最終日のランチは門司港では狙っていた飲食店が定休日でありつけず、博多駅のくうてんで水炊きを食べました。当初予定していた夕方のラーメンは断念か・・・とも思いましたが、博多に来る機会もなかなかないので、頑張ってチャレンジすることにしました。

前回は「元祖 赤のれん節ちゃんラーメン」に行きましたが、今回は博多駅近辺という制限の中で、博多駅デイトスにあるShin-Shinラーメンにしました。

立地

博多駅のデイトス2階には「博多めん街道」があり、ラーメン店が10店舗くらいあります。Shin-Shinラーメン以外にもお店がありますのでお好みでどうぞ。

博多駅&駅ビル群はまるで迷路のようです。くうてんに行くのに若干迷いましたが、こちらはたまたまお土産探しをしている中で入り口を見つけていたので迷わずいけました。

博多らーめんShin-Shin 博多デイトス店

17時少し過ぎの時間帯は、ディナーにはちょっと早くこのお店に限らずどこも空いています。激しい呼び込みもありましたが事前に決めていたShin-Shinに。Shin-Shinはテーブルの7割方が埋まっていた感じで、この時間のめん街道のお店の中で1番人が入っていたような気がします。そとには並ぶためのチェーンみたいなのもあるのでピークの時間帯では外まで行列になるんでしょうね。

博多ShinShinらーめん(700円)を2つ!スープを一口、全然お腹が減っていない状態でもおいしく楽しめるあっさり目でした。

麺も博多ラーメンではどこでもこんな感じかもしれませんが、細麺でするっとお腹に収まります。2時間前に水炊きを食べた状態でも苦労することなく完食できました。

まとめ

門司港でのランチに失敗し、博多駅で遅い時間に水炊きになったにも関わらず、最後は計画通り博多ラーメンを楽しめました。ランチが遅かったせいでお腹は全く減っていない状態でしたが、あっさり系のスープと細麺で美味しくいただけました。

博多駅という場所柄、他にも出張で来たと思われる方やスーツケースを持っている旅行客と思われるグループなどもおり、同じように博多ご当地のラーメンを楽しんでいるようでした。

流石に駅ビルで観光客や外国人もターゲットにしていることもあり、iDやクレジットカード決済も可能で、キャッシュレス推進派には好印象です。博多の最後にいかがでしょうか?

 

← Previous 旅行記トップ ↑ Next →