早く乗ったら早く着くわけではないので全然問題ないです。

シート

国際線としてはハズレと言われがちなビジネスクレードル(ゆりかご)のシートです。何度か乗っていますので懐かしい感じです。逆に国内線のプレミアムクラスシートには今まで乗ったことがないので比較できませんが、2時間のフライトですので、ゆりかごでも十分快適です。スタッガードよりも圧迫感がなくこちらの方がいいんじゃないかとも思います。

国内線機材の12席程度のプレミアムクラスはいっぱいになりがちですがこの国際線機材の40席あり搭乗率は半分程度でした。1便あたりのプレミアムクラスのニーズは20席位ということなんですかね。だと、国内線機材がいつも満席なのは当然ですね。

エンターテイメント

国際線機材ということで久しぶりに充実した映画なども楽しめるかと思いましたが期待していたコンテンツは全然ありませんでした。ちょうど7月下旬から1年間延期したオリンピックが始まるということで、オリンピックに関係した競技説明、オリンピックにまつわる映画?が少しあるのみで残念です。これもあとあといい思い出になるのかもしれませんが・・・

オリンピック・パラリンピックは、いくつかチケットを購入しており、ホッケーなどはルールも分かっていませんので、勉強しても良かったのですが無観客開催となってしまいましたのでそのモチベーションもなしです。。。

機内食

国内線で機内食のことを書ける日が来るとは思ってもいませんでした。なかなか実費ではプレミアムクラスには乗れないですので・・・

朝食

ANAでは時間帯により提供されるメニューが異なり、出発時間が10:30〜13:30と、17:00以降のフライトは温かいご飯、味噌汁、おかずのちゃんとした?食事が出ますが、それ以外の時間帯は軽めのメニューになります。

私たちの詰め込みプランの場合は大体出発は早朝発になり、今回も7:30発ということで軽めの朝食メニューでした。到着後に早速鰻を食べる予定なのでまあちょうどいいとも言えます。

朝食メニューは以下でした。

  • プレート
    • タコのマリネと茗荷 大葉ソース
    • パストラミビーフサンドイッチ
    • 鶉の玉子と野菜のピクルス
    • 照り焼きチキンサンドイッチ
  • フルーツ
  • スープ

スープはオニオンスープだったかな???スープだけは温かい状態で提供されます。タコのマリネ、ピクルスは酸っぱさは抑え気味、1つ1つは思った以上に美味しくいただけました。なにより久しぶりの機内食の雰囲気が懐かしく楽しめました。

機内食の後は、ドリンクだけキープしてまったりと、、、これも久しぶりの感覚です。

眺め

出発日は、東京も朝から土砂降り、到着後の福岡も雨の予報、その後1週間の北九州、別府もずーーっと雨の予報です。雲の上で久しぶりの青空を見納めしておきます。

そうこうしていると福岡空港に向けて降下、相変わらず厚い雲には覆われていますが、このタイミングでは雨は降ってなさそうですね〜。進入は海側から、海の中道の砂州と、本日福岡市博物館に見に行く「金印」が見つかった志賀島(しかのしま)が見えました。

まとめ

2021年初めてのフライトということで、羽田空港も久しぶり、朝早くからパワーラウンジまで遠征しました。お目当てのクロワッサンはありませんでしたが、空間としては洗練されており2面採光でなかなか快適な空間でした。

フライトに関しては、国際線の減便の影響か国内線で国際線機材が利用されており、そのおかげで今まで空席なしで成功しなかったアップグレードポイントを活用してのアップグレードに成功しました!

B787−8(78M)の機材でプレミアムクラスは、ビジネスクレードルのシート、国際線で主流のスタッガードのフルフラットに比べて人気がないですが、国内線利用であれば、広めの空間で快適です。機内食も出て、久しぶりの優雅な雰囲気を楽しめました。機内食に関しては、10:30前の朝早い便は軽めのメニューでしたが、1つ1つはなかなか美味しく、食後もドリンクを片手に国際線に乗っていたコロナ前の旅行スタイルをちょっと思い出しました。

梅雨の時期で久しぶりの青空を見れたのも良かったです。

さて、ホテルに荷物を預けて、福岡名物?のうなぎを食べにいきます。

にほんブログ村 旅行ブログへ 

 

← Previous 旅行記トップ ↑ Next →