いよいよ2016年の夏休みが始まりました。例年より早めの6月、なぜこの時期かというと、アフリカ南部(南アフリカ、ボツワナ、ジンバブエ)まで行きますが、それらの国は南半球ですので四季が逆転します。そしてボツワナでサファリを行いますが7月からは本格的な冬=乾季になり草木が枯れ動物を発見しやすい「ドライシーズン」でサファリの価格が跳ね上がります。ということでぎりぎり「グリーンシーズン」の6月末に訪れることにしました。

エールフランスでアフリカに

そして、アフリカに行くのに、なぜエールフランスなのか、、、

今回はデルタのマイルを使った特典航空券で行きます。スカイチームではアフリカの航空会社が参加していないことも影響しているのか、日本 ⇔ アフリカの必要マイルの設定が不可思議 ↓ です。せっかくの機会なので、このお得な特典航空券の恩恵を享受しようというのも今回の旅行の目的の1つです。

デルタ スカイマイル特典航空券のお得な使い方はアフリカ!

経由地は、パリの他、アムステルダムなども選べましたが、お気に入りのパリ経由を選択しました。往路は、羽田 → パリ → ヨハネスブルグになります。パリ → ヨハネスブルグの機材が乗ってみたかった総2階建てのAirbus 380だったことも決め手の一つです。

まずは羽田 → パリ便、移動効率を求める私たちにとっては、本当は深夜便のAF293(2016年当時)が良かったのですが、残念ながらデルタのリワードでは出てきませんでした。やむを得ず、早朝発午後イチでパリ着のこのフライトを選びました(注:2020年現在AF279便は、14:20発のCDG 19:45着ですが、2016年当時は朝7:35発の12:50着でした)。パリからのヨハネスブルグ行きの便は夜の23:25発なので、パリで10時間程度は取れます。私たちがパリでやりたいと思っている弾丸観光&買い物は十分にできるでしょう。

西向きの昼間便長距離フライトで注意しなければならないのは、ずっと遊んでると現地に着いてから持ちません(体内時計で深夜2時まで遊びまわることになる)ので、機内では適度なお昼寝が必要です。

ラウンジ@羽田空港

エールフランスのビジネスクラスは、羽田ではJALサクララウンジが利用できます。搭乗口の近くなので、これから乗るAIR FRANCEの機体もよく見えました。荷物を載せるところを眺めながらの朝食は旅行気分をアップしてくれます。

Boeing 777-300ER

シート

エールフランス AF279便の機体は Boeing777-300ERです。若干古いためか、余り清潔さは感じられませんでした。

この機材の配列は、リバースヘリンボーンで1−2−1の配列です。私たちは中央の横並びシートを取りました。中央には写真のような「仕切り」がありますが取り外すことができます。(私(旦那)が外そうとしていますが固くて外せなかったのですが、CAさんに力技で外してもらいました。)

外すとこんな感じです。

エールフランスではコクーンタイプと呼んでいます。確かにマユのように覆われておりプライベート感が高いです。シートももちろんフルフラットになります。

隣のシートでもお互いに背もたれにもたれている時は全く顔が見えません。会話するときには体を起こす必要がありますが、それでも窓側で縦に2席とするよりはコミュニケーションは取りやすいです。

各席にあるプライベートボックスの使い勝手もいい感じです。

カバー側には鏡もあるし、庫内は照明もつくし、小物を固定しておくゴムベルトもあります。容量も大きいし、色合いも真っ赤でエールフランスらしいセンスです。手前のサイドテーブルも広くていいですね。

配られるアメニティはロクシタンのハンドクリーム等。靴下とスリッパは、オシャレなグレーで肌触りもよく、非常に快適に過ごせました。

余談になりますが、、、

機内サービスで出発前に配られる新聞。いつもはいらない~と断るのですが、このニュースは記念にパシャリ。。。

まさに出発前日にあの「悪夢」。イギリスのEU脱退により数分でポンドが大暴落。FXでロスカットを食らい、忘れられない日になりました。。。しかし!!悪夢の金曜日が一夜明けて・・・

別の視点から見れば、旅行直前に予期せぬ円高の風~~♪

ユーロ安に乗じて、この機にパリのLouis Vuittonで小旅行用のボストンバッグを購入することにしました★ ロスを実需で取り返す?ためにも、今回の旅行を楽しみたいと思います。

機内食

朝食

さて、お楽しみの機内食。

2人ともワッフルを注文しました。他の選択肢は、チーズとコールドミート、他に、ほうれん草のオムレツ、ソーセージ、スモークターキーということで、ラウンジで軽く食べてきた私たちにはちょっと重いのでワッフルに。

