南アフリカグルメ Nando’sペリペリチキン@ヨハネスブルグ空港

SA1228便にてホエドスプルートから15:00過ぎに到着、乗り継ぎのエジプト航空のカウンターがオープンする18:00まで3時間程度ランドサイドで時間を潰す必要があります。こうなる可能性はあらかじめ予想しており、その場合はここNando’sにて南アフリカ名物のペリペリチキンを堪能する予定でした。

国内線のターンテーブルから荷物をピックアップして荷物を引きながら、まずは、WOOLWORTHSなどでお土産を探して、ここNando’sには16時前にやってきました。

Nando’s(ナンドス)

Nando’sは、南アフリカ発祥のチキンのチェーン店で、2020年3月現在、35カ国に1,000店舗以上で展開しているようです。南アフリカ以外ではイギリスで大ヒット280店鋪で展開しています。日本には来ていませんが、近くの国ですと、マレーシア、シンガポールには店舗があるようです。

Nando’s | The official worldwide home of Nando’s

ペリペリチキンは南アフリカ名物ということで、ケープタウンなどでも候補になっていましたが、たまたまこの空港にあったのでこちらで試してみることにします。

インテリア

Level1のフードコートの一角に立地しています。店はフードコートとメイン通路に面しており、メイン通路側は花壇的なもので囲われています。このスペースにはテーブルとチェアがかなりの数が配置されています。今回はスーツケースを大小2つ&カバンを1つを携行しているので、機動力は低め、セキュリティを重視し奥の方に陣取ります。

ヨハネスブルグ空港はアフリカ南部有数のハブ空港ということもあり、このお店にもスーツケースを持った旅行者も数多く利用しており、大荷物でも特に目立つことなく時間を潰すことが可能でした。

インテリアは原色をふんだんにカラフル、チキンのトレードマークも味があります。

メニュー

オーダーはマックなどと同じくカウンターで注文します。すると、番号のついた札が渡され、料理はテーブルまで持ってきてくれます。その札がまた素朴でいい感じです。上の写真の14と書かれたニワトリの木の棒がそれです。テーブルにあらかじめ立てるための大がありますのでそちらに立てかけて到着を待ちます。

ペリペリチキン

お試しということもあり、ひとまず1/4サイズのペリペリチキン。チキンに旗のようなものが刺さっていますが、こちらはソースの辛さを示しています。辛さはオーダー時に指定しますが、Extra Hot/Hot/Medium/Mild/Extra Mildの5段階から選べます。加減がわからないのでHotを。

オールインワン・ボウル (All in one Bowl)

もう1つAll in one Bowlをオーダーしました。サフランライスの上に、ペリペリチキンとパプリカ、トウモロコシ、サラダが少々盛り付けられています。ボウルの方はMildにしてみました。

どちらも辛さはそれほどでもありません、南アフリカでは、それほど辛い食べ物ってない気がします。どちらかというと酸っぱさの方が強いです。店内には ↓ のような棚が別にあり、ソースはお好みで追加が可能です。ここにも何種類かありますので試すことも可能です。

結局、味としては、何か独特な料理かというとそうでもなく、辛酸っぱいソースをかけた焼いたチキンという感じです。チキンはサファリでのチキンもそうだったのですが若干パサパサ気味、アフリカではジューシーなチキンはないのかもしれません。

そのパサパサ感がソースで緩和されている感じがしました。ボウルの方で、サフランライスと合わさった丼でソースを若干多めにかけて食べると美味しくいただけます。ソースが売りという感じでしょうか。

  • ペリペリチキン1/4、チップス、コーラのセット R72(580円)
  • All in one Bowl単品 R59(480円)

ということで日本の物価から考えると大変お安いです。

デザート

iPadで次の目的地のブダペストの下調べを行ったり、PCで写真のバックアップ、整理やらをしながら過ごします。2時間も過ごしていると小腹が減ってきます。コーヒー2杯とチュロスを追加オーダー。コーヒーにはたっぷりのミルクが、そしてこのミルクもちゃんと温められているのが素晴らしいです。

  • コーヒー R20(160円) ×2
  • チュロス R28(240円)

まとめ

ランドサイドで3時間過ごさなければいけない状況を活用して、南アフリカの人気チェーンであるNando’sで名物のペリペリチキンを試してみました。

辛さよりも酸っぱさの方が強め、ビネガー強めのマヨネーズに辛味を加えたと言ったお味です。チキン自体の調理は特に独特な部分はなく見た目から想像される味からギャップは少ないです。普通に美味しくいただけます。

ふと、元ポルトガル領だったマカオで、アフリカチキンというのを食べたことがあります。また、ポルトガル自体にピリピリチキンという料理があります。飛行機がなかった大航海時代はポルトガルから喜望峰を回ってマカオまで来ていたはずですが、これら見た目は全く違うのですが、何か関係があるのかないのか、、、唐辛子の辛めの味付けはよくあるパターンですのでたまたまの可能性もありますが、色々な所に旅する中で、こうした(食)文化の繋がりが感じられるのも旅の醍醐味かと思います。

関連記事

ヨハネスブルグ空港 完全ガイド

関連記事

ヨハネスブルグ空港(正式名称ヨハネスブルグ O.R.タンボ国際空港)は、アフリカ南部最大のハブ空港で、南アフリカのみならず、ジンバブエのビクトリアフォールズやナミビアのウィントフットなど周辺都市に訪れる際にも起点となる空港です。 一方[…]

 

前の記事へ 旅行記トップへ 次の記事へ