イスタンブール観光 ~犬猫ウォーキングサファリ?編~

4日間のイスタンブール滞在でほんとにたくさんの犬猫を見かけました。

犬は中〜大型犬が大半で一見怖いですが、どの犬も全然吠えることなく、大体寝ていました。猫はみんなで面倒を見ている感じで水やえさなど補充している人も見かけました。動物たちにとってイスタンブールの環境はパラダイスですね。

無防備賞

この足を伸ばしたリラックス体制では敵の急襲に対応できないでしょう。よく見ると半目開けたままです。

君のポーズも、、、ちょっと間抜けだし

ワイルド賞

右側の子の目つきは完全に野生です、アフリカで見たライオンよりも怖い、この後どうなるのか???

気持ち良さそう賞

この玄関マットは空気を通すのでスースーして気持ちよさそうですね。暑くないので最初の子とは違ってちゃんと丸まって寝られるのでしょう。

仲良し賞

この子たちはいつも同じ体制、表情でにゃーにゃーしてました。

シンメトリー賞

君たちは兄弟かな?

君たちは仲が悪いのかな

アクロバティック賞

この子は三毛かつ逆光なのでちょっと見づらいですがオッドアイズ(左目 : 薄い青、右目 : 薄い黄色)を持つかなりのレアキャラでした。ワイルド賞の写真で襲われそうになっているのもこの子です。

まとめ

テロが多発し物騒なイメージのあるトルコ・イスタンブールですが、人間の衝突とは関係なく、動物に対しては野良?でも強制排除せずに、みんなで世話をして育てる優しい文化が見てとれます。そうした環境で育てられたからか犬もほとんど吠えないですし、道の真ん中で堂々と寝ています。猫たちも懐っこい感じの子が多いです。デモやテロといった昨今の情勢からは、かなり怖いイメージが定着していますが基本的には優しい人たちということが分かります。動物好きの方はトルコ・イスタンブールを訪れた際は是非フリーのウォーキングサファリを楽しんでください。

 

前の記事へ 旅行記トップへ 次の記事へ
最新情報をチェックしよう!