パンはクロワッサンやデニッシュショコラ、シードパン、バゲット二種などあります。やや温かいレベルですが一応温められていました。メインがワッフルなので、炭水化物ばっかり(笑)、バターがIsigny(イズニー)なのはうれしい!もう気分はパリです。朝食後は、電気を消されて強制的にお昼寝タイムです。

セルフバー

電気は消されますが、やはり昼間なのでなかなか眠れません。

そんな方は機内「セルフバー」へどうぞ。食事の片付けが終わる頃には、トイレやコーヒーメーカーがあるスペースの左右窓側の棚に飲み物とお菓子がずらりと並べられます。そしてその中央にもカートがあって、そこにフルーツやアイスがあります。フルーツにはイチゴもあって思わず摘まんでしまいました。アイスは、常温の空のグラスに3本置かれていたのは衝撃でした。機内は涼しい&乾燥しているのですぐには溶けないようです。乾燥した機内で暑くなって起きた時のアイス、格別に美味しく感じました。

そして、こちらがセルフバーから入手したお菓子達(2人分、アイス以外)

特筆すべきはフォションのサブレ、バターと塩加減のバランスが絶妙な美味しさです。ラデュレは箱のサイズ的にマカロンかなと期待しましたが、キャンディーとカリソンでした。カリソンはレモン型の小菓子です。VALRHONA(ヴァローナ)のミニチョコレートが山の様にありました。コーヒーとかカプチーノを頼んでも添えられてきます。セルフバーがある機体は初めてだったのですが便利ですね。

私たちはお菓子でお腹いっぱいで利用しませんでしたが、リフレッシュメントとして、スープやキッシュ、チーズ、フルーツなどがオーダーできるようでした。スープは味噌汁かもしれませんので確かめてからオーダーください (*^_^*)

ランチ

到着が近付くと2回目の食事(ランチ)が始まります。こちらの食事がメインでコース形式で提供されます。飲み物を聞かれ、スナックとアミューズからスタートです。

アミューズ : 鮪とホタテのジュレ添え

見た目からして若干乾燥気味で美味しく見えませんが、旨味が濃縮されていい感じ、ジューシーさはジュレと合わさりおいしいくてびっくりしました。飛行機では衛生上生のものを出せないのであえて乾燥させた調理としているのかもしれません。

アミューズを楽しんでいる間に、テーブルクロスがひかれ食事が運ばれてきます。

前菜 : サラダと前菜のプレート

生ハムメロンも、ケッパー&サーモンもいずれも美味しく頂きました。サラダはボリューミー。私(旦那)はきゅうりはパスです。

サーモンの下は、カニサラダだったかな???カニカマだったな???

スープ:味噌汁!

日本路線だからでしょうか、味噌汁が出ました!

これはメニューにも書いておらず、ポットによる飲み物のサーブのような感じで回ってきます。欲しいとリクエストするとコップに注いで渡されます。具は入っていませんが濃さはちょうどよくダシも効いていて普通に美味しかったです。コースに合ってないからあまりもらっている人はいませんでしたね。

メイン1:舌平目のクリーム煮

私(嫁)のオーダーの舌平目です。ソースの国、おフランスな感じ、しっかりとした味付けで楽しめます。

メイン2:メインの牛フィレ肉グリル

私(旦那)オーダーの付け合わせ含めオーソドックスでいいです。こちらもペッパーが効いており、別添えでビネガーっぽいソースとマスタードがついてきます。お好みの味で食べられます。

チーズ

チーズセレクション、カマンベールともう一つはなんだろう、、、覚えてないです。

デザート

おフランスらしくマカロンとベリーのプリン、アーモンドケーキの3種類出てきて楽しめます。デザートに合わせてサーブされるコーヒーにはVALRHONA(ヴァローナ)のミニチョコが添えられてきます。

ところどころにパリを感じられるランチでした。ごちそうさまでした!

まとめ

初めてのエールフランス、憧れのエールフランスということで、非常に楽しみにしていました。機内食やセルフバー、アメニティ、細やかな気配りなどは非常に良かったです。一方、機体の古さ、AVODの番組ラインナップはイマイチですが、全体的な感想としては文句なしです。

あとは、エールフランスの1番の難点はしょっちゅうストライキをするのでそれに当たると影響が大きいですね。この時も出発2週間前くらいにストライキした時は焦りました。

いくらか睡眠もとって、エネルギも補給して、準備完了、さあお気に入りのパリです!

ちなみに、このフライトが最後となるCAさんが搭乗されていたようで、機体着陸後にキャプテンからの機内放送で紹介がありました。その後、促される様に笑顔で機内を一周され、その方が近づくと拍手や歓声が上がっていました。長い間、お勤めご苦労さま!(想像)と乗客や仲間に拍手され、こちらも涙が出そうになってしまいました。素敵な笑顔でした。第二の人生の旅立ちに幸あれですね。

 

← Previous 旅行記トップ ↑ Next →