長崎観光 ~グラバーヒル周辺・鍋冠山公園展望台~

ANAクラウンプラザ長崎にチェックインした後は、周辺の散策に向かいました。グラバー園は翌日行くのでそこ以外を・・・

世界の7割は海です、出かけませんか?船旅に・・・

休日の朝食はまったりしたテレビ番組を見ながらが多いですが、そんな番組の一つに「世界の船旅」というシリーズがあります。いつかはクルーズ船での旅行も考えたいですが、なかなか機会がありません。

かもめで到着後長崎駅からホテルにタクシーで向かっている際に今日は巨大なクルーズ船が停泊しているという情報を教えていただきました。結果的には部屋からの眺めもこうでしたので、「そこで聞かなくても分かった」とも言えますが、こんな大型船は今まで見たことないですので近くまで見に行ってみました。

Quantum of the Seas

クアンタム・オブ・ザ・シーズ – Wikipedia

ロイヤルカリビアンの船です。全長348m、総トン数 168,000トン。撮影した場所は埠頭に入る前の道路でしたがすでに全体が入りきりません。

船首の方です。手前の通路には夜の出航に合わせて乗客定員4,500人が続々と戻ってきています。中国の方が多いようです、赤色の服の割合が多いのですぐ分かります。

ちなみにサンパレス福岡の海岸から見たのはNorweigian Joyで全長333m、167,000トン。こちらと同等の巨大さでした。比較のために日本船だと飛鳥IIが241m、50,000トン、にっぽん丸が150m、10,000トン、、、海外勢のデカさが分かります。

旧香港上海銀行長崎支店

石造りで立派な建物です。ちなみに左隣は明日行く予定の長崎ちゃんぽん発祥の四海楼です。

香港上海銀行の内部も雰囲気があります、カウンターは結構低かったんですね、セキュリティが心配になります。2階以上の有料エリアはパスしました。

鍋冠山公園展望台

長崎到着日は18:30から稲佐山展望台夜景ツアーに予約していますが、もうちょっと時間があるということで鍋冠山公園展望台に登ってみることにしました。ホテルからは徒歩でGoogle Map的には30分程度で行けることになっています。坂道の考慮がされているのか果たして…

その前にちょっと腹ごしらえ、角煮まんじゅうをいただきます。

まあまあ、ですかね。400円の価値があるかというと、、、

展望台への行き方

それではいざ!ホテルの前のグラバー通りを登って、、、

大浦天主堂の手前からわき道に入って、、、あの山のてっぺんまで登ります。

頂上に到着しました。一つ前の写真から10分足らず、角煮まんじゅうからはちょうど30分でした。多少ダラダラしてたのはありますがGoogle Map通りです。私たちは10分程度の滞在ですぐ下りなければいけませんでしたが展望台は夜になれば夜景もきれいかと思います。歩道には街灯もありますので夜でも歩いて登れると思います。

眺め

この景色ではやはりQuantum of the Seasが気になります、巨大です。出航に向けてエンジンが動き始めたのかよく見ると煙突から白煙が出ています。手前のライトアップはグラバー園です。

下りは15分程度で麓まで下りてきました。尾曲がり猫発見〜

まとめ

グラバーヒル周辺(= ANAクラウンプラザ長崎グラバーヒル周辺)は見どころ満載です。

特に鍋冠山公園展望台は、麓から徒歩で行ける展望台で、距離、勾配も思ったほど大変ではなく、普段運動されていない方でもなんとかなると思います。この後、稲佐山と両方行きましたが、眺め的には大差ないです。街並みが一方向に集中している分、写真はきれいに撮れるかもです。長崎観光で時間がない方は、グラバー園、大浦天主堂と合わせて展望台はこの鍋冠山公園展望台を選択すると効率的かと思います。

 

前の記事へ 旅行記トップへ 次の記事へ
最新情報をチェックしよう!