ハワイアン航空 プルメリアラウンジ@ホノルル空港

最終日は、昼過ぎまでまったりと過ごして13時に空港に向かいました。

ホノルル空港はかなり混雑し、セキュリティチェックもかなり厳しいという話を聞いていたので、念のため2時間前には到着するようにしました。

チェックイン

まずはハワイアン航空のチェックインカウンターが激混みでした。

ホノルルから羽田、成田にほぼ同じ時間帯に飛ばしているため、この14:00前後は特に混み合うようです。帰りはビジネスクラスにしたため専用レーンが使えて助かりました。2組待ちくらい、5分位でチェックインできました。(もし片道ビジネスにするのであれば、そういった意味でも帰路がいいですかね、飛行時間も西向きが長いですし)

ハワイ路線はハワイアン航空推しですがこの点はちょっと対策が必要ですねー。不明ですが、Webでオンラインチェックインができるのであればしておくべきでしょう。

ラウンジ使うかと聞かれて、使いたいと答えたら別のターミナルから入るように案内されました。チェックインを行ったのはターミナル2、勧められたのはターミナル1からの入場です。

外で結構(300m位)歩かされましたがターミナル1のセキュリティは特にプライオリティレーンを通ったわけではありませんでしたが、14時すぎはそれほど混んでおらず15分足らずで通過できました。思いの外あっさり制限エリアに入ってきたので時間に余裕ができました。もし、ターミナル2のセキュリティが混んでいる場合、ターミナル1から入るというのは解決策の一つになるかもしれません。

プルメリアラウンジ

インテリア

セキュリティチェック後、エスカレーターで1フロア上に登るとプルメリアラウンジがあります。ハワイアン航空の本拠地でフライト数が多いのに比べて若干狭めでしょうか、、、そのせいか結構な混雑でした。

ただ出入りもそこそこ頻繁ですので、何とか4人用のテーブルを押さえることができました。この時間帯は、羽田・成田行きの2便ありますのでラウンジ利用者も日本人が多めの印象です。30分位時間を潰してゲートに向かいます。

メニュー

壁際には、スープ、サラダ、サンドイッチなどの食べ物があります、これもアメリカンなラインナップです。それと菓子類も充実しておりホノルルクッキーも並びますが大人気で補充されるとすぐになくなってしまいます。写真を撮りに戻ったらすでになくなっていました(右手前の空になっている入れ物です)。

食器類はプラスチックのコップだったり紙のお皿だったりして高級感はあまりなし&エコではないですね。これはこのラウンジに関わらず、ハワイ全体?アメリカ全体?で共通かもしれませんが。。。

この後豪華なビジネスクラスの機内食も出るので、ジュース、クッキー、スナック菓子で軽く小腹を満たします。

両親もアウトリガーでラウンジの仕組みをマスターしたようで、バナナやスープなどをセルフサービスで各々取ってきて楽しんでいます。久しぶりの海外旅行で最後まで元気で過ごせて何よりです。コナ → ホノルルの機内で出たパッションオレンジネクターもありました、ついとってしまいました。あとはレイズも小分けタイプも、分量が丁度いい!

シャトルバス

シャトルバスは別にラウンジ利用者のみに制限されているわけではないですが、このラウンジと同一フロアにあり動線が素晴らしいです。入り口を出て、来るときにきたエスカレーターの脇を進むとバスの発着所があります。そこで担当者に向かいたいゲートナンバーを言うとそちらに向かうバスが来ると教えてくれます。

ゲート前まで一気に送ってもらいましたが、私たちはちょっとお土産を見たいということで、人の流れに逆らってお土産物屋さんに戻ります。ABCストアにあるのと同じような商品ラインナップでした。

搭乗時間が近づいてきましたのでゲートに戻ります。

まとめ

12年ぶりのホノルル空港、前回は今はなきノースウエスト航空、訪れた時期も閑散期の4月だったこともありガラガラでしたが、今回はチェックインの混雑に驚きました。

この日は、ちょうど台風15号で空港アクセスが運休となり成田空港が陸の孤島と化した日(ホノルル9月8日の16:00発、到着が9月9日の午後19:30着)でしたので出発前から特別混乱していたのかもしれません&半分の方はそれに巻き込まれて大変だったかと思います。

私たちは羽田便でしたのでラッキーでした。ラウンジはそれほど広くはありませんが、食べ物などはハワイっぽいというかアメリカっぽいものが楽しめます。とはいえ、ビジネスクラス利用の方は機内食がなかなかいいですのでここでお腹いっぱいにしないことをお勧めします。

 

前の記事へ 旅行記トップへ 次の記事へ
最新情報をチェックしよう!